お役立ち情報

2015年07月15日

家の中に侵入する「アリ」を退治する方法

はじめに

気温が上がってくると、家の中にアリが侵入しているのを見かけることがありますね。一匹しかいなかったから安心していると大きな間違いです。アリの巣を突き止めアリを駆除する方法をご紹介していきます。

家に侵入するアリの種類

黒いアリ(クロアリ)はよく外で見かけると思いますが、シロアリは家の木を食いつぶす被害で恐れられていることで有名です。しかしクロアリとシロアリは全く別の進化を遂げてきた昆虫で、クロアリの先祖はハチでありシロアリの先祖はゴキブリ。約1億年から3億年前には、既に別々の系統に分かれていました。それから進化した結果、現在のように似たような生態をもつ昆虫になったと言われています。社会性昆虫とは、アリは女王アリを中心にして、全てのアリが役割を持って集団生活を営んでいる昆虫のことです。

一口にクロアリと言っても、生息する場所や好む食べ物などによって種類が変わってきます。
クロアリは雑食性のアリと吸密性のアリに分かれ、家屋にも浸入してくるのです。

○雑食性のアリの特徴
・ミミズや虫の死骸を運ぶ
・民家周辺に多い
・虫の死骸を好んで食べる(蜜もなめる)

種類:トビイロシワアリ、イエヒメアリ、オオズアリ、ルリアリ
(※イエヒメアリは家の壁の中に巣を作ることもあります)

○吸密性のアリの特徴
・砂糖や植物に寄生しているアブラムシが分泌する蜜などを好む
・餌を持って運ぶ習性はあまりない
・雑木林など緑のある所に多く生息する

種類:アミメアリ、トビイロケアリ

巣の外に出ているアリは、ほんの一部のアリ。約97%のアリは巣の中で活動をしています。

アリを徹底的に退治する方法

家の中で見るアリは働きアリ。いくら駆除しても次から次へと巣の中から出てくるので、巣ごと駆除するのが適切です。
どのように駆除していったらよいのか順序立てて見ていきましょう。

①アリの侵入口を見つける
まずアリがどこから入ってきているのか探します。わからない場合、アリが一番多くいる場所を見つけ、外までたどっていくとわかることが多いです。
巣は必ずしも土の中ではなく、家の壁の中に巣を作るイエヒメアリもいます。

②家に侵入しているアリを駆除する
掃除機でアリを吸うと出てくることもあるので、ウェットティッシュや薄めの床洗剤などをふきかけた雑巾でふき取ります。

③巣を駆除する
○巣を発見できた場合
巣の上から殺虫剤をまく、巣の周辺に毒餌やアリ用のジェル剤など置いて巣ごと退治しましょう。

○巣が発見できない場合
アリの行列に毒餌殺虫剤を置いたり、働きアリの見られる所に毒餌を配置したりします。働きアリが巣に餌を持ち帰り、巣ごと駆除する方法です。

③侵入経路に薬剤をまき塞ぐ
家の中のアリを退治したら、アリが上がってくる入口部分にパウダータイプの殺虫剤などをかけ、侵入経路をふさぎましょう。経路がわからない場合は窓枠の角などに、1㎝ほどの高さになるように薬剤をまくと効果的です。

アリを寄せ付けないために

アリを寄せ付けないためには、家の中に餌となる食べ物を残したままにせず、掃除をすることや放置しないことが重要です。

毎日簡単にできそうな予防策は
・台所周辺はきれいにする
・使った食器は放置しない
・残飯は処理する
・ごみ箱にふたを付ける

などが挙げられます。
他に、アリの侵入口となる外壁や巣を作りやすい木材の腐敗した部分が補修する、防腐剤を塗っておき巣を作れないようにするなども予防につながるでしょう。

おわりに

アリは人に噛みついたりすることもあるので、家の中でみかけたら早めに駆除し、侵入を防ぐようにしましょう。

あわせて読まれている記事

  • 殺虫剤を効果的に使いたい

    殺虫剤を効果的に使いたい

    殺虫剤に良く使われている成分はピレスロイド系、有機リン系、カーバメート系と分かれています。いずれも害虫の皮膚や口から入り、神経に作用しマヒさせて虫を退治します。使用する際の注意として、昆虫や魚類、観葉植物などは部屋の外に出すか、水槽など動かせない場合はエアーポンプを止めて水槽にカバーをして使用するようにしてください。

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌や演説、司会などなど、趣味やお仕事で「のど」を酷使するという方も少なくありません。趣味でも仕事でも、肝心な時に声が出なくなってしまっては困りますよね。
    普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。
    のどを消耗させない、守る、素早く回復させるための内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して、大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生するアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。体内の水分の循環を改善する漢方薬や肝臓の機能を助けてアルコールやアルデヒドの分解を促す医薬品などがあります。飲む前、飲んだ後の少しの工夫で二日酔いを楽にすることができます。また、頭痛や吐き気などの翌日のキツイ症状を緩和するために、二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

ページトップへ