お役立ち情報

栄養満点!「カキ(牡蠣)」の栄養効果と上手な食べ方

はじめに

新鮮な生のカキ(牡蠣)やカキフライはとても美味しいですよね。カキのほとんどは内臓ですが、実はそこにはビタミン類などの豊富な栄養素がバランスよく含まれているのです。

そこでこの記事では、それぞれの栄養素の役割や上手な調理法をまとめてご説明します。

「カキ(牡蠣)」に含まれる栄養と効果

カキは、ビタミンB1・B2・B12などのビタミン類や、亜鉛・鉄などのミネラル、アミノ酸、タウリン、グリコーゲンなどを豊富に含んでいる食材です。これらは体にとって必要不可欠な栄養素で、不足すると以下のような症状が起こりやすくなります。

1.ビタミンB12・鉄

ビタミンB12・鉄が不足すると貧血慢性疲労になる恐れがあります。

2.亜鉛

亜鉛が不足すると味覚障害、免疫力低下、胎児の発育不全が起こりやすくなります。

3.グリコーゲン

グリコーゲンが不足すると運動能力やスタミナが低下しやすいです。

オススメの食べ方

新鮮なものであればで食べたり、網焼きにしたりできます。また、カキフライや鍋物、カキ飯にしてもOKです。

栄養を効果的に摂取する調理法

ビタミン類やタウリンは熱に弱いため、効率よく摂取するためには生食がオススメです。

ビタミンB群は水溶性ビタミンのため、鍋物に使用する場合は雑炊などにして、ダシに溶け出した栄養素まで摂るようにしましょう。

亜鉛は、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂ると、キレート作用により吸収されやすくなります。ビタミンCやクエン酸が多く含まれるレモン汁をかけて食べることをオススメします。

あわせると効果的な食材

1.レモン
生もしくは焼いて食べるときは、ぜひレモン汁をかけて食べましょう。

香りや有効成分が失われないだけでなく、レモンのビタミンCが鉄の吸収率を高めてくれます。

2.ほうれん草
カキの貧血防止効果を高めるために、鉄分、葉酸、マンガンなど、造血作用のあるほうれん草と一緒に食べることもおすすめです。

3.トマト
活性酸素を取り除く効果が高いトマトのリコピンと一緒に摂ることで、疲労回復・美肌効果をさらに向上させることが期待できます。

4.ブロッコリー
アレルギー体質の方は、αリノレン酸の多いブロッコリーと一緒に食べると、アレルギー症状を抑える効果を期待できますよ。

食中毒・ノロウイルスについて

カキの内臓には食中毒の原因となる細菌やウイルスが付着していることがあります。十分に加熱しないで食べると感染する危険性があるので、注意が必要です。

昔から「花見過ぎたらカキ食うな」「英語でRのつかない月(5~8月)のカキは食べるな」などと言われますが、危険なのは実は春から夏にかけてだけではありません。冬はカキの活動が鈍るため、海水を排出する力が落ち、カキの中にウイルスの粒子が留まる可能性が高くなるのです。

また、生カキを食べてノロウイルスに感染したという事例もあります。実は生食用で販売されているものでもノロウイルス量の基準値が定められていないので、お店で販売されているものでも安心はできません。

ノロウイルスは熱に弱いため、中心温度が85℃になった状態で1分以上加熱してから食べるようにしましょう。

選ぶときのポイント

1.むき身の場合

貝柱が透明なもので、全体的に丸みがあり、形が潰れていないものを選びます。鮮度が良いものは、身の色が少し黄色みがかっています。

2.殻付きの場合

殻が全体的に丸い形で、厚みがあり、傷が少なく、口を閉じているものを選びます。

上手な保存方法

1.むき身の場合

購入してきた状態のままで冷蔵保存します。中に水分が一緒に入っているときは、その水分を捨てずに保存しましょう。保存期間は1~2日です。

2.殻付きの場合

殻を開いたりせず、そのままの状態で冷蔵庫に入れます。

乾燥に弱いので、キッチンペーパーなどに塩水を含ませて(びしょびしょ感がある程度)殻付きカキを包みます。それをボールなどに並べ入れ、ラップをかけてから冷蔵庫で保存してください。保存期間は2~3日です。

おわりに

栄養満点で美味しいカキは、ノロウイルスにかかってしまう恐れがあり、特に冬の時期はニュースにもなるほどです。加熱処理を行ったり、体調がすぐれないときは食べないなど、注意して食べるようにしましょう。

あわせて読まれている記事

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 使い捨てマスクランキング2019!

    使い捨てマスクランキング2019!

    今やマスクの用途はカゼ・花粉対策だけではありません。
    防寒や乾燥予防、妊娠中、すっぴん隠し、おしゃれ用など目的は多様化し、季節を問わず着用されているのを見かけます。
    『使い捨て』ということもあり価格で選ばれる方が多い傾向にありますが、肌にやさしいもの、より新しい機能を取り入れたもの、ビジュアル面に力を入れたものなどさまざまな商品がしのぎを削っています。
    こちらの特集では2018年~2019年度の使い捨てマスクを様々な面からランキング付けしていきます。是非マスク選びの参考にしてください。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  • 血糖値が気になる

    血糖値が気になる

    糖質はブトウ糖としてカラダ中へ運ばれます。健康な方でも食後には血糖値は上がり、食後2時間程度で血糖値は正常値に下がります。糖尿病になる前の段階の方(糖尿病予備軍・隠れ糖尿病)は、食後上昇した血糖値が下がりにくくなります。このような高血糖の状態が続くことで糖尿病や、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、食後の血糖上昇を緩やかにすることが大切です。

[関連カテゴリー]

ページトップへ