お役立ち情報

2020年07月08日

気をつけよう!熱中症

どうして熱中症になるの?

人の体は体温を一定に保つため、汗をかいて蒸発させたり(気化熱)、皮膚表面から放熱したり(熱放散)することで熱を逃がしています。
しかし気温が高くなると、皮膚からの放熱量が少なくなるので、体は汗をたくさんかくことで熱を逃がそうとします。
汗をたくさんかくと水分や塩分が体外に出てしまうため、体内で不足して血流が悪くなります。
そのままにしておくと、脳や消化管など内臓への血流減少から、めまい、頭痛、吐き気などの全身症状が起きます。
症状が進むと、脳を含む重要臓器に障害が起き、言動がおかしくなったり意識障害が起こったり、命にかかわる熱射病に繋がってしまいます。

熱中症の症状

熱中症の症状は、重症度としてⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分類されます。

経口補水液やスポーツドリンクなどで水分・塩分を補給しましょう。
体を冷やして、涼しい場所で安静にしましょう。

病院での治療が必要です。
Ⅰ度の対処法を行ないながら、病院に行きましょう。

すぐに救急車を呼んでください。
そばについて見守りながら、可能な範囲でⅠ度の対処法を行いましょう。

季節の変わり目で、まだ暑さに慣れていない時期にも過度の発汗になりやすいので注意してください。
熱中症の疑いがある場合、まず意識がしっかりしているかどうかを確認しましょう。少しでも意識がおかしい場合には、病院への搬送が必要です。必ず誰かがついていて、見守りましょう。

こどもの熱中症に気をつけよう!

大人より暑さに弱い

子ども(乳幼児・幼児)は体温調節機能が未発達です。
特に汗をかく機能が未熟で、大人と比べると暑さを感じてから汗をかくまでに時間がかかり、体温を下げるのにも時間がかかってしまうため、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。
全身に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすくなっています。気温が体表温度より高くなると熱を逃がすことができず、反対に周りの熱を吸収してしまう恐れもあります。

照り返しの影響を受けやすい

子どもは全身に占める水分の割合が大人より高く、外気温の影響を受けやすいと言われています。
また、幼少期の子どもは大人よりも身長が低い為、地面からの照り返しの影響を強くうけます。
このため、大人が暑いと感じているとき、子どもはさらに高温の環境下にいることになります。たとえば大人の顔の高さで32℃の時、子どもの顔の高さでは35℃程度の感覚です。

自分では予防できない

子どもは自分で自らの体調の変化を訴えられないことがあります。
屋外でずっと遊んでいると、その楽しさに夢中になってしまい、身体に異変が起きていても気づかないのです。したがって、異変がないか、周囲の大人が気にかける必要があります。

室内でも気をつけよう!

クーラーがきいている室内でも、水分・塩分が不足すれば熱中症が起こります。
特にこどもや高齢者は体の水分量が少ないので、適温の室内にいるときも、こまめに水分や塩分を取るよう意識した方がいいです。
本人が「のどが渇いた」と思ったときには、もうすでにかなり水分が失われているので要注意です。

1日にどれくらいの水分が必要なの?

人間の体は固体のように見えますが、実は体重の約60%を水分(体液)が占めています。
1日に汗や尿などによって排出される水分量は約2.5リットルと言われ、同じ量を補う必要があります。
このうち1リットルは食事などから摂取していて、0.3リットルは体内で作られています。
そのため、飲み水としての摂取量は1日あたり1.2リットルが目安です。
体の中の水の働きは生命の維持にとても重要。少しでも水分が不足すると、体調不良につながります。

マスクをつけたら要注意!

マスクをつけていると暑いですよね。実はマスクをつけていると、心拍数や呼吸数が上がったり、血中二酸化炭素濃度や体感温度が上がったりするので、高温多湿の暑い時期、熱中症のリスクが高くなってしまいます。厚生労働省の案内にもあるように、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。また、マスクをつけたときは、激しい運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

上手な水分補給のポイントは?

「水分を摂りすぎると体がバテてしまう」と言われることがあります。これは、一度に大量の水を飲むことで胃腸が冷えたり、血液が薄まって血中のナトリウムイオン濃度が下がったりして、具合が悪くなることを指します。
上手な水分補給のポイントは、一度に大量に飲まず、少しずつこまめに水分を摂取することです。また、運動などでたくさん汗をかいた時は、塩分も摂った方が良いでしょう。
人の体は、呼吸や体温調節による発汗により、意識していなくても少しずつ水分を失っています。「のどが渇いた」と感じたら、もう体は渇きはじめています。のどが渇く前に、こまめに水分補給をしましょう。

どうして塩分補給が必要なの?

汗の成分は99%が水分で、それ以外はほとんどが塩分です。失われた水分補給をするために水だけを摂取すると、水分と塩分のバランスが崩れて体調不良を起こすことがあります。

水分・塩分が不足するとどうなるの?

長時間におよぶスポーツでは塩分の摂取不足や水分の過剰摂取によって過度の体調不良が起こることがあり、ひどくなると意識障害を起こすこともあります。長時間運動する場合は、塩分摂取はもちろんのこと、水分の摂りすぎも注意です。

夏に持っておきたい!おすすめアイテム

あわせて読まれている記事

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  • お出かけの必需品

    お出かけの必需品

    出かけようとすると足りなくなるアレやコレ。思わぬ事態もつきものです。しっかり事前に準備して休日ライフを楽しみましょう。 そして、旅行につきものなのが、移動時間。この移動時間を快適に過ごすための工夫もしたいものです。

  • スポーツを楽しみたい

    スポーツを楽しみたい

    誰でも手軽に始めることができる有酸素運動として、ウォーキングや、ランニングが人気です。有酸素運動とは、体に過度の負担をかけることなく、酸素を取り込みながら行う全身運動のことで、「脂肪を燃焼させて体重を減らす」「筋力低下を防ぐ」「心肺機能を高める」「ストレス解消」「高血圧や高脂血症、糖尿病等の生活習慣病の予防」「骨を強くする」など、さまざまな効果が期待できます。まずは1日1万歩。すぐにでも始められるウォーキングがおすすめですよ。

  • 乗りもの酔いを予防したい

    乗りもの酔いを予防したい

    車や電車、船などに乗った時に現れる乗りもの酔い。酔わないための工夫も大事ですが、薬を使うのもお手軽で効果的です。酔い止めの薬には作用する時間や眠気の強弱、1日に使える回数など様々な特徴があります。移動の長さや酔い方の傾向などから最適なお薬を選びましょう。また、かぜ薬に使用されている成分を使用しているものも少なくないので、服用中の薬がある場合は注意が必要です。車内は高温になることが多いので薬を常備する場所には向きません。ご留意ください。

  • 血糖値が気になる

    血糖値が気になる

    糖質はブトウ糖としてカラダ中へ運ばれます。健康な方でも食後には血糖値は上がり、食後2時間程度で血糖値は正常値に下がります。糖尿病になる前の段階の方(糖尿病予備軍・隠れ糖尿病)は、食後上昇した血糖値が下がりにくくなります。このような高血糖の状態が続くことで糖尿病や、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、食後の血糖上昇を緩やかにすることが大切です。

[関連カテゴリー]

ページトップへ