お役立ち情報

2020年07月31日

放っておくと老け顔に⁉「夏バテ肌」にご用心

はじめに

強い陽射しに湿った空気。高温多湿な日本の夏は、肌にとっても過酷な季節です。紫外線やエアコンによる乾燥ダメージなどが蓄積するため、放っておくと肌もバテてしまうのです。ここでは肌が夏バテする原因と、実際の解消法について探ってみましょう。

夏バテ肌の原因・紫外線に要注意

美肌の大敵といえば、真っ先に思い浮かぶのが紫外線です。紫外線は5月頃から強くなり、8月にピークを迎えます。そのため、夏は肌にシミなどが出きやすいうえ、冷房による乾燥も加わり注意が必要なのです。
地表に届く紫外線は、UV-AとUV-Bの2種類といわれています。UV-Aは波長が長く、雲やガラスも透過して、肌の奥の真皮にまでじわじわとダメージを与えるのが特徴。一方、UV-Bは波長が短く、肌の表面に急激に作用して、ヒリつく炎症を引き起こします。どちらも確実に肌の老化を招くので、過剰に浴びないことが大切です。
ちなみに紫外線は曇天時で晴天時のおよそ60%、雨天時でも30%ほどが地表に降り注いでいます。さらに地面などからの照り返しもあるので、うっかり日焼けには注意してください。

紫外線がもたらす肌トラブル

ごわつき

肌が弱ると新陳代謝も落ち、古い角質がはがれにくくなります。不要な角質がたまった肌は、ごわごわと手触りが悪く、しなやかさも失われています。

たるみ

UV-Aは真皮層にまで届き、肌の弾力を生むコラーゲンやエラスチンを壊してしまう厄介者です。紫外線を浴びた肌はハリを失い、やがて頬やあごなどにたるみが現れます。

くすみ

肌は紫外線を浴びるとメラニンを生成し、これをシールドに自分自身を守ろうとします。この反応が「日焼け」であり、日焼けが蓄積すると、肌色が黒っぽくくすむことになるのです。また、紫外線の影響で角質層が厚くなったり、乾燥が進んだりしても、肌はどんよりとくすみます。

シミ・そばかす

通常、肌が生成したメラニンは、ターンオーバーとともに肌表面から自然に剥がれ落ちます。ところが過剰に紫外線を浴びたりすると、メラニン排出が間に合わず肌に定着。シミやそばかすとして残るのです。

しわ

潤いが不足した肌は、柔軟性も落ちているもの。その分、しわになりやすくなります。最初は小じわ程度ですが、特にUV-Aを浴び続けると、真皮のコラーゲンやエラスチンが損なわれ、肌に深いしわが刻まれてしまいます。

まだある!夏肌にダメージをもたらすもの

夏の肌に悪影響を及ぼすものは、何も紫外線だけではありません。では、どんなものに注意が必要なのか見ていきましょう。

乾燥

エアコン・扇風機がもたらす冷気や風は、肌の水分を奪ってしまいます。1日中、冷房を点けっぱなしにしていると、表面は潤っているように見えても、内部が乾いている「インナードライ肌」になりがちです。また、夏は発汗量が大幅に増え、体内の水分が奪われることも、気づかぬうちに肌の乾燥が進んでしまう原因です。

汗・皮脂

気温が上昇する夏は、汗をたくさんかきます。また、代謝が活発になるため、皮脂の分泌も盛んになります。汗も皮脂もこまめに処理をしないと肌が荒れ、かぶれやニキビにもつながります。

冷え

夏は冷房を効かせるうえ、冷たい食事や飲み物を口にする機会も多くなります。すると身体が冷えてしまい、血のめぐりが悪くなります。肌もごわついたり、くすんだりするので要注意。

栄養不足

身体そのものが夏バテすると、食欲も落ちてしまいます。そうめんだけ、アイスクリームだけ、といった偏った食事になりがちですが、これは肌にとってもよくありません。栄養が行き渡らなくなり、肌荒れが起きやすくなります。

睡眠不足

良質な眠りは肌のターンオーバーを促進してくれます。熱帯夜が続いて熟睡できなかったりすると、肌の状態も悪くなります。

健康な素肌のためにできること

すこやかな肌を取り戻すには、地道なケアが必要です。日常生活にも気を配り、肌を労わってあげましょう。

UVケアを欠かさない

日焼け止めは季節を問わない生活必需品。成分や使用感など、自分に合った製品を選んで、用法に従ってきちんと肌に塗り広げましょう。特に屋外で過ごす場合は、汗などで日焼け止めが取れやすいので、数時間ごとに塗り直すといいでしょう。帽子、日傘、長袖・長ズボン、サングラスなどで、紫外線を遮るのも有効です。
それでも日焼けしてしまったら、いつも以上に保湿ケアに努めること。

汗はぬぐわずそっと押さえる

こまめに汗を拭くことは重要ですが、ゴシゴシこするのはNGです。タオルやハンカチ、汗拭きシートなどでそっと押さえ、肌を傷つけないようにしてください。

たっぷりの泡でやさしく洗顔

肌を清潔に保つことは、スキンケアの基本。洗顔料をしっかり泡立て、その泡で肌をやさしくなでるように洗いましょう。ただし、皮脂を流しすぎても肌荒れの元になるので、洗顔は朝晩2回程度に止めた方が無難です。

夏でも保湿はしっかりと

夏は汗や皮脂で肌がベタつくため、保湿をおろそかにしがち。とはいえ、肌の内部は乾いていることが多いので、スキンケアの仕上げにクリームなどを使うことをお忘れなく。さっぱりした軽いつけ心地のクリームやジェルを選べば、肌が過剰にべたつくことはありません。

角質ケアはやりすぎ注意

角質がたまって肌がごわついているときは、拭き取り化粧水を使うのもひとつの手です。ただし、こうしたケアは本来ならゆっくり剥がれ落ちる角質を、一気に取り除くいわば“荒療治”。少なからず肌に負担がかかるので、やりすぎないように注意してください。

水分補給も忘れずに

うるつやの肌はたっぷりの水分を保っています。身体そのものが乾かないように、こまめに水分補給することも大切です。

ビタミンやたんぱく質は美肌の素

栄養バランスを考えたうえで、ビタミンA・C・Eやたんぱく質を積極的に摂りましょう。抗酸化作用のあるパプリカ、トマト、ベリー類、緑茶などは特におすすめです。

適度な運動で代謝UP!

軽く汗をかく程度の運動でも、新陳代謝を高めることができます。ウォーキング、スイミング、ランニングなどの有酸素運動を習慣づければ、不要な角質やメラニンを素早く体外に追い出すことにも役立ちます。

オールシーズン温活を意識

冷えは万病の元。夏でもストールなどを常備する、ぬるめのお湯にゆったり浸かる、温かい飲み物を選ぶなど、身体を冷やさない工夫をしてください。血行不良による冷えは、必要な栄養が肌に届かず、肌の状態にも影響がでます。結果、冷えによる肌荒れやくすみなどに繋がりますので、身体を冷やさないことが夏バテ肌の予防になります。

ぐっすり眠ってターンオーバーを促進

肌の再生に質の良い睡眠は欠かせません。暑くて寝苦しい場合は、クール素材の寝具に切り換えると快眠に繋がります。ちなみに就寝直前までテレビ、パソコン、スマホなどを見ていると、スムーズに眠りにつけないといわれているので、早めにスイッチを切りたいものです。

おわりに

夏バテ肌を放置していると、どんどん老化が進み、老け顔になってしまうかもしれません。若々しい肌をキープするためにも、日頃からしっかりケアするよう心がけてください。

あわせて読まれている記事

  • デリケートゾーンのお悩み

    デリケートゾーンのお悩み

    ちょっと人には言いにくい、デリケートゾーンの悩み。 かゆみ、痛み、におい、生理、おりもの、乾き…原因も症状も様々です。 ただムレただけだったり、生理によるものであれば対応はシンプルですが、衛生状態の悪化やストレスによる膣カンジダ症となると厄介です。 今は膣カンジダ用の抗真菌剤も条件付きながら市販薬として購入することができるようになり治療へのハードルも低くなりました。 しかし複数ある膣カンジダ治療薬の特徴や微妙な違いは分かりにくく、膣錠を使うべきなのかクリームを使うべきなのかの判断も簡単ではありません。 そこで、このページでは症状ごとのお勧めの組合せを解説、少しでも早く治療を終われるようにお手伝いします。 症状がひどくなってからでは市販の薬で済ますことができなくなってしまいます。再発したと思ったら、早目に対処するようにしましょう。

  • 妊娠中に必要な栄養素

    妊娠中に必要な栄養素

    健康な赤ちゃんを産むためには毎日の食事に気を付けて栄養バランスを整えるのが基本ですが、近年はサプリメントから葉酸やビタミン類などの必要な栄養素を摂ろうというママが増えています。
    でもどんな成分をどれくらいとればいいのか、何をとってはいけないのか、よくわからない方も少なくないはず。
    そんなママのために妊娠初期から出産まで、赤ちゃんとママに必要な成分を摂取できる商品を集めました。
    これからママになる女性だけでなく、パパになる男性も是非ごらんください。

  • 更年期

    更年期

    更年期障害とは、卵巣機能の低下に伴うホルモンバランスの崩れがもたらす様々な症状のことを指します。年齢としては40代~50代といわれていますが、個人差もあります。ホルモンバランスの崩壊が原因なのでホルモン補充療法で改善しますが、副作用に乳がんなどがあるので、主に漢方薬による対症療法がとられるケースが多くなります。

  • 生理痛

    生理痛

    肥大した子宮内膜が着床せずに排出されるのが生理で、その際に生じる痛みが生理痛です。生理の際には子宮を収縮させて内膜を排出するのですが、この収縮させる伝達物質がプロスタグランジン(PG)です。PGの量は個人差があり、このPGの量が多い人は子宮の収縮が強く、痛みも強くなる傾向があります。またPGは痛みを司る物質でもあるため、PGが発生するということ自体が痛みの原因にもなっています。生理痛の緩和にはPGの発生を抑える痛み止めや漢方薬が使用されます。
    あまりに強い生理痛には子宮内膜症などの重い病気が隠れていることがあります。「いくらなんでも痛すぎる」ときは医師の診察を受けましょう。

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

  • シミをつくりたくない

    シミをつくりたくない

    紫外線にさらされた肌は大きなダメージを受けています。紫外線はしみやシワ、たるみの原因になるため、早期の保湿・美白ケアが必須です。医薬品やサプリメントによって内側からもケアすることで、透明感のある肌を保ちましょう。

  • ボディケア商品を選びたい

    ボディケア商品を選びたい

    うるおいに満ちたきれいな肌を保つだけでなく、ドライスキンで悩まれている方や乾燥しがちな冬のお肌には必須のボディケア商品。
    乾燥をそのままにしておくとお肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌荒れが起きたり炎症やかゆみなどの症状がでてしまうことがあります。
    こちらの特集ではローションやミルク、クリーム、オイルなどの剤形別での使い分け方法と、医薬品の治療用ボディケアをご紹介します。自分の状態にあったぴったりのボディケア商品を探してみましょう。

  • 体臭が気になる

    体臭が気になる

    口臭、加齢臭、汗のニオイ…自分で気づくことが難しく、知らず知らずのうちに周りを戸惑わせてしまう体の臭い。仮に気づいていても抑えることが難しく、とても悩ましい問題です。特に無臭が好まれる日本では敏感に察知されてしまいます。
    時間をかけずにニオイを解決するには、内側から香るサプリメントと外部から香りを付けたりニオイを抑えるデオドラントが有効です。ニオイの原因を解決するには食生活や習慣を継続して見直すなど根気がいりますが、その前に医療機関に相談して皮膚や内臓などの「ニオイの原因」を突き止めましょう。

  • 紫外線から肌を守りたい

    紫外線から肌を守りたい

    紫外線を多く浴びるとしみやシワ、たるみといった肌の老化が進んでしまいます。日差しの強い真夏が紫外線量が一番多いと思われがちですが、実は3月ごろから徐々に強くなり、5月にはピークを迎えるため、春先からの早期対策が必要です。紫外線とは何か?SPF値、PA値とは何か?効果的な日焼け止めの塗り方は?など、紫外線の知識を少しずつ学びながら、ぴったりの日焼け止めを見つけましょう。

[関連カテゴリー]

ページトップへ