お役立ち情報

2017年06月21日

雨の日も楽しく快適に!使えるレインウェアで梅雨を乗り切れ!

はじめに

梅雨到来。ただでさえ外出が億劫になる季節ですが、近頃はゲリラ豪雨の発生も珍しくありません。時には傘など役に立たなくなることも!全身ずぶ濡れになると気分まで沈みがちです。
では、どうすればいいでしょう?活用したいのは、今時の使えるレインウェアです。素材はもちろん、デザインも格段の進化を遂げているのをご存知でしょうか?お気に入りのアイテムを見つければ、雨の日が楽しみになるかもしれませんよ。

とにかく濡れたくない! それならアウトドア・ブランドがオススメ

ひと口にレインウェアといっても種類はさまざま。羽織ものとしてもおしゃれなトレンチ型、かぶるだけで着用完了のポンチョ型、上下がセパレートになったスーツ型などなど。デザインだけを見渡しても多種多彩です。円ショップでも扱っているので、用途を考え、自分に合ったものを選びましょう。

例えば、一時しのぎ用にバッグに忍ばせておくなら、安価なものでも充分。子供やリュックも一緒に…と考えると、大きめのポンチョ型が便利です。

雨に濡れないことを最優先したいと、“機能性”から選ぶのであれば、アウトドア・ブランドのレインウェアに勝るものはありません。アメリカの「ザ・ノース・フェイス」や「パタゴニア」、日本の「モンベル」といったブランドの人気は鉄板ですが、それも高い機能性があってのことです。

特に有名な防水透湿性素材ゴアテックスは、雨をほぼ通さないのに、湿気は逃がしてくれるというスグレモノ。使用状況にもよりますが、ゴアテックスを使ったレインウェアなら、他の素材のものに比べて「夏場に着ていたら、雨は防げたけど汗で内側がびしょびしょになった」というトラブルを避けることができます。

アウトドア・ブランドとはいえ、タウンユースに使えるデザインのものも増えてきています。特にベーシックなカラーのものなら日常的に使えるので、ひとつ持っておいて損はないかもしれません。

自転車用ポンチョに折りたたみブーツ。技ありアイテムで雨を攻略

創意工夫は人間の必殺技。必要は発明の母とばかりに、さまざまな「あったら便利なレイングッズ」が登場しています。

雨の日は安全面から自転車の使用は避けたいところ。でも、時には乗らなければならない場合もありますよね。そんな時は自転車用ポンチョを使いましょう。これも、利便性を追求する中から生まれたアイテム。いわゆる“ママチャリ”の前カゴまですっぽりと覆ってくれるタイプがあります。前面に伸びるたっぷりした布地が、自分の体はもちろん、荷物も雨から守ってくれます。適度な重みのあるタイプなら、風を受けてもめくれ上がったりしません。ポイントは、しっかりした素材のものを選ぶことです。

この自転車用ポンチョとセットで使いたいのが、雨を避けて視界も確保するレインバイザーです。透明のつばで顔全体をカバーすれば、雨で化粧が崩れることもありません。曇り止め機能やカット機能がついたバイザーもあるので、好みでチョイスするといいでしょう。

また、大雨のときに困るのが足元です。上半身は傘やレインコートで守っても、跳ね上がってくる雨で靴がびしょ濡れになってしまうからです。最近はデザイン性と機能性を兼ね備えたレインブーツも登場しています。

例えばイギリスのシューズメーカー「Dr.Martens」は、人気のブーツと同じデザインでレインブーツも用意。パッと見はとてもレインブーツには見えない仕上がりです。また機能性の高さで人気なのが、「日本野鳥の会」オリジナルのバードウォッチング長靴です。バードウォッチングに適したものを追求する中から生まれた長靴で、筒の部分を小さく折り畳むことができます。持ち運びに便利なうえ、長靴特有のゴワついた感じがなく、タウンユースでもおしゃれに決まります。トレッキングやキャンプはもちろん、夏フェスのお供にする人も多く、幅広いシーンで使えるのが魅力です。

愛犬との“雨”散歩をもっと楽しく!

雨の日の外出といえば、犬の散歩も忘れるわけにはいきません。外が大好きな犬は、晴れていようが雨が降ろうが散歩をねだるものですよね。そんな愛犬の期待に満ちた輝く目を見たら、飼い主さんも腰を上げざるを得ません。

さて、雨の中での犬の散歩はできれば傘を差さず、レインウェアのみで出かけましょう。というのも、飼い主は常に犬のリードを持っていなければなりません。さらに散歩バッグも持っていますよね。そこに傘まで加わると、どうしても両手がふさがってしまいます。そんな状況で転んでしまったら…大怪我を負ってしまうかもしれません。だから傘は差さず、レインウェアだけの方が安全なのです。

そして帰宅後のお手入れを考えると、犬にもレインウェアを着てもらいたいところ。屋内で飼育している方にとって、びしょ濡れになった愛犬のお手入れは大変ですからね。

犬用レインウェアは、マント型とオールオーバー型に大別されます。

マント型は布で胴体をくるりと包み、マジックテープやボタンで留めるだけ。着脱が楽なので、服を着慣れていない犬にもオススメです。ただし長毛種に着せる場合は、留め具に毛をはさまないよう注意してください。また、犬は四足歩行のため雨の散歩は腹部が泥だらけになりがち。マント型は着脱が簡単な分、その腹部や足が汚れやすいと言えます。

オールオーバー型は袖もズボンもついており、足まですっぽり覆えるタイプ。泥はね防止に効果的ですが、四肢を通して着用するのに苦労する場合があります。着用することが愛犬のストレスにならないか、よく見極めてあげてください。

オススメは足を入れてマジックテープやファスナーで止めるタイプです。これなら、それほど犬に負担をかけることもないでしょう。ただ、素材選びには注意が必要。ガサガサしたり、ゴワゴワするようなタイプだと嫌がられるかもしれません。

そもそも服を着せると、ガンとして動かなくなったり、排泄しなくなったりする犬も珍しくありません。体型も犬種によって千差万別なので、まずは100円ショップのレインウェアを着せてみるなど、様子を見るのもいいでしょう。

そして無事に飼い主も飼い犬もレインウェアを着用して、雨の中で散歩をする用意ができたら、今度はそれをもっと楽しむ工夫をしてみましょう。例えば、愛犬とお揃いの色で決めてみては如何でしょう! 憂鬱だった愛犬との雨の散歩が、一気に華やいだ時間に変わりますよ。

おわりに

梅雨に台風、そして秋の長雨と、日本は意外と雨降りの国です。そうした風土の影響もあるのか、江戸時代中期の元禄年間には、すでに庶民も油紙製の雨合羽を常用していたといいます。自然の力には逆らえない以上、工夫を凝らして、雨でも楽しく快適に過ごしたいものですね!

あわせて読まれている記事

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 使い捨てマスクランキング2019!

    使い捨てマスクランキング2019!

    今やマスクの用途はカゼ・花粉対策だけではありません。
    防寒や乾燥予防、妊娠中、すっぴん隠し、おしゃれ用など目的は多様化し、季節を問わず着用されているのを見かけます。
    『使い捨て』ということもあり価格で選ばれる方が多い傾向にありますが、肌にやさしいもの、より新しい機能を取り入れたもの、ビジュアル面に力を入れたものなどさまざまな商品がしのぎを削っています。
    こちらの特集では2018年~2019年度の使い捨てマスクを様々な面からランキング付けしていきます。是非マスク選びの参考にしてください。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌や演説、司会などなど、趣味やお仕事で「のど」を酷使するという方も少なくありません。趣味でも仕事でも、肝心な時に声が出なくなってしまっては困りますよね。
    普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。
    のどを消耗させない、守る、素早く回復させるための内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して、大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生するアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。体内の水分の循環を改善する漢方薬や肝臓の機能を助けてアルコールやアルデヒドの分解を促す医薬品などがあります。飲む前、飲んだ後の少しの工夫で二日酔いを楽にすることができます。また、頭痛や吐き気などの翌日のキツイ症状を緩和するために、二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

ページトップへ