お役立ち情報

2020年01月31日

心や体の不調を招く“ストレス”溜め込んでいませんか?

心や体の不調を招く“ストレス”溜め込んでいませんか?心や体の不調を招く“ストレス”溜め込んでいませんか?

つらいこともうれしいことも、日常で起こる「刺激」は、すべてストレスの原因になります。日々感じ蓄積するストレスを上手に解消して、心と体の健康を保ちましょう。

心のサイン

  • イライラしたり怒りっぽい
  • 些細なことで驚いたり泣いたりする
  • 落ち込んでやる気がない
  • 人付き合いが面倒に感じる

体のサイン

  • 頭痛、腹痛、肩こりなどがある
  • 寝つきが悪い。よく眠れない
  • 眠っても疲れがとれない
  • 食欲がない。もしくは食べ過ぎる
  • 下痢や便秘をしやすい

ストレスサインに気づいたら早めのケアを

日常生活には、ストレスを生むさまざまな要因があります。日々感じるストレスは心と体に影響を与え、蓄積すると、うつ病や高血圧、心臓病といった多くの病気のリスクを高める可能性があります。
ストレスの要因というと、仕事や家事の忙しさや人間関係の悩みなどが思い浮かびますが、引越しや就職、出産といった環境の変化が要因になることもあります。そうした要因をなくすことは大切ですが、日常生活を送るなかでは、なかなか難しいことです。なるべく心身に刺激の少ない生活を心がけることと、ストレスのサインに早く気づき上手に解消することが、心身の健康につながります。

ストレスが心身に与える影響

ストレスを受けることによる影響は、心と体と行動の3つの面で表れます。心と体のストレス反応としては、上記のストレスのサインのほかに、緊張しやすい心配が続く集中力がなくなる関節痛目の疲れ動悸や息切れ胃痛めまい耳鳴りなどがあります。行動面のストレス反応としては、飲酒や喫煙量の増加や、仕事や家事でのうっかりミスの増加などがあげられます。

ストレスは自律神経の乱れの原因に

過剰にストレスを感じると自律神経のバランスが乱れ、その状態が続くと心身に影響をおよぼします。
自律神経のバランスを整えて、ストレスによる不調を予防しましょう。

1生活のリズムを整える

まずは、寝る時間と起きる時間、食事の時間を決めましょう。生活のリズムが整うと、ストレスによって乱れた自律神経のバランスも整いやすくなります。

2イライラしたら深呼吸

緊張したりイライラして呼吸が浅くなったときは、深呼吸を。鼻からゆっくり息を吸って止め、口からゆっくり吐く深呼吸を2~3回繰り返すと、自律神経のバランスが整います。

3好きなことで気分転換

趣味やスポーツ、買い物、旅行など、ストレス環境から離れて、好きなことを楽しみましょう。散歩やストレッチなど手軽なリフレッシュ法も自律神経のコントロールに役立ちます。

キューピーコーワゴールドαプラス

全身の疲れ、だるさに
たまってしまった疲れにも

4種の滋養強壮生薬と5種のビタミン配合で、体全体の疲れ・だるさやたまってしまった疲れに、すぐれた効きめをあらわします。

興和
キューピーコーワゴールドαプラス
<30錠><90錠><160錠><260錠>
【第3類医薬品】

ネナイト

1日4粒の摂取で睡眠の質を高めるサプリ

「寝たのに疲れている、まだ眠い」という、睡眠に不満がある人に。機能性関与成分「L-テアニン」が起床時の疲労感や眠気を軽減し、「睡眠の質を高める」ことに役立つサプリメントです。

アサヒグループ食品
ネナイト
30日分<120粒>
【機能性表示食品】

ストレスが引き起こす“未病(みびょう)”に働きかける「薬用養命酒」

養命酒は、病気ではないけれども健康ではない「未病」の状態に対して、
人間が本来持っている力=「治癒力」を高め、体の内側から健康な状態へと導きます。

4つの〝効く仕組み〞

  • 1

    生薬のちから

    「巡らせる」「補う」「温める」の3つの働きを持つ生薬を独自のバランスで配合しています。生薬を組み合わせることで、生薬単体では見られないさまざまな効果が期待できます。

  • 2

    薬効を引き出す原酒

    生薬を原酒に浸すことで、薬効成分が、自然に近い状態で余すところなく抽出されます。

  • 3

    胃腸の働きを活発に

    生薬の成分が届くことで、胃腸の働きが活発になります。胃腸には大量の血液が巡っているため、活発に動くことにより、全身の血流がよくなります。

  • 4

    全身の血行を促進

    胃腸から吸収された生薬成分が体内を巡り、血行と代謝をよくすることで自律神経の乱れを整え、冷えや胃腸の不調といった症状や状態を改善していきます。

薬用養命酒

毎日当たり前のように続く疲れに

食前又はお休み前に20mlずつ飲むことで、いつまでもとれない疲れなどの症状を改善します。14種類の自然の生薬が血行を促進し、体を温めじっくりと効果を発揮します。

養命酒製造
薬用養命酒
<700ml><1000ml>
【第2類医薬品】

14種類の生薬の力

14種類の生薬の力14種類の生薬の力

薬用養命酒の“7つの効きめ”

生薬の力で血流を改善することにより体本来の力を高め、未病に伴うさまざまな症状を改善していきます。

  • 肉体疲労
  • 胃腸虚弱
  • 冷え症
  • 血行不良
  • 虚弱体質
  • 食欲不振
  • 病中病後

こんな症状におすすめです

  • 手足が冷える
  • 顔色が悪い
  • 胃腸が弱り気味
  • 食欲がない
  • 身体が冷えてよく眠れない
  • 疲れていて朝起きるのがつらい
  • 疲れがたまる

薬用養命酒 Q&A

どんな味なの?
シナモン系の香味がある、やさしい甘みが特徴です。香りは14種類の自然の生薬に、甘みは本みりんとブドウ糖に由来するものです。香りや味が気になるなら、冷蔵庫で冷やすなど液温を低くすると香味が和らぎます。
薬用養命酒はお酒なの? 薬なの?
薬用養命酒は、自然の14種類の生薬の薬効成分をアルコールの抽出作用で引き出した「薬酒」であり、肉体疲労、冷え症、胃腸虚弱など7つの効能を持つ「医薬品」です。一般用医薬品として「第2類医薬品」にカテゴリーされています。
ページトップへ