あなたのお悩みは?

胃腸

  • 整腸・下痢止め

    整腸・下痢止め

    主に下痢に対する対応ということになりますが、下痢と言っても原因が細菌感染だったり、単に冷やしてしまっただけだったり色々なケースがあります。症状や程度、原因に合わせたお薬を選択し、失われた水分などは効率よく補給しましょう。発熱や血便、嘔吐などがある場合は速やかに医療機関を受診し、医師の指示を受けましょう。

  • 便秘

    便秘

    医学上は「3日以上便通がない状態」を便秘と定義しています。運動したり水分や食物繊維を多く摂ることで予防できますが、慢性化させないためにも必要なときは薬を使いましょう。内服や浣腸、整腸剤まで、薬は多数あります。便秘は肌の調子にも大きな影響を与えるので、最適な薬を選んで長引かせないようにしましょう。

  • 胃痛・胃もたれ・胸やけ

    胃痛・胃もたれ・胸やけ

    食べ過ぎ、飲みすぎ、ストレスなどなど、胃の調子が悪くなる要因は数多く症状も様々です。その様々な症状に、数多くの薬も存在しています。胃の状態に合った薬を効果的に使いましょう。 酸っぱいものがこみ上げるような状態が続いていると医療機関の受診が必要な場合があります。

  • 腸の調子が気になる

    腸の調子が気になる

    整腸剤は主にビフィズス菌などの乳酸菌類を軸に複数の腸内細菌を組み合わせたものと、漢方薬や食物繊維を用いたものに大別されます。腸内細菌は様々な菌が集まっていますが、勢力の弱い菌は負けて淘汰されてしまいます。使用する薬を頻繁に換えると菌が定着できず悪玉菌を駆逐することができません。なので、一般的には一つの製品を続けて使用するのが望ましいと考えられています。

  • 痔疾(ぢ)対策

    痔疾(ぢ)対策

    出血に痛み、悪化してくると外部に飛び出してくる(脱肛)など、痔というものはとにかく辛いものです。
    痔(ぢ)は日本人のおよそ3人に1人、特に20代30代に多くなっています。男性に多いイメージですが、性差はほとんどないと言われており、決して特別な病気ではないのです。早期に対策することで痛みや出血などを最小限に抑えることができる反面、対応が遅れて悪化した場合には医療機関の受診が必要になります。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生したアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

[みんなの悩み]

ページトップへ