あなたのお悩みは?

腸の調子が気になる

整腸剤はビオフェルミンのように主にビフィズス菌などの複数の乳酸菌類を組み合わせたものと、漢方薬や食物繊維を用いたものに大別されます。善玉菌を腸に定着させるには同じ種類の菌を増やすことが重要なので、乳酸菌製剤は一つのものを継続して使用するのが望ましいと考えられています。乳酸菌そのものは医薬品ではないため、乳酸菌だけの製品は「医薬部外品」に分類されています。一方、「医薬品」に分類されている乳酸菌製剤はビタミンなどの医薬品成分が配合されているためで、乳酸菌類の量や種類で分けられているわけではないことに注意が必要です。

乳酸菌などの生菌を用いた整腸剤

乳酸菌製剤というとビオフェルミンが余りにも有名ですが、各社がいろいろな特色を持たせた製品を発売しています。乳酸菌製剤には[第3類薬品]に分類されているものと[指定医薬部外品]に分類されているものがあります。これらの違いは生菌以外に含まれているビタミンや消化酵素などの差なので、実際には大きな違いはないと考えていいものです。牛乳にアレルギーがある方は気を付ける必要があります。

乳酸菌などの菌類以外の物質を有効成分とする整腸剤

整腸作用を示すのは乳酸菌やビフィズス菌だけではありません。活性炭による老廃物の除去や漢方薬による腸管の運動の調節、食物繊維による便通の安定化などがあります。

子供に使える整腸剤

乳幼児専用の整腸剤は宇津こども整腸薬TPだけですが、粉タイプの整腸剤のほとんどは3か月以上の乳幼児の使用に対応しています。粉の整腸剤はほのかに甘く、水には溶けないものの比較的飲ませやすい散剤と言えます。

  • ビオスリーH 36包

    ビオスリーH 36包

    1,490(税込)

    生後3か月から使える、3種類の活性菌が小腸から大腸まで生きて届く整腸剤です。

  • 宇津こども整腸薬TP 60g

    宇津こども整腸薬TP 60g

    1,008(税込)

    他の薬では見られない3種の生菌を配合。OTC唯一の小児専用の整腸剤です。

  • 新ビオフェルミンS細粒 45g

    新ビオフェルミンS細粒 45g

    1,058(税込)

    細粒タイプのビオフェルミン。量を調節すれば3か月の乳児から使用できます。

  • ヤクルトBL整腸薬 36包

    ヤクルトBL整腸薬 36包

    1,814(税込)

    3か月以上の乳幼児から使えるヤクルトの整腸剤です。便利なスティック包装。

その他の整腸剤・食品

あわせて読まれている記事

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    市販のニコチン製剤を使う以外にも、健康保険の適用を受けることができる禁煙外来を使うこともできます。こちらは医師の指導・管理の下で内服薬なども使用してニコチン依存症を治療します。禁煙外来による治療はパッチやガムなどのニコチン置換療法よりも禁煙成功率が高く、どうしても禁煙に成功しない場合は医療機関で相談するようにしましょう。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を補う、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって多少補うことが可能ですが、野菜を摂らなくていいわけではありません。できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ