お役立ち情報

2017年12月28日

ヒートショックを防ぐには?正しい予防と万一の時の対処法

はじめに

本格的に寒い季節になると注意したいのがヒートショックです。急激な寒暖差を感じる事で血圧が変動し、さまざまな健康被害を引き起こすヒートショックは、最悪の場合突然死に至るケースも。その予防と対策について、正しく理解しておきましょう。

実はとても怖いヒートショック現象

暖かい場所と寒い場所を移動するだけで、起きる可能性のあるヒートショック。普段の生活の何気ない行動が原因となりますが、時には命を脅かすこともある非常に怖い現象です。

例えば「厚生労働科学研究費補助金 入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書」によると、1年間に全国で19,000人もの人が入浴中にヒートショックで死亡しています。この数は、全日本交通安全協会が発表している交通事故の年間死亡者数の約4倍にあたる数字であり、大変多くの被害が出ていることが分かります。

事故が多いのは、寒さが特に厳しい12月から2月にかけて。重篤なヒートショックにおいて最もリスクが高いのは入浴時で、死亡者の約82%が高齢者であることから、冬期の高齢者の入浴時には細心の注意を払う必要があります。

しかし、単に寒さ=ヒートショックの原因とは言い切れません。東京都健康長寿医療センターの調査によると、事故の発生件数県別ワースト3は、香川県、兵庫県、滋賀県。いずれも北国ではありません。

北国は屋外と屋内の寒暖差が大きくなります。それがわかっているから、北国では外出時の防寒に力を入れ、屋内外の移動時の急激な温度変化を防ぐ対策がとられているようです。それが被害数に大きく左右しているのです。

だからこそヒートショックは、正しい知識を元に、正しく予防することが重要です。

急激な温度差にさらされないことが何より大切

ヒートショックによる事故が、北国に多いわけではないということからも、その原因は寒さだけではなく、急激な体感温度の差にあることがわかります。

もっとも注意が必要なのは入浴時ですが、急激な温度差を感じるのは、それだけではありません。日常のちょっとしたすきまに危険がひそんでいることを知っておきましょう。

ここでは、ヒートショックが起こりやすいケースに応じた予防法を紹介します。

入浴時

入浴時にヒートショックを防ぐ方法についてはこちらの記事をご覧下さい。

起床時

暖房の効いていない部屋の場合、起きてすぐにそのまま布団から出ると、急激な冷気にさらされるため、血圧が一気に上昇してしまいます。

布団の中で伸びや、手足の指の曲げ伸ばしなどのストレッチをし、体を温めてから布団を出るようにしましょう。また、布団やベッドから手が届くところに、すぐに羽織れるものを用意しておきましょう。

ゴミ出しなど暖かい家屋からちょっと外に出る時

ほんの少しの時間だからと薄着のまま外へ出るのは禁物です。温度差が10度以上の急激な寒暖差を感じることがヒートショックを引き起こします。暖かい室内から冬の屋外へ出る場合は厚着をするなど、必ずしっかりと防寒対策をするようにしましょう。

また、首回りは太い血管が通っているにもかかわらず露出しがちな部位です。マフラーを巻いたり、タートルネックの洋服を着用することで大きな予防効果が得られます。

トイレ

一般的な家庭では、トイレに暖房器具を設置していない場合がほとんどだと思います。しかし、トイレ室内はリビングやダイニングといった他の部屋と比べて極端な温度差が生じやすいうえ、衣服の上げ下ろしをして冷気を直に肌に感じる場所でもあります。特に冬の早朝や夜中のトイレの冷え込みには要注意が必要です。

可能であれば、狭い室内にも置ける小型の暖房器具を用意しましょう。難しい場合は、暖房式便座やパイル地の便座カバーを導入することをオススメします。

また、スリッパもひんやりする素材を避け、パイル地などをチョイスしましょう。

衣類の着脱時

朝の着替えは、部屋を先に暖房器具で暖めてから行いましょう。また、脱衣所に暖房器具がない場合の入浴時の脱衣は、お風呂が沸いたら湯船のふたを開け、室内を温めたのちに浴室内で行うようにしましょう。

そして、直に肌に触れる肌着は、冷たさを感じない起毛素材や温感素材のものを選びましょう。

もし家族がヒートショックになってしまったら?

ヒートショックの主な症状は、軽度の場合はめまいやたちくらみで、このような症状が出たら、動かず安静にして収まるのを待ちます。

重度の場合は、意識障害を引き起こすため大変危険です。中でも、ヒートショックによって心臓に急激な負担がかかったことによって起こる心筋梗塞と、脳の血管に急激な負担がかかったことによって起こる脳卒中は、ヒートショックによって起こるもっとも重篤な疾患です。

もしも同居の家族や、周囲にいる人がヒートショックにより心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまった場合は、迅速で適切な判断が不可欠となります。緊急時の対応について説明します。

しめつけられるような胸の痛み・呼吸困難・嘔吐・意識障害

心筋梗塞のおそれがあります。一刻を争う状態なので、すぐに救急車を呼びます。応急措置として、嘔吐している場合は吐瀉物を取り除き、横向きに寝かせて気道を確保します。入浴中の事故の場合、まずは湯船から出すことを考えましょう。とはいえ、体の濡れた裸の人を担ぎ上げるのは一人では難しいこと。すぐに人手が集まらない場合は、浴槽の水を抜いて減らし、お風呂のふたなどで上半身を支えて沈まないようにします。

頭痛・激しい嘔吐・めまい・うまく立ったり座ったりできない・眠り込む・ちぐはぐな受け答え・意識障害

脳卒中の恐れがあるので、すぐに救急車を呼びます。脳卒中は頭を動かさないことが重要です。意識がないからといって、無理に揺さぶったりしてはいけません。吐瀉物が喉につまらないよう横向きに安静に寝かせた状態で、救急車を待ちます。

心停止・呼吸がないといった場合は、救急車が来るまでに心肺蘇生などの救急措置を行う事が望ましいですが、知識がないと正しい蘇生法を行うことは難しいと思います。高齢者のいる家庭では、いざという時のために各自治体の講習会を受けるなど、普段から救急蘇生法について知っておくと心強いですね。

おわりに

ヒートショックは、命にかかわるおそろしい現象ですが、環境要因が引き起こすものです。正しい知識を持ち対策を講じることで、確実に防ぐことができます。万全なヒートショック対策で、この冬を元気に乗り切りましょう。

あわせて読まれている記事

  • むくみ

    むくみ

    むくみ(浮腫)は血管の水分が血管外の細胞間に溢れ出して腫れる現象です。むくみは内臓疾患(心臓、肝臓、腎臓など)のサインであることも多いため、これらの可能性が疑われる場合には早期に医師の診察を受ける必要があります。
    内臓疾患によらないむくみは水分・塩分の摂りすぎや長時間同じ姿勢でいることなどで発生します。医療用医薬品では主に利尿剤が使用されますが、一般用医薬品では漢方薬や強心剤、食品としてのお茶の利尿効果を利用するなどの対処になります。

  • カラダの疲れ

    カラダの疲れ

    スポーツなどで体を動かしたときはもちろん、日々の仕事や家事、ストレスなどから生じるカラダの不調。睡眠や栄養をとり体を十分に休めれば治る症状ですが、忙しくそんな余裕もない方も多いはず。滋養強壮のお薬といっても即効性のあるもの、じっくり飲んで疲れにくいからだ作りをするものなどさまざま。自分にあった疲れ対策商品を利用して、回復の手助けをしてあげましょう。

  • 打ち身・あざ

    打ち身・あざ

    打ち身とは、物にぶつかったり叩かれたりなど強打することで筋肉が損傷を受けることを言います。この損傷が皮膚に近い部分で起こると、内出血が見えて青あざなどになります。主な症状は痛み・炎症・腫れなどで、一般的には余計な手は加えず安静にすることで治ります。痛みや腫れが強い場合は骨折している可能性もあるので注意が必要です。

  • 痔疾(ぢ)対策

    痔疾(ぢ)対策

    出血に痛み、悪化してくると外部に飛び出してくる(脱肛)など、痔というものはとにかく辛いものです。
    しかも羞恥心が強く働くことから市販薬を買うことや肛門科の専門医を受診するハードルが高く悪化しやすいという特徴があります。
    痔(ぢ)は日本人のおよそ3人に1人、特に20代30代に多くなっています。男性に多いイメージですが性差はほとんどないと言われており、決して特別な病気ではないのです。
    対応が早ければ市販の座薬や軟膏、入浴の際の温熱療法などで比較的軽症で済むことも少なくありません。
    その一方で、対応が遅れて悪化した場合には医療機関の受診が必須となり、状況によっては手術や入院を要することになってしまいます。
    痔の悪化は痛みが非常に強く生活そのものに大きな影響を与えます。通販であれば顔を合わせずに市販の薬を購入し、躊躇なく初期対応に踏み出すことができます。

  • 筋肉痛

    筋肉痛

    筋肉痛は激しい運動などによって筋肉に過度の負荷がかかって破断した筋繊維が回復する際に現れます。運動の直後は筋肉が熱を持っているので冷やし、筋肉が回復期に入って痛み出したら温めて回復を促します。基本的に放置することで痛みも消失しますが、血行を促進させたりビタミンB1を摂取することで回復が早くなります。痛みが激しいときには内服の鎮痛剤を使うこともありますが、回復が遅れる傾向にあるため一般的には使用しません。

  • 腰痛・肩痛・神経痛

    腰痛・肩痛・神経痛

    腰痛や肩痛にはぎっくり腰をはじめとした急性の痛みと、冷えや長時間の緊張などが原因の慢性の痛みに分けられます。原則的に急性の痛みは冷やし、慢性の痛みは温めることで軽減できます。腫れなどの炎症は急性期の方が強いですが、急性・慢性ともに現れます。
    急性の痛みに対しては発生直後は氷で冷やしたり、消炎鎮痛効果のある医薬品を使うことで症状が軽くなります。
    一方、慢性の痛みは温熱療法や血行の改善、漢方薬などが治療・対策のメインとなります。
    神経痛は通常保護されているはずの神経が何かに触れることでしびれや痛みを発するもので、その代表的なものがヘルニアです。神経痛は露出して傷んでしまった神経を修復しつつ、再発させないためにサポーターで補強するなどの対策が必要になります。

  • 関節痛

    関節痛

    関節痛には主に「変形性関節症」と「関節リウマチ」がありますが、このページでは変形性関節症に起因する関節痛のみを取り上げます。
    変形性関節症は加齢や無理な運動・負荷によって関節内の軟骨が摩耗することで変形し、その結果痛みを発します。擦り減ってしまった軟骨は通常元に戻らないため、症状が軽いうちからの対応と予防が重要です。また、体重がひざ関節に与える負担というものは非常に大きいものなので、ダイエットによる体重減少も大きく寄与します。

  • 電子機器の使用による不調

    電子機器の使用による不調

    原因不明の目の疲れや渇き、頭痛、肩こりなどに悩まされていませんか?
    実はその症状はパソコンやスマホ、タブレットなどの画面(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業によりおこる、いわゆる『VDT症候群』かもしれません。
     VDT症候群の症状は目の疲れや充血、渇きに始まり、その後悪化していくとひどい頭痛、肩こりなどを引き起こします。また、自律神経のバランスを崩し、肉体的にも精神的にも不安定になることがあるため、手遅れになる前の対策が必要です。
    こちらではVDT症候群の症状を軽減する商品をご紹介いたします。
    ※VDT作業環境の整え方に関しては、厚生労働省の『新VDT作業ガイドライン』のポイントを参考にしてください。

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 使い捨てマスクランキング2019!

    使い捨てマスクランキング2019!

    今やマスクの用途はカゼ・花粉対策だけではありません。
    防寒や乾燥予防、妊娠中、すっぴん隠し、おしゃれ用など目的は多様化し、季節を問わず着用されているのを見かけます。
    『使い捨て』ということもあり価格で選ばれる方が多い傾向にありますが、肌にやさしいもの、より新しい機能を取り入れたもの、ビジュアル面に力を入れたものなどさまざまな商品がしのぎを削っています。
    こちらの特集では2018年~2019年度の使い捨てマスクを様々な面からランキング付けしていきます。是非マスク選びの参考にしてください。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    市販のニコチン製剤を使う以外にも、健康保険の適用を受けることができる禁煙外来を使うこともできます。こちらは医師の指導・管理の下で内服薬なども使用してニコチン依存症を治療します。禁煙外来による治療はパッチやガムなどのニコチン置換療法よりも禁煙成功率が高く、どうしても禁煙に成功しない場合は医療機関で相談するようにしましょう。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を補う、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって多少補うことが可能ですが、野菜を摂らなくていいわけではありません。できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

  • 介護「用品」を選びたい

    介護「用品」を選びたい

    誰しもいつかは老いていくもの。介護とは無縁で元気な方もいれば、長い間寝たきりになる方もいます。たとえ自分の肉親であったとしても、介護を必要とする方の面倒を見ることは、そうたやすいことではありません。うまくいかないことが多く、ストレスがたまってしまうこともあるはず。そんな悩みを少しでも解決できるよう、現在介護をされている方はもちろんこれから介護を始める方にも必須のアイテムをあつめました。

  • 介護「食品」を選びたい

    介護「食品」を選びたい

    高齢になると噛む力や消化能力が落ちてくるため、うまく栄養が摂れず偏った食生活になりがちです。高齢者にとっての食事は、栄養を補給するために必要なものですが、それだけではありません。食事の際のコミュニケーション、手や口を動かすことも脳や筋肉などへの刺激となります。

    「ユニバーサルデザインフード(UDF)」は、日常の食事から介護食まで幅広くお使いいただける、食べやすさに配慮した食品です。UDFの食品には必ずUDFマークが記載され、食事をする方の状態に応じて4つの区分が定められています。
    区分を目安に、現在の状態に合った食品を安心して選ぶことで、しっかりと栄養を補給することができます。UDFに基づいた食品をうまく活用し、無理をしない介護生活を送りましょう。

  • 尿トラブル・膀胱炎

    尿トラブル・膀胱炎

    おしっこの悩み・トラブルは男女ともに存在します。
    男性の場合は主に加齢に伴う前立腺肥大によって起こされる頻尿や残尿感。女性の場合は膀胱炎から軽度の尿失禁、おりもの、中高年女性は膀胱の筋肉の衰えによる失禁があります。
    排尿トラブルの治療には男女ともに漢方薬が用いられることが多いのですが、膀胱炎は感染症なので全く違うアプローチで予防・治療しなければならないため注意が必要です。
    一般用医薬品(市販薬)は漢方製剤や生薬成分を使用したものがほとんどで、抗菌剤や抗生物質などは販売されていません。医療用医薬品だけで使用される成分も多くあるため、症状の改善が見られない場合や頻繁に繰り返す場合は医師の診察を受ける必要があります。

[関連カテゴリー]

ページトップへ