お役立ち情報

2019年12月20日

管理栄養士監修!クリスマスレシピ特集

はじめに

もうすぐクリスマス♪
クリスマスなど大人数で集まるイベントやパーティーでは、どんな料理を作れば良いか悩みますよね・・・
今回はクリスマスにぴったりなお手軽、簡単レシピを2種類ご紹介いたします。

マッシュポテトのカナッペ

調理時間15分
カロリー(1人分)88kcal・脂質1.4g・塩分0.9g

材料(2人分)

【マッシュポテト】
・じゃがいも・・・・中1個(約100g)
※6等分に切り、電子レンジで加熱する。
(目安:600Wで5分、時間は調整してください。)
・牛乳・・・・・・・大さじ2(30ml)
・塩・・・・・・・・小さじ1/4(1.5g)
・こしょう・・・・・少々(0.5g)

【その他】
・クラッカー・・・・4枚
・ブロッコリー・・・10g
※一口大に切り、塩茹でする。
(大きさは盛りつけの際に調整してください。)
・にんじん・・・・・10g
※食べやすい大きさに切り、塩茹でする。
(今回は星型に切っています。)
・ミニトマト・・・・2個
※半分に切る。
・コーン缶・・・・・10g

作り方

1.加熱したじゃがいもに牛乳を加え、滑らかになるまで潰す。塩・こしょうで味を調える。

2.1をクラッカーに盛り、ブロッコリー・にんじん・ミニトマト・コーンを添え、盛り付ける。

じゃがいもの大きさや水分量によってマッシュポテトの滑らかさが変わりますので、牛乳でお好みの硬さに調整してください。※具材を盛り付けるので柔らかめがおすすめです。

具材はアレンジ可能!

今回はマッシュポテトを具材として使用しましたが、明太子を混ぜ合わせたりポテトサラダに変更しても美味しく召し上がることが出来ます。チーズをのせてトースターで焼いても美味しく仕上がります。

炊飯器で簡単!「カレーシーフードパエリア風」

調理時間20分
※炊飯時間を除く。
カロリー(1人分)376kcal・脂質1.2g・塩分2.0g

材料(4人分)

・米・・・・・・・・2合
※30分程浸水し、水気を切る。
・水・・・・・・・・適量
・あさり・・・・・・12個
※砂抜きをし、洗っておく。
・えび・・・・・・・8尾
※背わたを取り除き、白ワイン(分量外 大さじ1)に浸す。
・たまねぎ・・・・・1/4個(50g)
※みじん切りにする。
・ミニトマト・・・・8個
※ヘタを取り半分に切る。
・黄パプリカ・・・・30g
※1cm角に切る。
・パセリ・・・・・・少々(0.5g)
・レモン・・・・・・20g
※くし切りにする。

【調味料】
・固形コンソメ・・・2個(10g)
・カレー粉・・・・・大さじ2(12g)
・塩・・・・・・・・小さじ1/4(1.5g)
・こしょう・・・・・少々(0.5g)

作り方

1.炊飯器に米を入れ、2合の目盛りより少なめに水を注ぐ。
あさり・えび・たまねぎ・ミニトマト・パプリカをきれいに並べ、コンソメ・カレー粉・塩・こしょうを入れて炊く。

2.炊きあがったら15分程蒸らし、全体を混ぜ合わせる。
器に盛り、パセリをかけレモンを添える。

パエリアは通常フライパンで軽く焦げ目をつけて仕上げるため火加減が難しいですが、炊飯器を使用することで簡単に仕上げることが出来ます。(今回は炊飯器なので焦げ付かずパエリア風。)
カレー粉を使用することでお子様でも食べやすくなります。
※カレー粉の代わりにサフランを使用しても美味しく召し上がれますのでお好みでお使いください。
チキンやサーモンなどあさりやえび以外の食材を使ってもアレンジ可能です。

超簡単!えびの下処置方法

【使用するもの】
・えび
・キッチンばさみ
・キッチンタオル

【下処理方法】
1.頭と足を取る。
2.キッチンばさみでえびの背中側を尾の手前まで切り、背わたを取り除く。
※殻をむく場合はこの段階で全て剥いてください。
3.2の水気をキッチンタオルで拭き取る。

包丁でえびの背中に切り込みを入れるのは難しく手間だと感じる方も多いかもしれません。キッチンばさみを使用すれば簡単かつ時短!背わた処理に欠かせない爪楊枝も必要ありません。

おわりに

大勢で集まるクリスマスなどのパーティーにぴったりな逸品です。是非お試しください。

あわせて読まれている記事

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  • 血糖値が気になる

    血糖値が気になる

    糖質はブトウ糖としてカラダ中へ運ばれます。健康な方でも食後には血糖値は上がり、食後2時間程度で血糖値は正常値に下がります。糖尿病になる前の段階の方(糖尿病予備軍・隠れ糖尿病)は、食後上昇した血糖値が下がりにくくなります。このような高血糖の状態が続くことで糖尿病や、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、食後の血糖上昇を緩やかにすることが大切です。

[関連カテゴリー]

ページトップへ