お役立ち情報

2015年06月01日

飲酒後のお風呂は危険?入浴とアルコールの関係とは?

はじめに

お酒をたくさん飲んだときに、「明日にお酒を残さないためにも、熱いお風呂に入ろうかな…」なんて思うことはありませんか?

実はお酒をたくさん飲んだ直後に入浴することは、とても危険な行為なのです!
飲酒後の入浴はアルコールの分解を妨げる上に、心臓にも負担をかけてしまいますし、転倒による怪我などの恐れもあります。
アルコールと入浴の正しい関係について、きちんと理解しておきましょう。

飲酒後すぐの入浴は、実は体に大きな負担をかけています!

飲酒直後の入浴で、ますます酔った状態に?

お酒を飲んだ直後に入浴すると、体が温まることで血液の循環が良くなり、さらにアルコールが全身にまわってしまいます。
つまり「酔いを覚ます」どころか「ますます酔った状態」になってしまうのです。こんな状態で入浴をしたら、平衡感覚が乱れて転んでしまう危険性もあります。さらに、酔った状態で入浴すると大量の血液が全身に送られることで、脳や心臓の血流が減少してしまいます。それによって脳貧血、不整脈、心臓発作などを引き起こす可能性もあるので十分に注意しましょう。

また、お酒を飲んだ直後は一時的に血圧が下がります。そしてお湯に浸かっているときも人間の体は血圧が下がるので、この相乗効果によって、最悪の場合は気を失っておぼれてしまう恐れもあります。少なくとも熱いお湯に長湯することだけは避けてください。

お酒を飲んだ後は、できるだけシャワーを浴びる程度にしておきましょう。

二日酔いのときも入浴には要注意!

「飲酒後にしっかり汗を流すと、体にアルコールが残らないから!」なんて言っている人もいるようですが、実はこれも間違っている可能性があります。

人間の体はアルコールを摂取すると、アルコールを分解するために血液の循環が一時的に早くなります。アルコールを分解する主な方法は肝臓で代謝すること。しかしこのタイミングで入浴をすると、血液が筋肉に分散されることで肝臓に十分な血液が届かず、せっかくのアルコールの分解を妨げてしまうのです。するとうまくアルコールを分解することができず、逆に次の日も体に残ってしまうこともあるのです。

二日酔いのときには熱いお風呂で汗を流して、「お酒を抜く」と考えている人もいるでしょう。しかし二日酔いで入浴する際にも十分な注意が必要です。

アルコールには抗利尿ホルモン(バソプレシン)の働きを抑え、尿の量を増やす作用があるため、アルコールを飲んでも水分補給にはなりません。中でもビールはカリウムを多く含むため、飲んだ量以上の尿が排泄されてしまいます。ですから二日酔いのときはただでさえ 体から水分が不足している状態なので、このときにお風呂で汗をたっぷり流すと、脱水症状を引き起こしてしまう危険性があります。水分が不足してしまうと、肝臓でのアルコールの分解が低下して、お酒が体から抜けにくくなります 。
また、熱い お湯で急激に血行を良くすると、吐き気やめまいなどの不調を感じることもありますので気をつけましょう。

二日酔いのときに入浴する場合は、入浴前に必ず水をたっぷり飲んで、38度程度のぬるいお湯にゆっくりと浸かりましょう。そして入浴後も、たっぷり水分を補給してください。

二日酔いのときにで 入浴するときは、お湯の温度と水分補給に気をつけましょう。

飲酒後は2時間ほど経過してから入浴を

飲酒後はすぐに入浴せず、できれば2時間ほど時間をあけてから入浴するようにしましょう。もし大量にお酒を飲んでしまった場合は、思わぬトラブルや怪我を防ぐためにも、入浴を我慢することも検討した方が良いでしょう。

温泉に行ったときも、夕食時にたくさんお酒を飲んで、その後すぐに温泉に入るという行為は危険です。特に温泉は水温が高かったり、より血行促進効果が高い場合もあるので要注意。温泉に入るのは、食事や飲酒の前に済ませておくのがベターです。

お酒をたくさん飲む予定の時は飲食前の入浴がオススメ!

おわりに

アルコールと入浴に関しては、間違った知識を持っている人が意外と多いものです。
酔った状態で熱いお湯に浸かることは想像以上に体に負担をかけてしまいますので、高齢者はもちろんですが、若い人も十分に注意をしてください。

アルコールを大量に飲んだら入浴は我慢、水分をしっかり摂って。そして飲みすぎには注意しましょうね。

あわせて読まれている記事

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    市販のニコチン製剤を使う以外にも、健康保険の適用を受けることができる禁煙外来を使うこともできます。こちらは医師の指導・管理の下で内服薬なども使用してニコチン依存症を治療します。禁煙外来による治療はパッチやガムなどのニコチン置換療法よりも禁煙成功率が高く、どうしても禁煙に成功しない場合は医療機関で相談するようにしましょう。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を補う、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって多少補うことが可能ですが、野菜を摂らなくていいわけではありません。できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

  • 血糖値が気になる

    血糖値が気になる

    糖質はブトウ糖としてカラダ中へ運ばれます。健康な方でも食後には血糖値は上がり、食後2時間程度で血糖値は正常値に下がります。糖尿病になる前の段階の方(糖尿病予備軍・隠れ糖尿病)は、食後上昇した血糖値が下がりにくくなります。このような高血糖の状態が続くことで糖尿病や、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、食後の血糖上昇を緩やかにすることが大切です。

[関連カテゴリー]

ページトップへ