あなたのお悩みは?

頭痛

頭痛と言っても様々な症状がありますが、大きく分けて片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種に分類できます。このうち片頭痛と群発頭痛は通常の痛み止めでは対処が難しいため医師の診察と投薬が必要になります。
市販の痛み止めや漢方薬などで対応できるもののほとんどは緊張型頭痛で、目や肩・首の筋肉の疲れ・緊張が主な原因です。

ロキソプロフェンナトリウム製剤(ロキソニンSなど)

医療用医薬品として1986年に登場したロキソニン、その安全性と効果の高さから、あっという間に痛みどめのシェアを奪いました。発売から約30年が経過した現在でも、ジェネリックを含めて圧倒的なシェアを誇っています。痛み止めとしての効果も高く胃への負担が軽いものの、肝臓への負担があることから一般用医薬品として販売されるまでに時間がかかりましたが、再試験によって問題なしということになり「ロキソニンS」として2011年に一般用医薬品として販売が開始されました。それから5年、各社が様々な特色を持たせてロキソプロフェンを使用した製品を販売し始めました。それぞれの特徴を簡単に説明してご紹介します。

非ピリン系鎮痛剤(イブプロフェン、アセトアミノフェンなど)

痛みの原因物質であるプロスタグランジン(PG)の産生を抑えることで頭痛を抑えるお薬(ロキソニンもここに含まれます)です。このPGは胃粘膜の保護作用を兼ねているため、痛み止めを服用すると少なからず胃に負担がかかります。胃の負担を軽くするために必ず食後に服用しましょう。
吸収を早めて胃粘膜も保護する成分を配合したものや、鎮静成分やカフェインを追加することで頭痛に対する効果を高めたものなど様々なタイプが発売されています。鎮痛成分も近年は増量されてきて、より効果的になってきています。
アスピリンは名前に「ピリン」の文字が入っていますが、ピリン系の鎮痛剤ではありません。

ACE処方って?

頭痛薬のコマーシャルなどでACE(エーシーイー)処方という言葉をよく耳にします。これはアセトアミノフェン(A)、カフェイン(C)、エテンザミド(E)の頭文字を取ったものです。胃の負担は軽いが鎮痛効果が劣るアセトアミノフェンを補助する処方として開発されました。安全性が高く価格も安いため、古典的ながらロキソニンなどが登場した現代でも頻繁に使用されています。

ピリン系鎮痛剤(イソプロピルアンチピリン配合剤)

ピリン系の鎮痛剤というと、効果は高いものの強力な副作用があるイメージを持たれがちですが、市販薬に使用されているピリン系の鎮痛成分はイソプロピルアンチピリンだけで、これはピリン系成分の中でも特に安全性の高いものとなっています。しかしアレルギー体質の人には問題となる傾向があり、その服用には十分注意が必要です。ほとんどの製品がアセトアミノフェンやカフェインとの配合剤となっています。

漢方処方の頭痛薬

漢方薬にも頭痛に対する効能があるものがあります。その数は限られているものの、頭痛の「原因」と薬がしっかり一致すると劇的な効果を発揮します。冷え症や肩こり、むくみ等の症状を併発している人は検討してみる価値があります。体質から大きく外れている場合は効果が出ないばかりか逆効果になってしまうこともあるので、慎重に選びましょう。

鎮痛剤と漢方薬の配合剤

アスピリンやイブプロフェンに、胃の保護や筋肉の緊張の緩和などを目的として漢方薬のエキスを配合したお薬です。漢方薬と組み合わせることで意外な相乗効果が期待できることもあるので、通常の痛み止めで効果が不十分だったり明確な痛みではない「頭重感」などには使ってみる価値があります。

相談薬局で買える頭痛の漢方薬

ドラッグストアなどでは購入できない、漢方薬の相談薬局だけで取り扱われている漢方薬があります。このような漢方薬には頭痛に有効な呉茱萸湯(ごしゅゆとう)や川?茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)、半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などがあります。これらの漢方薬をお客様の症状に応じて選んで販売してくれます。

子ども用の頭痛薬

小児に使える鎮痛剤は安全性の観点からアセトアミノフェンだけと考えてもいいほど限定されています。それにより処方の内容は似通ったものとなっており、剤形や味、添加物などにより差別化されています。お子様が飲みやすいものを選びましょう。

あわせて読まれている記事

  • コンタクトの不快感

    コンタクトの不快感

    瞳の呼吸を確保するために潤いは必須であり、乾いてしまうと酸欠になった瞳に酸素を運ぶために血管が伸び充血してしまいます。また、乾燥によって角膜がダメージを受けやすくなってしまいます。コンタクトレンズを外している間のアイケアも、ドライアイ予防のために重要です。

  • 健康な歯を保ちたい

    健康な歯を保ちたい

    「歯の健康」は・・肩こり、腰痛、頭痛などの一般的な症状から、不眠、感染症、糖尿病、骨粗しょう症、心血管障害など思いがけない病気までが、関連してます。特に歯周病の悪化で食事が偏り、よく噛まず食すことで吸収率が低下し、骨粗しょう症を悪化させたり。歯周病菌がもとで血管細胞を傷つけ、心血管障害を起こしたり。糖尿病を悪化させる要因にもあり、他にも歯周病菌の酵素によって、口内の粘膜が損傷すると、感染症にかかりやすく、肺炎などの呼吸器疾患を引き起こす事もあります。このように、お口のトラブルは、重大な疾患を招く可能性があることを知り、日頃からオーラルケアをしっかりと行うように心がけることが大切です

  • 口内炎

    口内炎

    口内炎といえばほっぺたの内側にできる痛い痛い白いものを思い浮かべますが、歯ぐきにできる「歯肉炎」、舌にできる「舌炎」、唇の端にできる「口角炎」などなど、口の周りにできる炎症の総称です。
    原因は様々ですが、最も多いのが原因がハッキリしていない「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。また、口の中を噛んでしまったり、入れ歯などが当たって傷んだものを「カタル性口内炎」と呼びます。治療には塗り薬や貼り薬、予防的に内服薬などを用いますが、口の中が痛くなるため食事に与える影響が大きく、素早い対処が必要になります。

  • 口臭

    口臭

    口臭の原因は様々ありますが、主に口の衛生環境と体内の原因物質が血流に乗って呼気中に出てくるものに大別されます。お口のエチケット程度であれば消臭剤などで対応すればいいが、口の場合は歯槽膿漏や虫歯が潜んでいる場合もあり治療が必要なケースもあります。内側からの臭いには胃や他の内臓の疾患が隠れている場合もあるため注意が必要。

  • 毛髪の悩みを解決したい

    毛髪の悩みを解決したい

    壮年性脱毛症には遺伝的要因によるものと環境的要因によるものがあります。リアップシリーズが有効なタイプは遺伝的要因によるもので、頭髪が薄くなってくる部位など効果が期待できる状態が限定されます。一方、環境的要因によって発生する脱毛に有効な医薬品は脱毛のパターンについて限定されず、主に毛根への栄養供給を促進することによって残っている毛髪を抜けにくくし、そして育てます。「発毛剤」(リアップシリーズ)と「育毛剤」の違いに注意が必要です。また、環境的要因の一つとして頭皮の衛生環境もあります。シャンプーを変えることによって頭皮の衛生環境を改善することで栄養や薬剤の浸透が格段に良くなることが期待されます。

  • 疲れ目

    疲れ目

    「疲れ目」と「眼精疲労」は別物です。休憩したり睡眠をとることで回復するのが「疲れ目」、これらが全く回復せず、肩こり・頭痛・吐き気などにエスカレートするのが「眼精疲労」です。目薬や内服などの他、温めたり冷やしたりしてリフレッシュし、早めに回復させましょう。

  • 目のかゆみ

    目のかゆみ

    目のかゆみはアレルギーによるもの(アレルギー性結膜炎)、感染症によるもの、ビタミンB2欠乏による荒れがあります。炎症を伴う場合は冷やすことでかゆみを軽減できることもあります。発熱や極端な充血を伴う場合は医師の指示を仰ぎましょう。

  • 頭痛

    頭痛

    頭痛と言っても様々な症状がありますが、大きく分けて片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種に分類できます。このうち片頭痛と群発頭痛は通常の痛み止めでは対処が難しいため医師の診察と投薬が必要になります。
    市販の痛み止めや漢方薬などで対応できるもののほとんどは緊張型頭痛で、目や肩・首の筋肉の疲れ・緊張が主な原因です。

  • 頭皮の悩み・症状

    頭皮の悩み・症状

    かゆみ、フケ、湿疹、やたら脂っぽい、なんだか臭う…頭皮の悩みは意外と少なくありません。しかも自分では直接見ることができないうえに、毛髪により触って状況を確かめることも簡単ではありません。 症状は様々ですが原因はそれほど多くはなく、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌、それに伴う頭皮の細菌バランスの崩れ、シャンプーや毛染めなどの化学物質との接触による炎症などです。 この中でも細菌のバランスの崩れは厄介で、頭皮にもともと存在してる菌が大量の皮脂で増殖しすぎると「脂漏性湿疹」という疾患になり、程度によっては医療機関で抗真菌薬のローションなどで治療する必要が出てきます。

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌、演説、マイクパフォーマンスなどなど、趣味やお仕事でのどを酷使するという方も少なくありません。普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生したアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ