お役立ち情報

2020年03月31日

【イエベ?ブルベ?】セルフチェックで似合う色を見つけよう

はじめに

メイクやファッション関係の記事でよく目にする「イエローベース(=イエベ)」と「ブルーベース(=ブルベ)」。何となく肌色の分類のこと、似合う色のことだとは知っていても、自分がどちらなのかは分からないという人も多いのでは。ここではセルフチェックの方法も含めて、この2つについて紹介します。

そもそもイエベとブルベって?

“色”とは不思議なもので、組み合わせる他の色次第で、違う色に見えたりします。例えばまったく同じ色でも、背景が黒っぽいと明るめに、白っぽいと暗めに見えてくるのです。
こうした目の錯覚を利用した色彩調和理論が、アメリカで発展した「パーソナルカラー」です。こちらは自分の生来の肌や髪、瞳などの色を見極め、それらと調和する色を身にまとうことで、顔を明るく生き生きと見せるというもの。単純に「赤が似合う」といった区分けではなく、どんな赤が似合うのか──鳥居のような明るい赤なのか、スイカのような白っぽい赤なのか、トマトケチャップのような深い赤なのか、ルビーのような鮮やかな赤なのか──それを探り当てるのです。
そしてこの“調和”を生むキーポイントのひとつが、イエローベースとブルーベース。パーソナルカラーではすべての色相(色味)を黄味寄りと青味寄りに分け、自分に似合うのはどちらのグループなのか、「ベースカラー」を判断します。
さらに色を構成する要素には、色相のほかに明度(明るさの度合い)と、彩度(鮮やかさの度合い)があります。つまり、自分にしっくりなじむ色相、明度、彩度を見つけ出し、魅力アップにつなげるのがパーソナルカラーの概念です。

ベースカラーをセルフチェック!

パーソナルカラーはプロのカラリストに診断してもらうのがベストですが、ポイントさえ押さえておけば、自分でおおよその判断をすることも可能です。できれば複数人で比較しながら、まずは自分のベースカラーを判断してみましょう。

手首の内側に浮き出た血管の色は?

A.緑っぽい B.青紫っぽい

掌の色は?

A.オレンジがかっている B.ピンクがかっている

肌の色は?

A.ベージュ寄り B.ピンク寄り

白目の色は?

A.アイボリー B.青味がある

しっくりくるアクセサリーは?

A.ゴールド系 B.シルバー系

が多かった人は暖かな黄味のあるカラーが得意なイエベ
が多かった人は涼しげな青味のあるカラーが得意なブルベの可能性が高いといえます。
(参照:J Lounge イエベorブルベ診断より)

おわりに

似合う色の傾向をつかんでおけば、コスメや服を選ぶときも失敗が少なくります。自分を引き立ててくれるスペシャルカラーを見つけて、おしゃれの指針にしてみてください。

あわせて読まれている記事

  • デリケートゾーンのお悩み

    デリケートゾーンのお悩み

    ちょっと人には言いにくい、デリケートゾーンの悩み。 かゆみ、痛み、におい、生理、おりもの、乾き…原因も症状も様々です。 ただムレただけだったり、生理によるものであれば対応はシンプルですが、衛生状態の悪化やストレスによる膣カンジダ症となると厄介です。 今は膣カンジダ用の抗真菌剤も条件付きながら市販薬として購入することができるようになり治療へのハードルも低くなりました。 しかし複数ある膣カンジダ治療薬の特徴や微妙な違いは分かりにくく、膣錠を使うべきなのかクリームを使うべきなのかの判断も簡単ではありません。 そこで、このページでは症状ごとのお勧めの組合せを解説、少しでも早く治療を終われるようにお手伝いします。 症状がひどくなってからでは市販の薬で済ますことができなくなってしまいます。再発したと思ったら、早目に対処するようにしましょう。

  • 妊娠中に必要な栄養素

    妊娠中に必要な栄養素

    健康な赤ちゃんを産むためには毎日の食事に気を付けて栄養バランスを整えるのが基本ですが、近年はサプリメントから葉酸やビタミン類などの必要な栄養素を摂ろうというママが増えています。
    でもどんな成分をどれくらいとればいいのか、何をとってはいけないのか、よくわからない方も少なくないはず。
    そんなママのために妊娠初期から出産まで、赤ちゃんとママに必要な成分を摂取できる商品を集めました。
    これからママになる女性だけでなく、パパになる男性も是非ごらんください。

  • 更年期

    更年期

    更年期障害とは、卵巣機能の低下に伴うホルモンバランスの崩れがもたらす様々な症状のことを指します。年齢としては40代~50代といわれていますが、個人差もあります。ホルモンバランスの崩壊が原因なのでホルモン補充療法で改善しますが、副作用に乳がんなどがあるので、主に漢方薬による対症療法がとられるケースが多くなります。

  • 生理痛

    生理痛

    肥大した子宮内膜が着床せずに排出されるのが生理で、その際に生じる痛みが生理痛です。生理の際には子宮を収縮させて内膜を排出するのですが、この収縮させる伝達物質がプロスタグランジン(PG)です。PGの量は個人差があり、このPGの量が多い人は子宮の収縮が強く、痛みも強くなる傾向があります。またPGは痛みを司る物質でもあるため、PGが発生するということ自体が痛みの原因にもなっています。生理痛の緩和にはPGの発生を抑える痛み止めや漢方薬が使用されます。
    あまりに強い生理痛には子宮内膜症などの重い病気が隠れていることがあります。「いくらなんでも痛すぎる」ときは医師の診察を受けましょう。

  • シミをつくりたくない

    シミをつくりたくない

    紫外線にさらされた肌は大きなダメージを受けています。紫外線はしみやシワ、たるみの原因になるため、早期の保湿・美白ケアが必須です。医薬品やサプリメントによって内側からもケアすることで、透明感のある肌を保ちましょう。

  • ボディケア商品を選びたい

    ボディケア商品を選びたい

    うるおいに満ちたきれいな肌を保つだけでなく、ドライスキンで悩まれている方や乾燥しがちな冬のお肌には必須のボディケア商品。
    乾燥をそのままにしておくとお肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌荒れが起きたり炎症やかゆみなどの症状がでてしまうことがあります。
    こちらの特集ではローションやミルク、クリーム、オイルなどの剤形別での使い分け方法と、医薬品の治療用ボディケアをご紹介します。自分の状態にあったぴったりのボディケア商品を探してみましょう。

  • 体臭が気になる

    体臭が気になる

    口臭、加齢臭、汗のニオイ…自分で気づくことが難しく、知らず知らずのうちに周りを戸惑わせてしまう体の臭い。仮に気づいていても抑えることが難しく、とても悩ましい問題です。特に無臭が好まれる日本では敏感に察知されてしまいます。
    時間をかけずにニオイを解決するには、内側から香るサプリメントと外部から香りを付けたりニオイを抑えるデオドラントが有効です。ニオイの原因を解決するには食生活や習慣を継続して見直すなど根気がいりますが、その前に医療機関に相談して皮膚や内臓などの「ニオイの原因」を突き止めましょう。

  • 紫外線から肌を守りたい

    紫外線から肌を守りたい

    紫外線を多く浴びるとしみやシワ、たるみといった肌の老化が進んでしまいます。日差しの強い真夏が紫外線量が一番多いと思われがちですが、実は3月ごろから徐々に強くなり、5月にはピークを迎えるため、春先からの早期対策が必要です。紫外線とは何か?SPF値、PA値とは何か?効果的な日焼け止めの塗り方は?など、紫外線の知識を少しずつ学びながら、ぴったりの日焼け止めを見つけましょう。

[関連カテゴリー]

ページトップへ