あなたのお悩みは?

ダニ

ダニによる健康被害の原因はダニ本体だけでなく死がいやフンで、これらが空気中に飛び散ることで気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。ヒョウダニの大きさは1mm以下で、肉眼で発見することは困難です。温度20度から30度、湿度70%から90%、エサ(フケ・アカ・カビ)などの条件が揃うと一気に繁殖します。

お部屋まるごとダニ退治!

室内は、くん煙剤によるダニ退治が効果的です。殺虫成分が部屋のすみずみまで行きわたり、畳やカーペットなどに潜んでいる、見つけにくいダニを一度に退治できます。お使いの際は、各部屋に1個配置し、全部屋一斉の駆除をおすすめします。処理後は、掃除機でのお掃除がさらに効果的です。

準備していただくこと

使用するくん煙剤によって違いはありますが、原則的にパソコンなどの精密機器にはカバーをかけたり、飲食物、衣類、お子様のおもちゃなどはポリ袋に入れて薬剤が侵入・付着しないようにする必要があります。火災報知器は、ポリ袋などをかぶせ、観葉植物類は、部屋の外に出す等、事前に準備が必要になります。また、ご使用後は、2時間以上経過してから入室するようにしてください。

簡単お手軽ダニ退治!

くん煙剤は準備が大変。お部屋まるごと退治ではなくて、部分部分を簡単にささっと駆除したい。そんな要望に応えた商品も出ています。

退治したらダニをよせつけない!

ダニを駆除したら、ダニの増殖を防ぎましょう。こちらの商品は殺虫成分を使用せず、ダニの嫌がる匂いで追い出し、よせ付けない効果でダニを元から減らします。商品もスプレーや置くだけの手軽なものまで、さまざまなタイプが販売されています。

高濃度ディートでダニを寄せ付けない!

ダニの強いかゆみに効果で選ぶ医薬品

PVA(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)を主成分としたかゆみ止めを集めました。PVA以外の成分が違うことでかゆみを抑えるまでの早さなどが変わります。分かりやすく比較してみました。

室内環境に気を配ることが大切

晴天日には、布団を干したり、窓を開けて風通しをよくしましょう。また、ダニ駆除後の掃除で、ダニのふんや死がいをまとめて除去するのが効果的です。窓や壁に結露はダニのエサとなるカビの発生源になるので、見つけたら除去するようにしましょう。掃除はこまめに行い、温度や湿度にも気を配ることが重要になります。

あわせて読まれている記事

  •  フローリングのお手入れ

    フローリングのお手入れ

    パッと見て汚れも目立たないし、濡れたらその都度拭いてるし。。。。大事なフローリングをほっておいてはいませんか?
    気づくとあるあるフローリングの細かなキズ。実はフローリングはとってもデリケート。掃除機をよく使う方や、子供やペットのいる方は特に注意です。

  • お掃除用品を選びたい

    お掃除用品を選びたい

    普段、なにげなく使っている洗剤。
    実は掃除をする場所や汚れの程度に対して、適切な洗剤・用具を使用することで、「より楽に」「よりキレイに」掃除することもできます。キッチン、お部屋、トイレ、お風呂など、それぞれにおすすめの洗剤・用具をセレクトしました。

  • お肌にやさしい洗剤選び

    お肌にやさしい洗剤選び

    洗剤には様々な種類があります。毎日使うものだから安心できるものを選びたい。無添加、無香料など、品質にこだわりのある洗剤を集めました。
    一般に洗剤といっても、洗浄の主な作用が界面活性剤によるものを「洗剤」と呼び、それ以外の酸やアルカリ、酸化剤の化学作用によるものを「洗浄剤」として分けています。また、界面活性剤のうち、純石けん分以外の割合が、30%(台所用では40%)以上を「合成洗剤」と呼びます。

  • ダニ

    ダニ

    ダニによる健康被害の原因はダニ本体だけでなく死がいやフンで、これらが空気中に飛び散ることで気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。ヒョウダニの大きさは1mm以下で、肉眼で発見することは困難です。温度20度から30度、湿度70%から90%、エサ(フケ・アカ・カビ)などの条件が揃うと一気に繁殖します。

  • 漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤は、化学反応によって「シミや汚れを分解」します。
    食べこぼしなどのシミに含まれる色素や、時間がたって変質したり、繊維の奥まで入り込んで落ちにくくなった皮脂などの汚れを分解して、落ちやすくします。主なものに塩素系と酸素系があります。

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を解消する、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって補うことができますが、だからと言って野菜を摂らなくていいわけではなく、できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ