あなたのお悩みは?

入浴剤を選びたい

発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

入浴剤にこだわりたい!

まるで温泉に行ったような高濃度炭酸の入浴剤や、100%生薬エキス配合の入浴剤、つかるだけで肌をしっとりすべすべに保ってくれる保湿入浴剤、話題の水素入浴剤など、いつもと違うスペシャルな入浴剤をご紹介します!!

エプソムソルトは、ハリウッドセレブ達が注目している人気の入浴剤です。通常は硫酸マグネシウムと言われているもので、ダイエット目的でも人気の成分です。温浴効果でむくみと疲労をやわらげてくれます。

エプソムソルトの入浴方法

エプソムソルトは、40℃前後のぬるめのお湯に入れるだけ。入浴時間はゆっくりと10~20分程度つかるのがオススメです。体を芯まで温めてくれるので、副交感神経が優位となり、1回の入浴で深いリラックス感が生まれます。見た目が塩ににていることから「ソルト」と呼ばれていますが、塩は含まれていません。

いつもの入浴剤でリラックス!

入浴には、運動後の疲労回復に重要な食事や睡眠を、血流促進などの面でサポートし、より疲労回復を高める効果があります。

私たちのココロとカラダは連動をしているので、カラダがほぐれるとおのずとココロもゆるんできます。つまり、カラダはもちろんココロも癒してくれるのです。

安らぎの魔法とハーブの香り~クナイプ

クナイプはドイツシェアNo.1の入浴剤です。
ドイツのセバスチャン・クナイプ神父が植物や水などの自然の生命力に着目し誕生しました。天然の岩塩とエッセンシャルオイルから生まれるドイツの入浴剤です。

湯船から立ち上る蒸気をゆっくり吸い込めば、エッセンシャルオイルがじんわり体に取り込まれます。お風呂から上がっても、シャワーで洗い流さず、そのままバスタオルで水分を拭き取るようにすると、岩塩の膜が熱の放散を防ぎ、保温効果が長く続きます。

あわせて読まれている記事

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を解消する、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって補うことができますが、だからと言って野菜を摂らなくていいわけではなく、できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌、演説、マイクパフォーマンスなどなど、趣味やお仕事でのどを酷使するという方も少なくありません。普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生したアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ