あなたのお悩みは?

体臭が気になる

口臭、加齢臭、汗のニオイ…自分で気づくことが難しく、知らず知らずのうちに周りを戸惑わせてしまう体の臭い。仮に気づいていても抑えることが難しく、とても悩ましい問題です。特に無臭が好まれる日本では敏感に察知されてしまいます。
時間をかけずにニオイを解決するには、内側から香るサプリメントと外部から香りを付けたりニオイを抑えるデオドラントが有効です。ニオイの原因を解決するには食生活や習慣を継続して見直すなど根気がいりますが、その前に医療機関に相談して皮膚や内臓などの「ニオイの原因」を突き止めましょう。

体臭対策サプリメント

体臭の原因にはストレスや疲れ、病気が原因の体臭もありますが、それを除けばサプリメントで大抵は消えますのでニオイのもとを絶ちたければサプリを使うのがおすすめ!ただし、サプリを飲んだからといって安心するのではなく、出来れば活性酸素の発生を促進するような行動は控えましょう。具体的には喫煙やアブラっぽい食事、ストレスを貯めることなどですね。

汗ばむ季節の対策

春から夏にかけて、汗をかくことが多くなってきますよね。この季節、汗をかく前のケアも大切。制汗・デオドラント剤で汗を抑えて、ベタベタやニオイを上手に防ぎましょう。特に、かいた汗が乾きにくいわきの下などは、念入りにチェックを!

加齢臭対策

中高年男性から漂う独特の体臭が「加齢臭」。男性だけのものと思われがちですが女性にとっても他人事ではなく、女性ホルモンが減少し始める40代から出てくる方が増えてきます。加齢臭の原因物質は男女ともに「ノネナール」という皮脂由来の物質。頭、ワキ、陰部、耳の後ろ、胸や背中にかけて皮脂腺が多く存在するので、加齢臭用せっけんなど、消臭・殺菌作用にすぐれた専用の石鹸を使用して皮脂ケアをしましょう!

衣類の加齢臭対策

体臭や加齢臭のニオイ分子は衣類に蓄積されるもの!そういう意味で他人に自分の加齢臭を感じさせないためには衣類の加齢臭対策は必須事項です。

ミドル脂臭対策

ミドル脂臭は30~45歳ぐらいにピークになる強烈な体臭で、加齢臭の原因物質よりも空気中に広がりやすい特性を持っています。ミドル脂臭が出るのは後頭部から首の後ろ周辺で、自分では気づきにくいので早めのケアで防ぎましょう。ミドル脂臭には「フラボノイド」を含有したカンゾウやケイヒなどの植物エキスが有効なことがわかっており、マンダムからルシードブランドで販売されています。

その他の体臭対策

あわせて読まれている記事

  • シミをつくりたくない

    シミをつくりたくない

    紫外線にさらされた肌は大きなダメージを受けています。紫外線はしみやシワ、たるみの原因になるため、早期の保湿・美白ケアが必須です。医薬品やサプリメントによって内側からもケアすることで、透明感のある肌を保ちましょう。

  • ボディケア商品を選びたい

    ボディケア商品を選びたい

    うるおいに満ちたきれいな肌を保つだけでなく、ドライスキンで悩まれている方や乾燥しがちな冬のお肌には必須のボディケア商品。
    乾燥をそのままにしておくとお肌のバリア機能が低下し、少しの刺激でも肌荒れが起きたり炎症やかゆみなどの症状がでてしまうことがあります。
    こちらの特集ではローションやミルク、クリーム、オイルなどの剤形別での使い分け方法と、医薬品の治療用ボディケアをご紹介します。自分の状態にあったぴったりのボディケア商品を探してみましょう。

  • 体臭が気になる

    体臭が気になる

    口臭、加齢臭、汗のニオイ…自分で気づくことが難しく、知らず知らずのうちに周りを戸惑わせてしまう体の臭い。仮に気づいていても抑えることが難しく、とても悩ましい問題です。特に無臭が好まれる日本では敏感に察知されてしまいます。
    時間をかけずにニオイを解決するには、内側から香るサプリメントと外部から香りを付けたりニオイを抑えるデオドラントが有効です。ニオイの原因を解決するには食生活や習慣を継続して見直すなど根気がいりますが、その前に医療機関に相談して皮膚や内臓などの「ニオイの原因」を突き止めましょう。

  • 紫外線から肌を守りたい

    紫外線から肌を守りたい

    紫外線を多く浴びるとしみやシワ、たるみといった肌の老化が進んでしまいます。日差しの強い真夏が紫外線量が一番多いと思われがちですが、実は3月ごろから徐々に強くなり、5月にはピークを迎えるため、春先からの早期対策が必要です。紫外線とは何か?SPF値、PA値とは何か?効果的な日焼け止めの塗り方は?など、紫外線の知識を少しずつ学びながら、ぴったりの日焼け止めを見つけましょう。

  • のどのケアをしたい

    のどのケアをしたい

    歌、演説、マイクパフォーマンスなどなど、趣味やお仕事でのどを酷使するという方も少なくありません。普段からのケアはもちろん、使いすぎて調子が落ちてしまった時に素早く回復させなければ、そのパフォーマンスに支障が出てしまいます。内服薬やトローチ、入浴剤まで様々なアイテムを駆使して大切な「のど」の調子を守りましょう。

  • 二日酔い対策

    二日酔い対策

    二日酔いはアルコールが代謝されて発生するアセトアルデヒドという物質が原因です。本来はこのアセトアルデヒドから酢酸に代謝されて無毒化されますが、お酒を飲みすぎることで肝臓の処理が追いつかず解毒されないまま体内に残り二日酔いの状態になります。お酒の処理には大量の水も必要です。体内の水分の循環を改善する漢方薬や肝臓の機能を助けてアルコールやアルデヒドの分解を促す医薬品などがあります。飲む前、飲んだ後の少しの工夫で二日酔いを楽にすることができます。また、頭痛や吐き気などの翌日のキツイ症状を緩和するために、二日酔い対策の薬やサプリメントだけでなく、お酒を飲んだら水もたくさん飲みましょう。

  • 救急箱を準備しておきたい

    救急箱を準備しておきたい

    必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

[関連カテゴリー]

[みんなの悩み]

ページトップへ