あなたのお悩みは?

お肌にやさしい洗剤選び

洗剤には様々な種類があります。毎日使うものだから安心できるものを選びたい。無添加、無香料など、品質にこだわりのある洗剤を集めました。
一般に洗剤といっても、洗浄の主な作用が界面活性剤によるものを「洗剤」と呼び、それ以外の酸やアルカリ、酸化剤の化学作用によるものを「洗浄剤」として分けています。また、界面活性剤のうち、純石けん分以外の割合が、30%(台所用では40%)以上を「合成洗剤」と呼びます。

無添加せんたく用洗剤

純粋に石けん成分だけで作られた洗剤です。お肌に触れるものだから、無添加、無香料のものを選ぶ方が増えています。
無添加の商品には「保存料無添加」というように「~無添加」という表記があります。「~」の部分から判断しましょう。また、無添加の表記があっても、肌トラブル(湿疹、赤み)などの原因になることもあるので、ご家族みんなのお肌に合う洗剤を選ぶことも重要になります。

肌にやさしい食器洗い用洗剤

無添加は食器が滑りやすい??石けんだけでなく、水に溶けた界面活性剤には、接している物に吸着する性質があります。水で濡れた手に界面活性剤がつくと、この性質によって、指と食器の表面の抵抗が減り多少すべりやすくなります。合成洗剤にくらべ石けんの方がすべるように感じるのは、界面活性剤濃度や酸性、アルカリ性などの違いによります。

その他、やさしい洗剤

アラウシリーズ、ミヨシシリーズ、シャボン玉シリーズ等々、お肌にやさしい洗剤はたくさんのシリーズが出ています。用途によって使い分けをしたり、ご家族みんなの肌に合う洗剤を見つけてみてください。昔ながらの石鹸、ウタマロシリーズは幼稚園や小学校など、様々な場所で使用されています。

あわせて読まれている記事

  •  フローリングのお手入れ

    フローリングのお手入れ

    パッと見て汚れも目立たないし、濡れたらその都度拭いてるし。。。。大事なフローリングをほっておいてはいませんか?
    気づくとあるあるフローリングの細かなキズ。実はフローリングはとってもデリケート。掃除機をよく使う方や、子供やペットのいる方は特に注意です。

  • お掃除用品を選びたい

    お掃除用品を選びたい

    普段、なにげなく使っている洗剤。
    実は掃除をする場所や汚れの程度に対して、適切な洗剤・用具を使用することで、「より楽に」「よりキレイに」掃除することもできます。キッチン、お部屋、トイレ、お風呂など、それぞれにおすすめの洗剤・用具をセレクトしました。

  • お肌にやさしい洗剤選び

    お肌にやさしい洗剤選び

    洗剤には様々な種類があります。毎日使うものだから安心できるものを選びたい。無添加、無香料など、品質にこだわりのある洗剤を集めました。
    一般に洗剤といっても、洗浄の主な作用が界面活性剤によるものを「洗剤」と呼び、それ以外の酸やアルカリ、酸化剤の化学作用によるものを「洗浄剤」として分けています。また、界面活性剤のうち、純石けん分以外の割合が、30%(台所用では40%)以上を「合成洗剤」と呼びます。

  • ダニ

    ダニ

    ダニによる健康被害の原因はダニ本体だけでなく死がいやフンで、これらが空気中に飛び散ることで気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こします。ヒョウダニの大きさは1mm以下で、肉眼で発見することは困難です。温度20度から30度、湿度70%から90%、エサ(フケ・アカ・カビ)などの条件が揃うと一気に繁殖します。

  • 漂白剤の使い方が知りたい

    漂白剤の使い方が知りたい

    洗濯しても簡単に落ちてくれない食べこぼしのシミや時間が経って変色した汗ジミ。そんな時に使う漂白剤ですが、漂白剤は化学反応によってシミや汚れを分解します。
    漂白剤には大きく分けて塩素系と酸素系の二つのタイプがあり、それぞれに適した衣類や使い方があります。
    ネットでは酵素系という言葉も見られますが、酸素系と混同している情報が多く注意が必要です。
    そんな漂白剤をタイプ別、目的別に整理して商品をご案内します。
    目的に合った漂白剤を選んで、色落ちや繊維の傷みを起こさないようにしっかりと汚れを落としましょう。

  • タバコをやめたい

    タバコをやめたい

    パッチとガムはタバコの代わりにニコチンを摂取することにより禁断症状を抑えて禁煙を補助します。禁煙開始時の1日のタバコの本数が少ない場合はガムのほうが禁煙に成功しやすいと言われています。ニコチンを補充するため、ガムやパッチを使用している間はタバコを吸うことはできません。
    市販のニコチン製剤を使う以外にも、健康保険の適用を受けることができる禁煙外来を使うこともできます。こちらは医師の指導・管理の下で内服薬なども使用してニコチン依存症を治療します。禁煙外来による治療はパッチやガムなどのニコチン置換療法よりも禁煙成功率が高く、どうしても禁煙に成功しない場合は医療機関で相談するようにしましょう。
    また、タバコを吸うことでかなりのビタミンCが破壊され、皮ふのシミやシワが増え肌色を悪くします。

  • 健康診断の数値が気になる

    健康診断の数値が気になる

    現在の身体の状態を把握し、生活習慣病の予防や早期発見のために、毎年の健康診断は欠かせません。
    生活習慣病は病状が進行して初めて症状がでるものがほとんどですので、定期的な検査によって自身の身体変化を認識し、予防する必要があります。早期であれば、偏った食事や運動不足などのライフスタイルを改善することで、病状が軽快する場合があります。
    検査数値をそのままにし、病状の悪化によって医師による治療が必要になってしまう前に、自分自身で気になる数値をコントロールしましょう。

  • 入浴剤を選びたい

    入浴剤を選びたい

    発汗作用のある入浴剤やリラクゼーション効果の高いアロマオイル配合タイプなど、心身ともに1日の疲れにおすすめの入浴剤をチョイス!

    長時間入浴すると皮脂がはがれ落ちて皮膚のバリア機能が低下してしまいます。ぬるめのお湯で10~20分程度の入浴がおすすめです。

  • 野菜不足が気になる

    野菜不足が気になる

    厚生労働省が提唱する「健康日本21」では、野菜は1日に350g以上とることを理想としています。野菜を摂るように意識していても、目標量を摂取することは難しく、慢性的に野菜不足の方が増えているのが現状です。野菜が足りていないと、ビタミンやミネラル、食物繊維の不足により体調不良や免疫力低下、生活習慣病を招くことがあります。この特集では栄養不足を補う、栄養素が豊富な健康食品を紹介します。足りない栄養素はこれらによって多少補うことが可能ですが、野菜を摂らなくていいわけではありません。できるだけ普段の食事から野菜の栄養素、食物繊維などを摂れるように野菜中心の生活を心がけましょう。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ