あなたのお悩みは?

殺虫剤を効果的に使いたい

殺虫剤に良く使われている成分はピレスロイド系、有機リン系、カーバメート系と分かれています。いずれも害虫の皮膚や口から入り、神経に作用しマヒさせて虫を退治します。使用する際の注意として、昆虫や魚類、観葉植物などは部屋の外に出すか、水槽など動かせない場合はエアーポンプを止めて水槽にカバーをして使用するようにしてください。

蚊よ!さらば!

近年デング熱の報道で危険視されている蚊ですが、刺されないためには、蚊のいそうなところに近寄らないのが一番です。また、当たり前ですが蚊の発生源となる水たまりを作らないことも大事です。ことさら嫌われる虫よけ成分(ディート)ですが、効き目の強さと持続性は成分の濃度に比例します。虫よけ成分ディートを12%配合できるのは「医薬品」のみです。

ハエ・コバエにバイバイ

ハエが好きなところ、卵を生みつける場所をなくすことがハエ退治の第一歩といえます。食べ残しをすぐ始末したり、生ごみを出すときにゴミ袋をしっかり結ぶなどいつも清潔な環境がハエは苦手です。また、ハエ・蚊の発生を根本から防止する目的で、ハエ・蚊の発生源に散布してうじ(ハエの幼虫) ・ボウフラ(蚊の幼虫)を駆除する液剤などもあります。

いざ!ゴキブリ退治!

夜が大好きなゴキブリですが、かくれ家となるのはガスコンロの裏、湯わかし器、冷蔵庫の後ろなど暖かくて暗い所です。また、流しやお風呂の排水口に、食べ物のカスや髪の毛がつまっていると、それもゴキブリを寄せ付けてしまいます。良く知られている「くん煙剤」は部屋の隅にかくれたゴキブリ、ダニなどの害虫にも効果を発揮してくれます。

その他、不快害虫対策

蚊にさされてしまったら。。。

かゆみとは、かゆみの神経が刺激されることによって起こります。蚊に刺された場合は、蚊の唾液が抗原となって体の中にある抗体と反応し、即時型のアレルギー反応を起こします。かゆみを鎮めるにはムヒ等の抗ヒスタミン成分を配合した外用剤(抗ヒスタミン剤)、炎症を伴う場合にはムヒアルファ等ステロイド配合の外用剤がオススメです。

あわせて読まれている記事

  •  熱中症を予防したい

    熱中症を予防したい

    熱中症とは、高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、体内の調整機能がうまく働かないことによる障害のことをいいます。近年、家庭で発生する高齢者の熱中症が増えており、高齢者では住宅での発生が半数を超えています。熱中症を予防するには「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。一度に摂取するのではなく、こまめな水分・塩分(ナトリウムなどのミネラル)の補給を心がけましょう。

  • 使い捨てマスクランキング2019!

    使い捨てマスクランキング2019!

    今やマスクの用途はカゼ・花粉対策だけではありません。
    防寒や乾燥予防、妊娠中、すっぴん隠し、おしゃれ用など目的は多様化し、季節を問わず着用されているのを見かけます。
    『使い捨て』ということもあり価格で選ばれる方が多い傾向にありますが、肌にやさしいもの、より新しい機能を取り入れたもの、ビジュアル面に力を入れたものなどさまざまな商品がしのぎを削っています。
    こちらの特集では2018年~2019年度の使い捨てマスクを様々な面からランキング付けしていきます。是非マスク選びの参考にしてください。

  • 花粉症をラクにしたい

    花粉症をラクにしたい

    花粉症の代表的な原因としてスギ花粉があげられます。ここ数年は少ない年でも人間の感受性の上限ほどの量が飛散しており、量が多い少ないというのは症状の重さとは関係なくなってきています。
    花粉症は早期からの準備によってその症状をかなり軽減することができます。症状が出る前からの準備として、内服・点眼・点鼻薬を1月下旬から始めておくと効果的と言われています。症状が出始めたらお薬は継続しつつ、マスクやゴーグルなどで物理的に花粉の侵入を防ぎましょう。

  • 虫よけを効果的に使いたい

    虫よけを効果的に使いたい

    気温が高くなると増えてくる、不快な害虫たち。蚊に刺されると強烈なかゆみと腫れに襲われますが、それだけにとどまらず、病原体を運んできてしまうことがあります。近年、そういった事例も増えており、その被害も無視できなくなってきたため、効果の高い虫よけの開発が急ピッチで進められてきました。2017年もマダニによって媒介される『ダニ媒介脳炎』によって死者が出ています。虫よけをうまく活用し、自分自身を害虫から守りましょう。
    虫よけには様々なタイプがありますが、ムラなく塗り広げること、こまめに塗りなおすことが重要なポイントです。

  • 衣替えのコツが知りたい

    衣替えのコツが知りたい

    大切な衣類を長く愛用するためには虫食いや湿気対策などしっかりとお手入れをすることが大切です。衣替えは晴れて空気が乾燥した日に行いましょう。湿気が多い日に行うと、カビの原因になることがあります。防虫剤の成分は空気より重いので、上から下に広がります。

  • 殺虫剤を効果的に使いたい

    殺虫剤を効果的に使いたい

    殺虫剤に良く使われている成分はピレスロイド系、有機リン系、カーバメート系と分かれています。いずれも害虫の皮膚や口から入り、神経に作用しマヒさせて虫を退治します。使用する際の注意として、昆虫や魚類、観葉植物などは部屋の外に出すか、水槽など動かせない場合はエアーポンプを止めて水槽にカバーをして使用するようにしてください。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ