お役立ち情報

小さな天敵!ダニ・ノミを徹底的に退治する方法

はじめに

目にはほとんど見えない、ダニとノミ。しかしひとたび発生して噛まれてしまうと、かゆかったり腫れたり、と大変です。また、ダニはアレルギーの原因となるアレルゲンになる可能性もあります。ダニ・ノミをよく知って対策・退治しましょう。

ダニ・ノミが発生する時期や条件

ダニとノミは、似たような印象を抱きがちですが、まったく違うものです。ダニは肉眼で確認することはできませんが、ノミはよく目をこらせば目視で確認することができます。

ダニ

ダニはどんな家にでも存在し、一年中いるものです。ただ低温は好まず、気温が20~30度、湿度が60~80%程度の高温多湿を好みます。そのため、梅雨の時期に増殖しやすいと考えられています。

また、ダニは、人間が落とすアカやフケといった老廃物を餌として増殖します。ダニを完全に退治することができないのはこのような理由もあるからです。

ノミ

ノミは、動物によくとりつきます。野良猫や野良犬にもよく発生しますが、飼い猫や飼い犬にも発生します。ノミは主に動物に寄生しますが、人間にとりついた場合は人間の血も吸います。

ノミもダニと同じように一年中存在し、梅雨の時期によく発生します。

ダニ・ノミに刺されたときの症状と対策

では、ダニやノミに刺された場合はどのような症状が現れて、どのような対策が有用なのでしょうか。

ダニに刺されたときの症状と対策

人を刺す主なダニは、「ツメダニ」と「イエダニ」です。どちらもかゆみが出てくるのは同じですが、ツメダニの場合、かゆみはすぐに起きません。数時間以上経ってから症状が出てきます。イエダニの場合は刺されてすぐに症状が出てくるので、これで見分けが付きます。

ダニに刺されやすいのは、二の腕やふともも、ワキやお腹など柔らかいところ。そして0.5~1cmほど刺された箇所が赤くはれます。

ダニに刺された場合の有用な治療方法は、まずは患部を洗い流すことです。その後に虫刺され用の薬、特に抗ヒスタミン(かゆみ止め)成分含有のステロイド外用剤を塗布するとよいでしょう。ステロイドはしばしば「危険な薬剤」として取り上げられることがあります。しかし適量を短期間、強さを選んで、粘膜部位やアイホールなど皮膚の薄い部分や性器部分を除く患部に塗る分には、速やかな治療につながり、痕を残さないためにも有効でしょう。

ただし、外でマダニに刺された場合はすぐに病院へ。マダニは1~2週間皮膚にとどまって血を吸います。
無理に引っ張ると頭部が皮ふに残ってしまうことがあり、発熱や消化器症状などを発症するSFTSウイルス感染のリスクも高まってしまいますから注意してください。

ノミに刺されたときの症状と対策

ノミは、ダニに比べると刺される危険性が少ないものです。ただ、刺されたときは非常に強いかゆみをもたらします。また、場合によっては、水膨れにも似た症状がでるケースもあります。

ミの場合、ダニとは違い、市販品の薬では症状の緩和が難しいと考えられています。そのまま放置すると痕になってしまうこともあるので、病院に行くのが一番です。もし、すぐに行けない場合は、抗ヒスタミン(かゆみ止め)成分含有のステロイド外用剤を使用します。

ダニ・ノミの退治方法

刺された後のケアを考えるのも大切ですが、「刺されないようにするにはどうしたらいいか」を考えることも重要です。

ダニの駆除方法

ダニを完全に撲滅することはできません。しかし、その発生リスクを減らすことはできます。
ダニは、上でもお話した通り、人間の出す老廃物を好んで食べます。そのため、この「老廃物」を部屋のなかに残さないようにすることが重要です。
じゅうたんは特にダニの温床となりやすいため、こまめに掃除機をかけましょう。それだけでダニの数を大きく減らせます。

くん煙剤で部屋全体のダニを減らし、布団やぬいぐるみ用の駆除スプレーなどで特に気になるものの処理をしましょう。これらを定期的に行うのが、最も効果的なダニ駆除法になります。

また、布団やぬいぐるみも掃除機をかけて、日光消毒しましょう。布団乾燥機も非常に有効です。

マダニの予防としては、草むらなどに近寄る場合は虫よけスプレーを使用したり、長袖長ズボンなど肌を露出しないような服装をしたりするなどの工夫が効果的です。

ノミの駆除法

ノミは、ある意味ではダニよりも対策がわかりやすいと言えます。
ノミの多くは動物に寄生するものだからです。そのため動物のノミ対策を行えば、ノミの発生確率はぐっと低くなるでしょう。

ペットを飼っている場合は、ペットを清潔に保つようにして、定期的にシャンプーで洗うようにします。特に、「家から一歩も出さない」という飼い方ではなく「外にも行かせている」という場合は注意が必要。外からノミをくっつけてきてしまう可能性があるからです。

もしノミが見えたら、すぐに病院に連れていきましょう。多頭飼いをしている場合は、ノミが発生した一頭だけでなく、ほかの子も連れていくようにすると安心です。
また、むやみに野良犬や野良猫に触れないようにしましょう。

おわりに

やっかいなダニやノミ。一度発生して刺されてしまうと、不快なだけでなく病気の媒介やアレルギーの原因になります。そんな状況に陥らないようにするために、きちんと対策を練っていきましょう。

あわせて読まれている記事

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 使い捨てマスクランキング2019!

    使い捨てマスクランキング2019!

    今やマスクの用途はカゼ・花粉対策だけではありません。
    防寒や乾燥予防、妊娠中、すっぴん隠し、おしゃれ用など目的は多様化し、季節を問わず着用されているのを見かけます。
    『使い捨て』ということもあり価格で選ばれる方が多い傾向にありますが、肌にやさしいもの、より新しい機能を取り入れたもの、ビジュアル面に力を入れたものなどさまざまな商品がしのぎを削っています。
    こちらの特集では2018年~2019年度の使い捨てマスクを様々な面からランキング付けしていきます。是非マスク選びの参考にしてください。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  •  フローリングのお手入れ

    フローリングのお手入れ

    パッと見て汚れも目立たないし、濡れたらその都度拭いてるし。。。。大事なフローリングをほっておいてはいませんか?
    気づくとあるあるフローリングの細かなキズ。実はフローリングはとってもデリケート。掃除機をよく使う方や、子供やペットのいる方は特に注意です。

  • お掃除用品を選びたい

    お掃除用品を選びたい

    普段、なにげなく使っている洗剤。
    実は掃除をする場所や汚れの程度に対して、適切な洗剤・用具を使用することで、「より楽に」「よりキレイに」掃除することもできます。キッチン、お部屋、トイレ、お風呂など、それぞれにおすすめの洗剤・用具をセレクトしました。

  • お肌にやさしい洗剤選び

    お肌にやさしい洗剤選び

    洗剤には様々な種類があります。毎日使うものだから安心できるものを選びたい。無添加、無香料など、品質にこだわりのある洗剤を集めました。
    一般に洗剤といっても、洗浄の主な作用が界面活性剤によるものを「洗剤」と呼び、それ以外の酸やアルカリ、酸化剤の化学作用によるものを「洗浄剤」として分けています。また、界面活性剤のうち、純石けん分以外の割合が、30%(台所用では40%)以上を「合成洗剤」と呼びます。

  • ダニ

    ダニ

    ダニによる健康被害の原因はダニ本体だけでなく死がいやフンで、これらが空気中に飛び散ることで気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。ヒョウダニの大きさは1mm以下で、肉眼で発見することは困難です。温度20度から30度、湿度70%から90%、エサ(フケ・アカ・カビ)などの条件が揃うと一気に繁殖します。

  • 漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤の使い方が知りたい

    洗濯しても簡単に落ちてくれない食べこぼしのシミや時間が経って変色した汗ジミ。そんな時に使う漂白剤ですが、漂白剤は化学反応によってシミや汚れを分解します。
    漂白剤には大きく分けて塩素系と酸素系の二つのタイプがあり、それぞれに適した衣類や使い方があります。
    ネットでは酵素系という言葉も見られますが、酸素系と混同している情報が多く注意が必要です。
    そんな漂白剤をタイプ別、目的別に整理して商品をご案内します。
    目的に合った漂白剤を選んで、色落ちや繊維の傷みを起こさないようにしっかりと汚れを落としましょう。

  • 殺虫剤を効果的に使いたい

    殺虫剤を効果的に使いたい

    殺虫剤に良く使われている成分はピレスロイド系、有機リン系、カーバメート系と分かれています。いずれも害虫の皮膚や口から入り、神経に作用しマヒさせて虫を退治します。使用する際の注意として、昆虫や魚類、観葉植物などは部屋の外に出すか、水槽など動かせない場合はエアーポンプを止めて水槽にカバーをして使用するようにしてください。

[関連カテゴリー]

ページトップへ