お役立ち情報

2020年07月31日

夏を感じたら即始めたい!早め早めの夏バテ対策

高温多湿の猛暑が続く傾向にある、今どきの日本の夏につきものなのが、“夏バテ”です。 夏ならではの体への負担を日々の工夫で減らし、元気に過ごしましょう。

不調の原因は高温多湿?
それだけではありません

高温多湿が続くことで、疲れが抜けないような状態になることを夏バテと言います。しかし、原因も症状もそれだけではないのが、今どきの夏バテの特徴です。
今どきの夏バテは、高温多湿の環境による疲れの蓄積や軽い脱水状態、睡眠不足などに加え、屋内外の激しい温度差による自律神経の乱れも大きな原因となります。また、冷たいものばかり飲み食いすることによる体の冷えも、夏バテの原因のひとつです。
自律神経の乱れは、眠りの質や胃腸の働きを悪くし、不眠や食欲不振を招くこともあります。食事量が少なくなり栄養が偏ると体力が低下し、免疫の働きも弱くなることで、体の不調がだらだらと続いてしまいます。夏にしてしまいがちな習慣を見直して、夏バテ知らずの夏を過ごしましょう。

夏バテになりやすい習慣夏バテになりやすい習慣

夏にしがちな悪習慣が自律神経の乱れにつながる

薄着をして部屋をキンキンに冷やし、麺類やアイス、ジュースなど飲み食いするのは冷たいものばかり。暑いので運動はしないし、入浴はシャワーで済ます。このうちいくつかが夏の習慣として思い当たるという人は、少なくないのではないでしょうか?
そんな夏の悪習慣を見直し、自律神経の乱れを防ぐことで、夏バテしにくい体を作ることができます。基本は、適温適湿な環境と、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠です。暑さを感じ始めたら、早めに夏バテ対策を始めましょう。

夏バテを防ぐ5つの対策

1. 適温適湿を保つ

暑いと感じたらエアコンを使い、適温適湿を保ちましょう。冷房は室温27〜28°Cに設定し、熱帯夜には継続使用を。職場で寒さを感じるときには上着を羽織り、室内外で感じる温度差を調整しましょう。

2. こまめな水分補給

汗をかくことによる脱水状態も夏バテの原因になります。喉が乾く前に意識して水分を補給しましょう。水分補給の際には、失われた塩分やミネラルなども一緒にとりましょう。

3. 質のいい睡眠

入浴はシャワーで済ませず湯船に浸かりましょう。ぬるめのお湯に浸かることで副交感神経が優位になり、リラックスして質のいい睡眠を得ることができます。

4. 適度な運動

適度な運動も、自律神経を整えるうえで有効です。運動することでエネルギーを消費し食欲不振も解消できます。朝や夜の涼しい時間帯でのウォーキングなどを、継続して行いましょう。

5. バランスのとれた食事

そうめんやざるそばなど、具材の少ない食事では栄養が不足しがちです。タンパク質やビタミンB1、ビタミンCなどを積極的に摂取しましょう。冷たいもののとりすぎは胃腸の働きを低下させるので、温かいものを。

β-カロチンやビタミン B1のほか、カリウム、リン、鉄分など
ミネラルも豊富なゴーヤは夏バテ予防にオススメの食材です

ゴーヤ

β-カロチンやビタミン B1のほか、カリウム、リン、鉄分など
ミネラルも豊富なゴーヤは夏バテ予防にオススメの食材です

ゴーヤ
  • 7種の生薬プラスαで
    夏バテの疲れに!

    滋養強壮作用のあるニンジンやゴオウなど7種の生薬をはじめとした13種の有効成分を配合した栄養ドリンク剤。夏バテで感じる疲れをしっかりサポートします。

    常盤薬品 エスモンDX <50ml><50ml×3>

  • タウリン3000mgで
    手軽に栄養補給!

    主成分のタウリンにビタミンB群、カルニチン塩化物などを配合。滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労時の栄養補給に効果を発揮します。ローカロリーで糖質ゼロのzeroも。

    大鵬薬品 チオビタドリンク3000 チオビタドリンク3000zero <100ml×10>

    大鵬薬品
    チオビタドリンク3000
    チオビタドリンク3000zero

    <100ml×10>
    【指定医薬部外品】

  • レモンとビタミンで
    爽快にリフレッシュ!

    1本でビタミンCとクエン酸が1350mgとれる「キレートレモン」と、レモン2個分の果汁と、ビタミンC1000mg、クエン酸3000mgが入った「ダブルレモン」。健康や美容に気を使っている方にもオススメです。

    ポッカサッポロ キレートレモン<155ml> キレートレモンダブルレモン<500ml>

  • ポッカサッポロ キレートレモン<155ml> キレートレモンダブルレモン<500ml>

ページトップへ