あなたのお悩みは?

毛髪の悩みを解決したい

壮年性脱毛症には遺伝的要因によるものと環境的要因によるものがあります。リアップシリーズが有効なタイプは遺伝的要因によるもので、頭髪が薄くなってくる部位など効果が期待できる状態が限定されます。一方、環境的要因によって発生する脱毛に有効な医薬品は脱毛のパターンについて限定されず、主に毛根への栄養供給を促進することによって残っている毛髪を抜けにくくし、そして育てます。「発毛剤」(リアップシリーズ)と「育毛剤」の違いに注意が必要です。また、環境的要因の一つとして頭皮の衛生環境もあります。シャンプーを変えることによって頭皮の衛生環境を改善することで栄養や薬剤の浸透が格段に良くなることが期待されます。

リアップシリーズ

国内初の「発毛」剤として発売された"リアップ"から始まったリアップシリーズ。しかし効果があるのは「壮年性脱毛症」のみであり、これに当てはまらないタイプの脱毛症には効果がないので注意が必要です。大正製薬のサイトなどで該当するタイプか確認しましょう。リアップシリーズは原則的に6か月使用して効果が出てきますが、リアップX5だけは4か月で効果が確認できると言われています。いずれにしても長く継続して使用することが肝心です。

その他の育毛剤

リアップシリーズ以外は「育毛剤」と言われます。これらの薬は頭皮環境を整え、血流を改善し、現在残っている毛髪への栄養供給を促して「育てる」ものです。抜けてしまった毛髪を再び生えさせる効果がないという点に注意が必要です。しかしリアップのように効果が期待できる脱毛症のタイプに制限がないので、「髪が細くなった」や「抜け毛が増えてきた」などの症状に効果が期待できます。

頭皮以外の発毛剤・内服薬

眉毛、ヒゲ、その他の体毛まで、毛髪にまつわる悩みは頭部だけにとどまりません。また、円形脱毛症など通常の育毛剤では効果が期待できない脱毛症もあります。頭髪に関しては主に女性ホルモンが使用されますが、頭部以外の発毛や育毛には男性ホルモンが使用されます。頭皮のニキビなどで発毛・育毛剤が使えないという方には頭皮のニキビに効果がある漢方薬を使用して環境を整えてから使用することをお勧めいたします。

男性用シャンプー(髪の健康)

昔は男性用シャンプーというと強力なメントールでスッキリするものが主流でしたが、現在はテレビCMでもよく見られるように髪と頭皮の健康を考えたものが主流になっています。もちろん抜け毛予防を目的としたものが多いのですが、洗浄成分にもこだわった商品が出てくるようになってきています。特徴としてはノンシリコン、石油系界面活性剤(洗浄成分)不使用、天然成分、アミノ酸系洗浄成分などなど多様な商品群となっています。

女性用シャンプー(ボリュームアップ)

髪が細くなったり数が減ってしまうと髪の毛が「ペタン」としてしまったり地肌が見えやすくなるなど、実は男性よりも女性の方が薄毛の悩みは大きいのではないでしょうか。もちろん地肌のケアや育毛剤の使用などで根本から対応するべきなのですが、ボリュームアップ効果があるシャンプーなどを使用することで根元から「立てる」、髪を「太く」してボリューム感を出しましょう。

ノンシリコンシャンプー

髪に艶を出したり手触りを良くするためにシャンプーに含まれているのがシリコン成分ですが、がっちりとしたコーティング剤のようなものなので徐々に毛穴を塞いでしまう欠点があります。これらの成分を含まないものがノンシリコンシャンプーですが、洗い上がりがパサつきやすい欠点もあります。また、洗浄成分に刺激の強い石油系界面活性剤などが使用されていることがあるため、天然成分を使用したものを選ぶことが重要です。

フケ・頭皮ケアシャンプー

洗っても洗っても良くならないフケやかゆみ。こういう時は頭皮のカビが原因かもしれません。このカビを抑える殺菌成分を含んだシャンプーを集めました。このタイプのシャンプーはコラージュシリーズが最初でしたが現在では種類も増え、コラージュシリーズもその商品数を増やしています。以前は殺菌成分を配合しているだけでしたが、現在は髪や地肌をいたわる要素も加わってきています。

育毛トニックなど

その他のシャンプー

頭皮・ヘアケアアイテム

あわせて読まれている記事

  • コンタクトの不快感

    コンタクトの不快感

    瞳の呼吸を確保するために潤いは必須であり、乾いてしまうと酸欠になった瞳に酸素を運ぶために血管が伸び充血してしまいます。また、乾燥によって角膜がダメージを受けやすくなってしまいます。コンタクトレンズを外している間のアイケアも、ドライアイ予防のために重要です。

  • 健康な歯を保ちたい

    健康な歯を保ちたい

    「歯の健康」は・・肩こり、腰痛、頭痛などの一般的な症状から、不眠、感染症、糖尿病、骨粗しょう症、心血管障害など思いがけない病気までが、関連してます。特に歯周病の悪化で食事が偏り、よく噛まず食すことで吸収率が低下し、骨粗しょう症を悪化させたり。歯周病菌がもとで血管細胞を傷つけ、心血管障害を起こしたり。糖尿病を悪化させる要因にもあり、他にも歯周病菌の酵素によって、口内の粘膜が損傷すると、感染症にかかりやすく、肺炎などの呼吸器疾患を引き起こす事もあります。このように、お口のトラブルは、重大な疾患を招く可能性があることを知り、日頃からオーラルケアをしっかりと行うように心がけることが大切です

  • 口内炎

    口内炎

    口内炎といえばほっぺたの内側にできる痛い痛い白いものを思い浮かべますが、歯ぐきにできる「歯肉炎」、舌にできる「舌炎」、唇の端にできる「口角炎」などなど、口の周りにできる炎症の総称です。
    原因は様々ですが、最も多いのが原因がハッキリしていない「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。また、口の中を噛んでしまったり、入れ歯などが当たって傷んだものを「カタル性口内炎」と呼びます。治療には塗り薬や貼り薬、予防的に内服薬などを用いますが、口の中が痛くなるため食事に与える影響が大きく、素早い対処が必要になります。

  • 口臭

    口臭

    口臭の原因は様々ありますが、主に口の衛生環境と体内の原因物質が血流に乗って呼気中に出てくるものに大別されます。お口のエチケット程度であれば消臭剤などで対応すればいいが、口の場合は歯槽膿漏や虫歯が潜んでいる場合もあり治療が必要なケースもあります。内側からの臭いには胃や他の内臓の疾患が隠れている場合もあるため注意が必要。

  • 毛髪の悩みを解決したい

    毛髪の悩みを解決したい

    壮年性脱毛症には遺伝的要因によるものと環境的要因によるものがあります。リアップシリーズが有効なタイプは遺伝的要因によるもので、頭髪が薄くなってくる部位など効果が期待できる状態が限定されます。一方、環境的要因によって発生する脱毛に有効な医薬品は脱毛のパターンについて限定されず、主に毛根への栄養供給を促進することによって残っている毛髪を抜けにくくし、そして育てます。「発毛剤」(リアップシリーズ)と「育毛剤」の違いに注意が必要です。また、環境的要因の一つとして頭皮の衛生環境もあります。シャンプーを変えることによって頭皮の衛生環境を改善することで栄養や薬剤の浸透が格段に良くなることが期待されます。

  • 疲れ目

    疲れ目

    「疲れ目」と「眼精疲労」は別物です。休憩したり睡眠をとることで回復するのが「疲れ目」、これらが全く回復せず、肩こり・頭痛・吐き気などにエスカレートするのが「眼精疲労」です。目薬や内服などの他、温めたり冷やしたりしてリフレッシュし、早めに回復させましょう。

  • 目のかゆみ

    目のかゆみ

    目のかゆみはアレルギーによるもの(アレルギー性結膜炎)、感染症によるもの、ビタミンB2欠乏による荒れがあります。炎症を伴う場合は冷やすことでかゆみを軽減できることもあります。発熱や極端な充血を伴う場合は医師の指示を仰ぎましょう。

  • 頭痛

    頭痛

    頭痛と言っても様々な症状がありますが、大きく分けて片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種に分類できます。このうち片頭痛と群発頭痛は通常の痛み止めでは対処が難しいため医師の診察と投薬が必要になります。
    市販の痛み止めや漢方薬などで対応できるもののほとんどは緊張型頭痛で、目や肩・首の筋肉の疲れ・緊張が主な原因です。

  • 頭皮の悩み・症状

    頭皮の悩み・症状

    かゆみ、フケ、湿疹、やたら脂っぽい、なんだか臭う…頭皮の悩みは意外と少なくありません。しかも自分では直接見ることができないうえに、毛髪により触って状況を確かめることも簡単ではありません。 症状は様々ですが原因はそれほど多くはなく、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌、それに伴う頭皮の細菌バランスの崩れ、シャンプーや毛染めなどの化学物質との接触による炎症などです。 この中でも細菌のバランスの崩れは厄介で、頭皮にもともと存在してる菌が大量の皮脂で増殖しすぎると「脂漏性湿疹」という疾患になり、程度によっては医療機関で抗真菌薬のローションなどで治療する必要が出てきます。

  • やけど・日焼け治療

    やけど・日焼け治療

    やけどには1度~3度までの段階がありますが、2度以上のやけどでは医師による処置や治療が必要になります。一般的な日焼けは1度のやけどに分類されます。やけどの処置はまず冷やすことが鉄則で、最低でも5分以上は流水で冷やしましょう。氷を使う場合は直接当たらないようにタオルで包むなど工夫が必要です。

  • ハンドクリームを選びたい

    ハンドクリームを選びたい

    気温が下がって乾燥が進むと気になってくる「かゆみ」や「赤み」「ひび割れ」などの手荒れ。

    もともと手には皮脂を分泌する皮脂腺がほとんどなく、カラダの他の部分に比べると肌表面の角質層がダメージを受けやすい状態になっています。特に冬場は空気が乾燥している事に加え、皮膚の新陳代謝が低下しているため、さらにバリア機能が弱くなっています。また、水仕事や過剰な手洗いなどがバリア機能を奪う原因となることもあります。

    ハンドクリームは皮脂分を補い手を保護したり、炎症やかゆみを抑えるものもありますので、適切に使うことで症状を予防・改善できます。しっかりとしたハンドケアをおこない、美しい手を目指しましょう。

  • 乾燥肌

    乾燥肌

    乾燥肌といえば秋冬の悩みでしたが、最近は1年を通じて乾燥肌に悩む方が増えています。乾燥肌は、皮脂分泌量の低下により角質の水分含有量が低下している状態です。皮ふの水分は、発汗、皮ふや呼気からの蒸発(不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といいます)で減少し、体の内側または大気中の水分により供給されます。皮ふの保湿は皮脂、天然保湿因子(NMF)によって保たれています。ところがさまざまな要因で保湿バランスが崩れ、わずかな刺激で様々な症状を招きます。

  • 水虫

    水虫

    水虫と言えば革靴を長時間履く機会が多い男性に多いものと見られていましたが、白癬菌そのものは自然界にごく普通に存在し、通気性の悪い環境にあれば性別に関係なく感染・発症します。感染した皮ふと接触することでも感染が広がるので、家族に水虫の方がいる場合は足ふきマットなどは共用しないようにしましょう。外用薬などで症状が治まってきても白癬菌は角質内にとどまっているので、皮ふが完全に入れ替わるまで1カ月以上は根気よく治療を続ける必要があります。

  • 湿疹・虫刺され・汗疹

    湿疹・虫刺され・汗疹

    痒みの薬には非ステロイドのかゆみ止め、ステロイドのかゆみ止め、ステロイドと化のう止めの配合剤に大別されます。傷やジュクジュクしている部分にはステロイド単独では使用できないため注意が必要です。抗真菌薬が必要な湿疹もあるので、なかなか治らない場合は医療機関で相談しましょう。 あせもは原因さえ知ってしまえば予防するのはそんなに難しくありません。やたら薬を塗る前に、少し知っておきましょう。

  • 肌荒れ・ニキビ

    肌荒れ・ニキビ

    ニキビは乾いた皮脂や角質が毛穴にたまることで発生し、アクネ菌が増殖することで赤くなります。治療や予防はアクネ菌に対する殺菌や、皮脂を除去するなど毛穴を清潔に保つことが効果的です。衛生面だけでなく、睡眠不足や過労、便秘などにより肌環境が悪化することで発生しやすくなるとも言われています。清潔にするだけでなく、ビタミン剤や漢方薬なども併用することで治療効果・予防効果の上昇が期待できます。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ