あなたのお悩みは?

健康な歯を保ちたい

虫歯の放置で細菌により神経まで破壊され、最終的には治療で歯を維持することが困難になり抜歯という結果になってしまいます。
歯を失うことになってもインプラントによって歯を再建することができますが、自分の歯で生きていくことができればそれに越したことはありません。高額な治療費に加え口腔内の手術を伴うため絶対に安全とは言えませんし、施術後もインプラントの状態確認やメンテナンスなども必要になります。
また、歯周病や噛み合わせの問題を放置することは肩こりや頭痛などの原因になったり、不眠や感染症、糖尿病にまでつながっています。
歯科や口腔外科での治療が必要な状態になる前に、歯を失ってしまうようなことになる前に、日ごろのケアで「歯の健康」を保つことができる商品がたくさんあります。
「歯の健康」のトラブルは重大な疾患を招く可能性があることを知り、日頃からオーラルケアをしっかりと行うように心がけることが大切です。

大人も子供も!毎日のフッ素ケアで「バイバイ 虫歯」

虫歯の原因は、歯垢(細菌のかたまり)です。この細菌が食べかすに含まれる糖分をエサとして増殖していき、数時間後に酸を産出し、この酸が歯の表面を溶します。初期であれば、唾液の力で修復がおこなわれ(再石灰化)、元の健康な歯の状態に戻りますが、食生活の乱れ、歯のケアを怠ると修復出来ずに虫歯は悪化します。再石灰化の際にフッ素が豊富にあると歯の修復が促進され虫歯になりにくくなります。フッ素を高濃度に配合した歯磨きや洗口液、ジェルなどで毎日ケアすることで効果的に虫歯を予防することができます。歯にフッ素が過剰沈着するフッ素症を防ぐため、年齢によって適正な濃度や使い方があることに注意しましょう。

ところでフッ素って安全なの?

虫歯を作る菌の酸によって溶かされたり、研磨剤などで傷ついた歯は「再石灰化」という仕組みによって再生されますが、この際にフッ素が必要です。
歯磨きやデンタルリンスなどに含まれているフッ素ですが、虫歯予防の効果があるとはいえ口に入れるものである以上は飲み込んだ場合の影響が気になる人もいらっしゃるでしょう。
フッ素そのものは自然界に多く存在しており、通常の飲食物にも含まれていますので摂取そのものは害にならないのですが、何事も適正な量というものがあり過剰に摂取してはいけません。実はフッ素の過剰摂取により「フッ素症」という、歯に茶色の斑点やシミができる症状が出ることがあります。これは6か月~5歳くらいまでの歯の発生期にフッ素を過剰に摂取すると起こります。
そこでフッ素には適正摂取量が設定されており、歯磨きなどのデンタルケア用品のフッ素は適正量に大きく影響しない範囲になるように決められています。
大人向けの歯磨きとしては1450ppmまでのものが多く販売されています。子供向けの歯磨きジェルなどは500~950ppmほど。洗口液や歯磨き後のジェルは100ppmほどに抑えられています。
フッ素症が軽症であれば審美的な問題だけで済みますが、重症だと歯の性質そのものに関わってくるので注意が必要です。
これもあり、日本では歯磨きなどへのフッ素の配合量と使用年齢を以下のように制限しています。

・歯磨き
フッ素濃度は最大で1500ppmまで。6歳未満は1000ppm以下のものを使うこと。飲み込まず、必ず吐き出してうがいをする。

・洗口液
フッ素濃度は最大で225ppmまで。4歳未満の子供、ブクブクうがいができず飲み込んでしまう可能性がある人は使用できない。使用後は吐き出すだけで良い。

フッ素の虫歯予防効果は明白なので、アイルランドやアメリカの一部などでは水道水に1ppm前後のフッ素を入れて虫歯の予防を行っています。しかしこの方法は虫歯予防の効果そのものとは別の視点で賛否が分かれており、国や自治体で対応が異なっています。

「歯周病」を未然に防ぎましょう

「歯みがきしていると血が出ている…」「なんだか歯ぐきが赤く腫れている」「口臭もきになる」といった症状がもしかしたら歯周病のサインかもしれません。歯肉炎の進行したものが歯周病になり悪化すると歯が抜けてしまいます。歯周病を予防するのに効果的なのは、歯磨きにより歯垢をしっかり落とすことです。また、マッサージするように歯磨きをして血流を促すことも重要です。毎日の歯磨き、口腔ケアを大切にしましょう

知らずにいると大変な「歯肉炎」とは・・・

歯肉炎は、口中の細菌が原因で起こります。口内環境をしっかりと清潔に保てている時は大丈夫ですが、歯磨きが不十分な状態が続くと、菌が歯と歯肉(歯茎)の境目周辺に付着し、増殖。これが歯垢となり、時に歯周病と同じような、歯石ができることも。歯肉の表面に付着した細菌は、歯肉の内部に侵入しようとし防御する際に炎症が起こり、歯肉のみにとどまっている状態が「歯肉炎 」です

「キーン」と鋭い痛みの知覚過敏

知覚過敏の症状で特徴的なのは、痛みが一過性で、冷たい水や摩擦などによって誘発されるということです。また、知覚過敏は歯と歯茎の境目が削れてしまう「くさび状欠損」が見られることも特徴の一つです。何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性も考えられます。

ブラッシングの前のフロスを習慣化しよう

歯と歯の間や歯ぐきの奥の方など、歯ブラシが届きにくい空間は多いものです。実は歯ブラシで取り除けるエリアは50~60%程度と言われていますが、ブラッシング前にフロスを使うことで大幅に除去率が上がります。また、隙間に溜まった歯垢が口臭の原因にもなるため、エチケットの観点からも積極的にフロスを活用していきましょう。

番外編~菌を持って菌を制す、ちょっと変わったデンタルケア~

虫歯、口臭、歯周病…お口の困りごとはだいたい口中の悪玉菌によって引き起こされます。その悪玉菌を除去するためにフロスで歯垢を取り、ブラッシングできれいにし、フッ素を使って再石灰化を促し、洗口液を使って歯周病を予防したりします。ところで、悪玉菌がいるのなら善玉菌もいるのでは?ということで、口の中に善玉菌を補充して悪玉菌を駆逐、口内環境を清潔にして虫歯や歯周病を防ごうという商品がバイオブレスです。
ここで使われているのはL.ロイテリ菌というヒトの母乳由来の乳酸菌の一種です。この菌が1粒当たり1億個配合されていますが口の中に定着するものではないので、継続して使用する必要があります。1か月くらいは毎日、それ以後は2~3日に1度使用する、という具合です。
世界約80の国や地域でL.ロイテリ菌を用いた予防や治療が採用されていることから、一定の安全性と信頼性は確保されていると考えられます。
日本の歯科医院でも販売されていますが、そちらは口内由来で定着するタイプのL.ロイテリ菌も1億個配合(合わせて2億個)おり、より効果的と言われております。
なかなか治らない・繰り返す歯槽膿漏や歯肉の腫れがある人は試してみてはいかがでしょうか?

あわせて読まれている記事

  • コンタクトの不快感

    コンタクトの不快感

    瞳の呼吸を確保するために潤いは必須であり、乾いてしまうと酸欠になった瞳に酸素を運ぶために血管が伸び充血してしまいます。また、乾燥によって角膜がダメージを受けやすくなってしまいます。コンタクトレンズを外している間のアイケアも、ドライアイ予防のために重要です。

  • 健康な歯を保ちたい

    健康な歯を保ちたい

    虫歯の放置で細菌により神経まで破壊され、最終的には治療で歯を維持することが困難になり抜歯という結果になってしまいます。
    歯を失うことになってもインプラントによって歯を再建することができますが、自分の歯で生きていくことができればそれに越したことはありません。高額な治療費に加え口腔内の手術を伴うため絶対に安全とは言えませんし、施術後もインプラントの状態確認やメンテナンスなども必要になります。
    また、歯周病や噛み合わせの問題を放置することは肩こりや頭痛などの原因になったり、不眠や感染症、糖尿病にまでつながっています。
    歯科や口腔外科での治療が必要な状態になる前に、歯を失ってしまうようなことになる前に、日ごろのケアで「歯の健康」を保つことができる商品がたくさんあります。
    「歯の健康」のトラブルは重大な疾患を招く可能性があることを知り、日頃からオーラルケアをしっかりと行うように心がけることが大切です。

  • 口内炎

    口内炎

    口内炎といえばほっぺたの内側にできる痛い痛い白いものを思い浮かべますが、歯ぐきにできる「歯肉炎」、舌にできる「舌炎」、唇の端にできる「口角炎」などなど、口の周りにできる炎症の総称です。
    原因は様々ですが、最も多いのが原因がハッキリしていない「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。また、口の中を噛んでしまったり、入れ歯などが当たって傷んだものを「カタル性口内炎」と呼びます。治療には塗り薬や貼り薬、予防的に内服薬などを用いますが、口の中が痛くなるため食事に与える影響が大きく、素早い対処が必要になります。

  • 口臭

    口臭

    口臭の原因は様々ありますが、主に口の衛生環境と体内の原因物質が血流に乗って呼気中に出てくるものに大別されます。お口のエチケット程度であれば消臭剤などで対応すればいいが、口の場合は歯槽膿漏や虫歯が潜んでいる場合もあり治療が必要なケースもあります。内側からの臭いには胃や他の内臓の疾患が隠れている場合もあるため注意が必要。

  • 毛髪の悩みを解決したい

    毛髪の悩みを解決したい

    壮年性脱毛症には遺伝的要因によるものと環境的要因によるものがあります。リアップシリーズが有効なタイプは遺伝的要因によるもので、頭髪が薄くなってくる部位など効果が期待できる状態が限定されます。一方、環境的要因によって発生する脱毛に有効な医薬品は脱毛のパターンについて限定されず、主に毛根への栄養供給を促進することによって残っている毛髪を抜けにくくし、そして育てます。「発毛剤」(リアップシリーズ)と「育毛剤」の違いに注意が必要です。また、環境的要因の一つとして頭皮の衛生環境もあります。シャンプーを変えることによって頭皮の衛生環境を改善することで栄養や薬剤の浸透が格段に良くなることが期待されます。

  • 疲れ目

    疲れ目

    「疲れ目」と「眼精疲労」は別物です。休憩したり睡眠をとることで回復するのが「疲れ目」、これらが全く回復せず、肩こり・頭痛・吐き気などにエスカレートするのが「眼精疲労」です。目薬や内服などの他、温めたり冷やしたりしてリフレッシュし、早めに回復させましょう。

  • 目のかゆみ

    目のかゆみ

    目のかゆみはアレルギーによるもの(アレルギー性結膜炎)、感染症によるもの、ビタミンB2欠乏による荒れがあります。炎症を伴う場合は冷やすことでかゆみを軽減できることもあります。発熱や極端な充血を伴う場合は医師の指示を仰ぎましょう。

  • 頭痛

    頭痛

    頭痛と言っても様々な症状がありますが、大きく分けて片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種に分類できます。このうち片頭痛と群発頭痛は通常の痛み止めでは対処が難しいため医師の診察と投薬が必要になります。
    市販の痛み止めや漢方薬などで対応できるもののほとんどは緊張型頭痛で、目や肩・首の筋肉の疲れ・緊張が主な原因です。

  • 頭皮の悩み・症状

    頭皮の悩み・症状

    かゆみ、フケ、湿疹、やたら脂っぽい、なんだか臭う…頭皮の悩みは意外と少なくありません。しかも自分では直接見ることができないうえに、毛髪により触って状況を確かめることも簡単ではありません。 症状は様々ですが原因はそれほど多くはなく、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌、それに伴う頭皮の細菌バランスの崩れ、シャンプーや毛染めなどの化学物質との接触による炎症などです。 この中でも細菌のバランスの崩れは厄介で、頭皮にもともと存在してる菌が大量の皮脂で増殖しすぎると「脂漏性湿疹」という疾患になり、程度によっては医療機関で抗真菌薬のローションなどで治療する必要が出てきます。

  • シミをつくりたくない

    シミをつくりたくない

    紫外線にさらされた肌は大きなダメージを受けています。紫外線はしみやシワ、たるみの原因になるため、早期の保湿・美白ケアが必須です。医薬品やサプリメントによって内側からもケアすることで、透明感のある肌を保ちましょう。

  • ボディケア商品を選びたい

    ボディケア商品を選びたい

    うるおいに満ちたきれいな肌を保つだけでなく、ドライスキンで悩まれている方や乾燥しがちな冬のお肌には必須のボディケア商品。
    乾燥をそのままにしておくとお肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌荒れが起きたり炎症やかゆみなどの症状がでてしまうことがあります。
    こちらの特集ではローションやミルク、クリーム、オイルなどの剤形別での使い分け方法と、医薬品の治療用ボディケアをご紹介します。自分の状態にあったぴったりのボディケア商品を探してみましょう。

  • 体臭が気になる

    体臭が気になる

    口臭、加齢臭、汗のニオイ…自分で気づくことが難しく、知らず知らずのうちに周りを戸惑わせてしまう体の臭い。仮に気づいていても抑えることが難しく、とても悩ましい問題です。特に無臭が好まれる日本では敏感に察知されてしまいます。
    時間をかけずにニオイを解決するには、内側から香るサプリメントと外部から香りを付けたりニオイを抑えるデオドラントが有効です。ニオイの原因を解決するには食生活や習慣を継続して見直すなど根気がいりますが、その前に医療機関に相談して皮膚や内臓などの「ニオイの原因」を突き止めましょう。

  • 紫外線から肌を守りたい

    紫外線から肌を守りたい

    紫外線を多く浴びるとしみやシワ、たるみといった肌の老化が進んでしまいます。日差しの強い真夏が紫外線量が一番多いと思われがちですが、実は3月ごろから徐々に強くなり、5月にはピークを迎えるため、春先からの早期対策が必要です。紫外線とは何か?SPF値、PA値とは何か?効果的な日焼け止めの塗り方は?など、紫外線の知識を少しずつ学びながら、ぴったりの日焼け止めを見つけましょう。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ