あなたのお悩みは?

血糖値が気になる

糖質はブトウ糖としてカラダ中へ運ばれます。健康な方でも食後には血糖値は上がり、食後2時間程度で血糖値は正常値に下がります。糖尿病になる前の段階の方(糖尿病予備軍・隠れ糖尿病)は、食後上昇した血糖値が下がりにくくなります。このような高血糖の状態が続くことで糖尿病や、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、食後の血糖上昇を緩やかにすることが大切です。

血糖値が気になる方に。オススメの特定保健用食品(トクホ)

食後の血糖値の上昇をおだやかにしてくれる特定保健用食品が出ています。持ち運びに便利なスティックタイプや、毎日続けやすい飲料タイプ。糖分だけでなく、脂肪の吸収も抑えるハイブリットタイプも出ています。気になる血糖値もこういったもので管理していくことが大事になります。

血糖値が上昇しやすい食べ物

一番血糖値が上がりやすい食べ物としては、すぐエネルギーになるごはんやパン、砂糖などの炭水化物と言われています。ついでたんぱく質の多い、肉類や魚介類、卵、乳製品など、そして油の多い食品が続きます。

調味料で糖質コントロール!

糖質をコントロールするには、食事療法で糖質や脂質の摂取量を抑えることが必要ですが、料理などで使用する砂糖を工夫することで、食後の血糖値上昇を緩やかにすることができます。食後高血糖を減らすためには、まずは糖質の種類を選ぶことが重要なポイントとなりますが、小腸で消化・吸収されにくい糖を選ぶことが大切です。このようなものとして、最近は希少糖なども注目されています。

血糖値が上がりにくい低GI(ジーアイ)食品

血糖値の上がり具合を示すGIという指標が、最近、重要視されてきています。GI値が高いほど食後の血糖値が上がりやすく、インスリンも過剰に分泌されエネルギーとして使いきれなかった糖質が脂肪等として貯蔵され、太る原因になるとされています。逆にGI値が低い食品では、糖がおだやかに取り込まれ、血糖値の上昇もゆるやかになるためインスリンが適正に分泌され、太りにくくなります。

GI値とは

GI(グリセミックインデックス)は食品に含まれる糖質の吸収度合いを示すものです。GI値が低いほど糖質の吸収がおだやかです。高GI食品を食べると、糖質の吸収が急激になるため体に大きな負担をかけます。それに対して低GI食品は糖質の吸収がおだやかで太りにくいと言われています。

肥満予防にオススメ

実は糖尿病はメタボリックシンドロームと密接な関わりがあります。インスリンの作用が正常に働くようにするには、食べ過ぎに注意し、肥満にならないようにすることが重要になります。最近では、日頃の食事の糖質を控えて血糖値の上昇を抑える(=インスリンの過剰分泌を防ぐ)糖質オフダイエットが流行っています。

気になる数値をはかりましょう

食後の血糖値は誰でも上がるものですが、この数値が180㎎/dlを超えると腎臓で再吸収しきれず尿に糖が出てきます。尿糖測定はこの尿に出た糖を検出します。血糖値測定に比べ、排尿から排尿までの血糖値の動きを反映するため、「食後高血糖」が見つけやすいといえます。尿糖測定は低コストで行えるので、糖尿病予備軍の方の食事管理に気軽に利用できます。

その他、血糖値関連品

あわせて読まれている記事

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を解消する、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって補うことができますが、だからと言って野菜を摂らなくていいわけではなく、できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

  • 血糖値が気になる

    血糖値が気になる

    糖質はブトウ糖としてカラダ中へ運ばれます。健康な方でも食後には血糖値は上がり、食後2時間程度で血糖値は正常値に下がります。糖尿病になる前の段階の方(糖尿病予備軍・隠れ糖尿病)は、食後上昇した血糖値が下がりにくくなります。このような高血糖の状態が続くことで糖尿病や、動脈硬化を引き起こす危険もありますので、食後の血糖上昇を緩やかにすることが大切です。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ