お役立ち情報

2020年07月31日

夏のダメージ肌をきちんとレスキュー!夏から秋のスキンケアQ&A

夏のダメージ肌をきちんとレスキュー!夏から秋のスキンケアQ&A夏のダメージ肌をきちんとレスキュー!夏から秋のスキンケアQ&A

強い紫外線やエアコンの乾燥などの影響で夏から秋の肌はダメージを受けています。きちんとケアしないと、シミやそばかす、肌荒れなどの原因になるおそれも。スキンケアの基本をおさらいしてダメージを受けた夏肌をレスキューしましょう。

肌ダメージには「保湿」が大切

肌の表面にある角質層には、肌を外部刺激から守り、体内の水分量を保持する「バリア機能」と呼ばれる働きがあります。ところが夏の強い紫外線や乾燥、摩擦などの刺激により、バリア機能が低下すると、肌は環境の変化や刺激に弱くなり、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。例えば…

  • 洗顔後、皮ふがつっぱる感じがする
  • 皮ふの表面がカサついている
  • 目や口の周りに細かいシワができる
  • かゆい、赤い、ボツボツができる

これらは、肌のバリア機能が乱れている証拠。少しでも当てはまる場合は、保湿に力を入れて、バリア機能の健やかな働きを取り戻しましょう。

Qテカってるおでこや鼻にもクリームを塗るの?テカってるおでこや鼻にもクリームを塗るの?

A

おでこから鼻にかけての「Tゾーン」は皮脂腺が多くベタツキやすい場所。化粧水・乳液は顔全体に、クリームはあごや頬などの乾燥しがちな部位に使うなど部分使いするのもオススメです。

Q顔が脂っぽいから熱いお湯でサッパリしたい顔が脂っぽいから熱いお湯でサッパリしたい

A

熱いお湯で顔を洗うと皮脂を落とし過ぎてしまい、かえって乾燥や過剰な油分の分泌につながりかねません。オイリー肌の方も39℃以上のお湯では洗わないよう気を付けましょう。

洗顔・保湿のコツ

洗顔料を泡立て、泡でやさしくなぞるように洗います。ゴシゴシこするのはNG。肌を痛めたり皮脂を落とし過ぎたりするおそれがあります。使用するお湯の温度にも注意。洗顔には32~35℃くらいのぬるま湯が適切といわれています。洗顔後は、なるべく早く(5分以内を目安に)化粧水などで保湿を行います。その後、乳液などの油分を重ね、水分が蒸発しないように保護すれば基本はOK。肌悩みに合わせた美容液やパックなどのスペシャルケアも適宜、追加してください。

32~35℃くらいのぬるま湯

Q乳液やクリームも必要?乳液やクリームも必要?

A

基礎化粧品は、①化粧水でうるおいを与え、②乳液で肌を柔らかくして水分を保持、③クリームやジェルでフタをして乾燥を防ぐ…というイメージです。使った方がよりしっかり保湿できます。

WOMENWOMEN

顔のケアは習慣化しているのに、他の部位は怠りがち。年齢が出やすい首やデコルテライン、皮脂腺が少ない腕や足なども忘れずにケアしましょう。

ヴィヴコシリーズ

高浸透※1エイジングケア※2シリーズ。美容成分を肌に親和性の高いナノコート成分(脂質膜)で覆う「S/O技術」で、高い「浸透性」「安定性」「肌へのやさしさ」を実現しています。

※1 角層の深部まで ※2 年齢に応じたお手入れ

オバジX

土台からハリ上昇に導く、新次元エイジングベースケア※1。ハリに悩む肌を本格的にケアするために、新領域の肌科学に着目しています。

※1 年齢に応じたお手入れ

大人の5大悩みに対応。
オバジの極限美容液

高濃度ビタミンC配合(保湿成分)。毛穴※2やくすみ※3、年齢とともに気になる口元などの乾燥小じわ※4などへ、多角的にアプローチ。肌にうるおいを与え、クリアでハリに満ちた肌に導く美容液です。
※2 うるおいを与え、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌へ ※3 乾燥による ※4 乾燥による小じわを目立たなくする(効能評価試験済み) ※極限:オバジシリーズ中アスコルビン酸(整肌保湿成分)をもっとも多く配合

オバジC25セラム ネオ

MENMEN

生理的に皮脂分泌量が多く、乾燥を実感しにくいのかスキンケアが不足気味。毎日の髭剃りダメージであごや頬が乾燥しがちなのでしっかりと保湿を。

メンズケシミン

男肌のシミ対策
洗顔、ヒゲ剃り後などに

有効成分トラネキサム酸配合のシミ対策シリーズ。メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぎます。紫外線などによるシミ原因対策、ヒゲ剃り後の肌荒れ予防にも。
※メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ

メンズケシミン

ミノンメン

乾燥するのにベタつきも気になる敏感肌男性のための、やさしさ&機能性処方。

体・顔・髪、これ1本で洗える
敏感肌向けオールインワン洗浄料

製薬会社の男性肌研究から生まれた全身洗浄料。臭いの元となるベタつき、皮脂・頭皮の汚れをしっかり洗い流しながらも、肌本来のうるおいを落とし過ぎない処方です。

ミノンメン 薬用全身シャンプー
ページトップへ