あなたのお悩みは?

漂白剤の使い方が知りたい

漂白剤は、化学反応によって「シミや汚れを分解」します。
食べこぼしなどのシミに含まれる色素や、時間がたって変質したり、繊維の奥まで入り込んで落ちにくくなった皮脂などの汚れを分解して、落ちやすくします。主なものに塩素系と酸素系があります。

洗剤と一緒に使う液体漂白剤(酸素系)

洗濯用洗剤と「一緒に」使うのがポイントです。
洗濯する前にシミや汚れにつけてからふつうにお洗濯してください。酸素系漂白剤の成分は過酸化水素や過炭酸ナトリウムです。染料を脱色しないので、白物にはもちろん色柄物にも使用することができます。酸素系の漂白剤には、液体と粉末の2種類があります。

単体で使える粉末漂白剤(酸素系)

洗剤なしでも使用できます。
水洗いできる白物・色柄物(綿・麻・化学繊維)に使えますが、毛や絹には使用できません。つけおきでしっかり漂白できるのが特徴です。衣類に直接振りかけず、よく溶かしてからお使いください。

過炭酸ナトリウムとは

過炭酸ナトリウムは、水に溶けると過酸化水素と炭酸ソーダに分解します。この分解により酸素が発生し、酸素のパワーで漂白効果が現れる物質です。有害ガスなどの発生もありません。

白物だけに使える漂白剤

漂白力が強く、染料まで脱色してしまうことから白物にしか使えない漂白剤です。主に強アルカリ性のものと塩素系漂白剤に分けられます。
強いアルカリ性のものは綿・麻・ポリエステル・アクリル素材だけに使えます。
塩素系漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムを主成分とし、色柄物や一部の繊維には使用できません。

還元系漂白剤とは

鉄分は酸化すると黄褐色に着色しますが、還元系漂白剤はそれを元にもどす働きがあります。ただし白物衣料以外には使用できませんのでご注意ください。40度くらいのお湯に溶かして使う粉末タイプです。

エリ・そで汚れには直接アタック!!

漂白剤、通常の洗剤やつけ置きと違い、汚れた部分に直接かけるタイプの漂白剤と漂白成分入りの洗剤です。
エリやソデ口などの皮脂汚れ、ソックスなどのドロ汚れなど汚れのひどい部分にはエリ・ソデ用や泥用の部分洗い剤を、食べこぼしなどのシミにはシミ用の部分洗い剤や漂白剤を塗ってから洗濯します。

あわせて読まれている記事

  •  フローリングのお手入れ

    フローリングのお手入れ

    パッと見て汚れも目立たないし、濡れたらその都度拭いてるし。。。。大事なフローリングをほっておいてはいませんか?
    気づくとあるあるフローリングの細かなキズ。実はフローリングはとってもデリケート。掃除機をよく使う方や、子供やペットのいる方は特に注意です。

  • お掃除用品を選びたい

    お掃除用品を選びたい

    普段、なにげなく使っている洗剤。
    実は掃除をする場所や汚れの程度に対して、適切な洗剤・用具を使用することで、「より楽に」「よりキレイに」掃除することもできます。キッチン、お部屋、トイレ、お風呂など、それぞれにおすすめの洗剤・用具をセレクトしました。

  • お肌にやさしい洗剤選び

    お肌にやさしい洗剤選び

    洗剤には様々な種類があります。毎日使うものだから安心できるものを選びたい。無添加、無香料など、品質にこだわりのある洗剤を集めました。
    一般に洗剤といっても、洗浄の主な作用が界面活性剤によるものを「洗剤」と呼び、それ以外の酸やアルカリ、酸化剤の化学作用によるものを「洗浄剤」として分けています。また、界面活性剤のうち、純石けん分以外の割合が、30%(台所用では40%)以上を「合成洗剤」と呼びます。

  • ダニ

    ダニ

    ダニによる健康被害の原因はダニ本体だけでなく死がいやフンで、これらが空気中に飛び散ることで気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。ヒョウダニの大きさは1mm以下で、肉眼で発見することは困難です。温度20度から30度、湿度70%から90%、エサ(フケ・アカ・カビ)などの条件が揃うと一気に繁殖します。

  • 漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤は、化学反応によって「シミや汚れを分解」します。
    食べこぼしなどのシミに含まれる色素や、時間がたって変質したり、繊維の奥まで入り込んで落ちにくくなった皮脂などの汚れを分解して、落ちやすくします。主なものに塩素系と酸素系があります。

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌、演説、マイクパフォーマンスなどなど、趣味やお仕事でのどを酷使するという方も少なくありません。普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生したアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ