あなたのお悩みは?

季節性うつ病

夏が終わり秋になり、過ごしやすくなるとともに日が短くなりだす頃。
なんとなく鬱々として気分が晴れない、落ち込むような感覚になるという方がいます。
これは決して気のせいなどではなく、季節性感情障害(SAD)という病気からくる症状です。
季節の変わり目、特に日照時間が短くなる秋や冬に多く見られることから「季節性うつ」「冬季うつ」「ウインター・ブルー」など様々な呼ばれ方があります。(ここでは「季節性うつ病」で統一します)
季節性うつ病はその名の通り季節によって症状が出る「周期性」と言えるものがあります。
国や地域によって特徴がありますが、多くの国においては日照時間が短くなる10月~11月に発症し、日照時間が長くなる3月頃に回復する、といった具合で、これを毎年繰り返します。
その症状の度合いによっては抗うつ剤の使用などの対応が必要なケースもありますが、基本的には生活習慣の注意によって症状の改善・軽減を図ることができます。
しかし忙しい現代において生活習慣を変えるというのは簡単なことではありません。
そこで季節性うつ病の治療の一環として、冷え性などの二次的な症状に漢方薬を使ってみるということから始めるのはいかがでしょうか。

季節性うつ病の主な症状と対策

季節性うつ病の症状の多くは一般的な「抑うつ症状」や「双極性障害」に似ているところが多いのですが、特徴的な症状もあります。
具体的には、

・気分が落ち込むことが多くなる
・疲れやすくなる
・体を動かす、何かを始めるのがおっくうになる
・集中力が落ちる
・楽しめていたことが楽しく感じられなくなる
・以前はできていたことが上手くできなくなる
・食欲がなくなる

などですが、季節性うつの特徴的な症状として

・過食になる(食欲がなくなるという方もいます)
・過眠になる

というものがあります。
症状が重い場合は日常生活に重大な影響を与える深刻な病気と言えます。

対策1: なるべく日光に当たる(光療法)

生活環境や職場を明るくするのもあり。日光浴ついでに運動も。
季節性うつ病の原因の一つとして日照時間の短縮による日光浴時間の減少があります。
日光を浴びると体内ではセロトニンという物質が分泌されるが、セロトニンは「幸せホルモン」などと呼ばれることがあるように人の多幸感に大きく関与しています。
また、セロトニンは睡眠ホルモンである「メラトニン」の原料になります。
メラトニンには睡眠・覚醒や季節感、日々のホルモン分泌などのリズム「概日リズム(がいじつリズム)」にも関与しているため、メラトニンが不足することで様々な変調の原因となります。
これらのホルモンを不足させないように日光に当たる時間を増やす工夫をするほかに、自宅内や職場をなるべく明るくすることでも効果があります。

対策2: 栄養バランスの良い食事をする

先述の通り季節性うつ病にはセロトニンの不足が深く関わっていますが、体の中で作り出すものなので食事にも気を付ける必要があります。
季節性うつ病の症状に「過食」がありますが、この過食は炭水化物(ごはんや麺類など)を特に強く求めるという特徴があります。
ところがセロトニンの材料になるのはアミノ酸の一つ「トリプトファン」。そのトリプトファンを含むアミノ酸を効率よく摂取できる食品は肉や魚、ということになります。
また、アミノ酸の効率的な吸収や利用にはビタミンやミネラルも欠かせません。
となると、これらを摂取するためには緑黄色野菜やフルーツなども重要、ということになります。
季節性うつ病になると食欲がなくなってしまったり、炭水化物を求める過食に陥ることで栄養バランスが崩れて悪循環に陥ってしまいます。
普段から適度な量とバランスの良い食事を心がけることが大事ですが、季節性うつ病になりやすい方は秋・冬の食事に特に気を付けましょう。

対策3: 安定した睡眠スケジュール

季節性うつ病の発生には「体内時計」の乱れも深く関係しているといわれています。
日照時間が短くなる冬は、言ってみれば「時差ぼけ」のような状態に近くなり概日リズムが保てなくなります。
つまり、これも日光を浴びることと関連していますが、体内時計を乱さないようにすることが大事ということになります。
せっかく日光を浴びたり部屋を明るくしたり、食事に気を付けてセロトニンやメラトニンが不足しないようにしても不規則な生活をしていては何もかもが狂ってしまいます。
おおよその就寝時間・起床時間を決めて、リズムのよい日々を送るように心がけましょう。

季節性うつ病に伴う症状に使える漢方薬

日々の暮らしでできる対策を施しても、冷え性やのぼせ、どうやっても食欲が出ずに体力がないということもあるかと思います。
そんな時にサポートしてくれるのが漢方薬です。
しかし漢方薬は症状に合わせて単純に選べばいいというものではありません。
「証(しょう)」という、いわば体質をはかる「ものさし」のようなものに合わせて選ばなければならず、証が合っていなかったり真逆のものを選んでしまうと本来の効果が現れなかったり、却って消耗したり冷えてしまったりすることもあります。
証には大きく分けて「虚実」と「気・血・水(き・けつ・すい)」という二つのものさしがあります。
証について簡単に説明しますので、ご自身の体質をチェックして漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
これらの証を踏まえて、漢方薬のパッケージに書かれている具体的な症状に囚われず、自分に合った漢方薬を選ぶようにしましょう。

体力や抵抗力の充実度のものさし「虚実」

虚証
・体力がなく弱々しい
・線が細い、華奢
・顔色が悪く、肌も荒れ気味
・声が小さく、か細い
・胃腸が弱く下痢もしやすい
・冷え性、寒がり

実証
・体力充実
・線が太く、がっしり。筋肉質
・血色がよく、肌も張りツヤがある
・声が大きく、太い
・胃腸が強いが便秘気味
・暑がり、のぼせがち

体の不調の原因を探るものさし「気・血・水」

気・血・水は、体の不調の原因を探る際に使われる指標で、これらの要素がうまく循環することで健康に、滞ることで不調が現れると考えられています。
気…気力とか元気とかの言葉にある「気」で、生命エネルギーにようなもの
血…主に血液の巡りを指しますが「栄養を運ぶもの」という意味合いも持ちます
水…体の中の水の巡りを指します。水分の代謝(貯留・排泄)や免疫を司ると考えられています。血液は含まれません

  • 加味逍遙散料エキス錠クラシエ 96錠 [第2類医薬品]

    加味逍遙散料エキス錠クラシエ 96錠 [第2類医薬品]

    2,598(税込)

    < 体力中等度以下 >

    やや虚弱な体質で、下半身は冷えるが上半身がのぼせて灼熱感があるタイプの方に。
    血の巡りを良くして肩こりなどにも効果がありますが、冷えのぼせ、情緒不安定、イライラなどに使われます。

  • 補中益気湯エキス錠クラシエ 48錠 [第2類医薬品]

    補中益気湯エキス錠クラシエ 48錠 [第2類医薬品]

    1,551(税込)

    < 体力虚弱 >

    胃腸が弱く、食べ物がおいしく感じられず食欲がない。疲れやすく気力が出ないタイプの方に。
    中医学で胃腸を司るといわれる「脾(ひ)」に作用して、衰えた胃腸の働きを助け、滅入りがちな気持ちを引き立てます。

  • 「クラシエ」漢方八味地黄丸料エキス錠 96錠(48錠×2袋) [第2類医薬品]

    「クラシエ」漢方八味地黄丸料エキス錠 96錠(48錠×2袋) [第2類医薬品]

    1,760(税込)

    < 体力中等度以下 >

    足腰などの冷えに加え、頻尿や排尿困難などのおしっこの異常があるタイプの方に。
    水分の排泄を司る「腎」に作用して気・血・水の巡りを改善して体を温めます。また、水の滞留による足腰の重だるさも改善します。

あわせて読まれている記事

  • 不眠・イライラ

    不眠・イライラ

    昼夜のリズムが崩れやすかったり精神的ストレスなどにより、不眠や神経症を抱えている人は少なくありません。睡眠補助剤としてドリエルや漢方薬などが発売されていますが、これらは環境の変化やストレスに一時的に対応するものです。入浴でしっかり体を温めるなど、生活習慣の改善も並行して実施しましょう。

  • 季節性うつ病

    季節性うつ病

    夏が終わり秋になり、過ごしやすくなるとともに日が短くなりだす頃。
    なんとなく鬱々として気分が晴れない、落ち込むような感覚になるという方がいます。
    これは決して気のせいなどではなく、季節性感情障害(SAD)という病気からくる症状です。
    季節の変わり目、特に日照時間が短くなる秋や冬に多く見られることから「季節性うつ」「冬季うつ」「ウインター・ブルー」など様々な呼ばれ方があります。(ここでは「季節性うつ病」で統一します)
    季節性うつ病はその名の通り季節によって症状が出る「周期性」と言えるものがあります。
    国や地域によって特徴がありますが、多くの国においては日照時間が短くなる10月~11月に発症し、日照時間が長くなる3月頃に回復する、といった具合で、これを毎年繰り返します。
    その症状の度合いによっては抗うつ剤の使用などの対応が必要なケースもありますが、基本的には生活習慣の注意によって症状の改善・軽減を図ることができます。
    しかし忙しい現代において生活習慣を変えるというのは簡単なことではありません。
    そこで季節性うつ病の治療の一環として、冷え性などの二次的な症状に漢方薬を使ってみるということから始めるのはいかがでしょうか。

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 使い捨てマスクランキング2019!

    使い捨てマスクランキング2019!

    今やマスクの用途はカゼ・花粉対策だけではありません。
    防寒や乾燥予防、妊娠中、すっぴん隠し、おしゃれ用など目的は多様化し、季節を問わず着用されているのを見かけます。
    『使い捨て』ということもあり価格で選ばれる方が多い傾向にありますが、肌にやさしいもの、より新しい機能を取り入れたもの、ビジュアル面に力を入れたものなどさまざまな商品がしのぎを削っています。
    こちらの特集では2018年~2019年度の使い捨てマスクを様々な面からランキング付けしていきます。是非マスク選びの参考にしてください。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    日本の四季に合わせるとそれぞれの季節に合った衣類を長期間保管する必要があり、衣替えというタイミングがやってきます。大切な衣類を長く愛用するためには長期保管中の虫食いや湿気対策など、しっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えコツは、晴れて空気が乾燥した日に行うこと。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。保管時のコツとして防虫剤の配置があります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がることに留意して配置しましょう。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ