お役立ち情報

2013年06月01日

衣類の臭いや黒ずみに!洗濯槽クリーナーの正しい使い方

はじめに

洗濯した直後の衣類に黒い汚れがついていたり、洗濯機の中や衣類がカビ臭いなど感じたことはありませんか?

その汚れやニオイ、洗濯槽のカビが原因になっているかもしれません。ここでは、洗濯槽のカビを防ぐ日頃の掃除に欠かせない洗濯槽クリーナーの正しい使い方と選び方をご紹介します。

臭いや黒ずみの原因

原因は「カビ」「水アカ汚れ」

先にご紹介した事例の原因は、もしかしたら洗濯槽の裏のカビや水アカ汚れであるかもしれません。全自動洗濯機の洗濯槽の裏は湿気があるので、カビや水アカ汚れが溜まりやすいのです。

洗濯槽の排水口にも注意

一人暮らしの方の場合、週に1~2 回というように洗濯頻度が低いと、洗濯機に直結した排水口の水が淀んで臭いが発生することがあります。

洗濯槽クリーナーを使用するタイミング

使用するタイミング

洗濯した直後の衣類に黒い汚れがついていたり、洗濯機の中がカビ臭いなどと感じた時は洗濯槽が汚れている可能性が高いので、洗濯槽を掃除しましょう。一般的には、1~2ヶ月に1回を目安に掃除するのが好ましいでしょう。ただし、上記のように、ニオイや黒いもの(黒カビ)の付着・洗剤カスが浮くなどの状態が見られたときに掃除するだけでも効果的です。

使用する頻度・回数

2ヶ月に一度くらいが目安です。

洗濯槽クリーナーの上手な使い方

ここでは、一般的な使用方法をご説明します。商品によって若干の差異がありますのでご注意ください。

STEP1:ぬるま湯を投入する

洗濯槽全体が浸るよう、40度くらいのぬるま湯を高水位まで入れます。

水でも使用できますが、ぬるま湯(40℃程度)を使用すると効果的です。

STEP2:洗濯槽クリーナーを投入する

洗濯槽クリーナーを投入します。商品ごとに規定の分量がありますので、本体の注意書きをよく読んでからご使用ください。

◆商品が「つけおきタイプ」の場合は、投入後に2~3分ほど洗濯機を運転させ、よく溶かすことがポイントです。
◆商品が塩素系クリーナーの場合、衣類に付着すると脱色のおそれがあります。慎重にゆっくり投入しましょう。

STEP3:2時間ほど放置する(つけおきタイプの場合)

商品が「つけおきタイプ」の場合は、洗濯槽クリーナーを溶かしたあと洗濯機の運転を止め、約2時間ほど放置して汚れを浮き上がらせます。

「つけおきタイプ」ではない場合は、放置せずにSTEP4に進みます。

商品がどちらのタイプかを事前に確認しておきましょう。

STEP4:標準コースで洗濯機を運転させる

時間が経過したら、標準コース(洗濯・すすぎ・脱水)で洗濯機を運転させ、洗濯槽クリーナーを洗い流します。

◆使用後、槽内に汚れが残る場合は、さらに1~2回ほど標準コースで洗い流しましょう。
◆このとき、洗濯機に洗剤を投入する必要はありません。

アドバイス

初めての洗濯槽クリーナーの使用や汚れがひどい場合は、1回では汚れがすっきり取りきれず、使用後も汚れが出続けることがあります。その時は何度か繰り返してお手入れすることをおすすめします。

洗濯槽クリーナーを選ぶポイントと使用時の注意点

洗濯槽クリーナーを選ぶポイント

◆洗浄後の塩素の臭いに

洗浄後の塩素の臭いなど気になる方には、酸素系洗剤の粉末タイプがおすすめです。液体タイプのものに比べると洗浄力は落ちますが、お風呂の残り湯でも使える商品もあり、使用しやすいのが特徴です。
普段のお洗濯に使われている洗濯洗剤と香りをあわせるため、同じブランドの洗濯槽クリーナーを使用するのがおすすめです。

◆とにかく汚れを落としたい方

汚れを落としたい効果重視な方には、塩素系洗剤の液体タイプをおすすめします。塩素系といっても、商品に記載の注意事項に従ってご利用いただければ安全性に欠けるということではありません。
つけ置きタイプの酸素系洗剤ではカバーできない、ドラム式の洗濯機にも対応しているものがあります。

洗濯槽クリーナー使用時の注意点

◆洗浄中は衣類を入れない

衣類が脱色する可能性があるので、洗濯機の洗浄中は衣類を入れないでください。

◆塩素系や還元系の漂白剤と併用・混同しない

洗濯槽クリーナーの効果が落ちる可能性があるので、酸素系・塩素系・還元系の漂白剤と併用・混同はしないでください。

◆ドラム式洗濯機に使用できないケースもある

ドラム式洗濯機の場合は洗濯槽全体にお湯をはるのが難しいので、「つけおきタイプ」の洗濯槽クリーナーを使用できない場合があります。

洗濯機の取り扱い説明書や、洗濯槽クリーナーの注意書きを確認してから使用してください。

おわりに

洗濯槽クリーナーを使って洗濯機の裏側もキレイにしたら、普段よりも汚れが落ちるように感じて、洗濯も楽しくなることでしょう。

臭いや黒ずみがスッキリ落とせると思いますよ!

2019年7月22日更新

あわせて読まれている記事

  •  フローリングのお手入れ

    フローリングのお手入れ

    パッと見て汚れも目立たないし、濡れたらその都度拭いてるし。。。。大事なフローリングをほっておいてはいませんか?
    気づくとあるあるフローリングの細かなキズ。実はフローリングはとってもデリケート。掃除機をよく使う方や、子供やペットのいる方は特に注意です。

  • お掃除用品を選びたい

    お掃除用品を選びたい

    普段、なにげなく使っている洗剤。
    実は掃除をする場所や汚れの程度に対して、適切な洗剤・用具を使用することで、「より楽に」「よりキレイに」掃除することもできます。キッチン、お部屋、トイレ、お風呂など、それぞれにおすすめの洗剤・用具をセレクトしました。

  • お肌にやさしい洗剤選び

    お肌にやさしい洗剤選び

    洗剤には様々な種類があります。毎日使うものだから安心できるものを選びたい。無添加、無香料など、品質にこだわりのある洗剤を集めました。
    一般に洗剤といっても、洗浄の主な作用が界面活性剤によるものを「洗剤」と呼び、それ以外の酸やアルカリ、酸化剤の化学作用によるものを「洗浄剤」として分けています。また、界面活性剤のうち、純石けん分以外の割合が、30%(台所用では40%)以上を「合成洗剤」と呼びます。

  • ダニ

    ダニ

    ダニによる健康被害の原因はダニ本体だけでなく死がいやフンで、これらが空気中に飛び散ることで気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。ヒョウダニの大きさは1mm以下で、肉眼で発見することは困難です。温度20度から30度、湿度70%から90%、エサ(フケ・アカ・カビ)などの条件が揃うと一気に繁殖します。

  • 漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤の使い方が知りたい

    洗濯しても簡単に落ちてくれない食べこぼしのシミや時間が経って変色した汗ジミ。そんな時に使う漂白剤ですが、漂白剤は化学反応によってシミや汚れを分解します。
    漂白剤には大きく分けて塩素系と酸素系の二つのタイプがあり、それぞれに適した衣類や使い方があります。
    ネットでは酵素系という言葉も見られますが、酸素系と混同している情報が多く注意が必要です。
    そんな漂白剤をタイプ別、目的別に整理して商品をご案内します。
    目的に合った漂白剤を選んで、色落ちや繊維の傷みを起こさないようにしっかりと汚れを落としましょう。

[関連カテゴリー]

ページトップへ