あなたのお悩みは?

胃痛・胃もたれ・胸やけ

食べ過ぎ、飲みすぎ、ストレスなどなど、胃の調子が悪くなる要因は数多く症状も様々です。その様々な症状に、数多くの薬も存在しています。胃の状態に合った薬を効果的に使いましょう。 酸っぱいものがこみ上げるような状態が続いていると医療機関の受診が必要な場合があります。

胃の痛み

胃の痛みの原因は大きく分けて3種類あります。胃酸が出すぎて粘膜を傷めている、胃粘膜が弱って胃酸に耐えられない、胃の動きが激しすぎて差し込むような痛みが出る、の3つです。ご自身の症状を見極めて適切な薬を選びましょう。

胸やけ・げっぷ

胸やけやげっぷの原因は胃酸過多であることがほとんどです。酸分泌を抑えたり出すぎた酸を中和することで症状が改善します。胃酸過多の状態が長く続くと逆流性食道炎などに進展し、医療機関の受診が必要になってしまうこともあるので注意が必要です。

胃もたれ・消化不良

食べ過ぎや(お酒の)飲みすぎによって胃の動きが悪くなったり消化が追いつかなくなると、いつまでも胃にものが入っているような感覚が残ったり消化不良に陥ってしまいます。このようなときには消化酵素を主成分とした薬で消化を助けたり、胃の動きを促す成分で滞留を解消します。

漢方の胃腸薬

胃腸炎や慢性胃炎、不安やストレスによる下痢や冷え腹など、通常の胃腸薬では効果を得にくい症状に対応できる漢方処方の胃腸薬です。口内炎や二日酔いの吐き気・頭痛にも効果的な処方もあります。

その他の胃腸薬

あわせて読まれている記事

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌、演説、マイクパフォーマンスなどなど、趣味やお仕事でのどを酷使するという方も少なくありません。普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生するアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。体内の水分の循環を改善する漢方薬や肝臓の機能を助けてアルコールやアルデヒドの分解を促す医薬品などがあります。飲む前、飲んだ後の少しの工夫で二日酔いを楽にすることができます。また、頭痛や吐き気などの翌日のキツイ症状を緩和するために、二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ