ココカラファインのお役立ち情報

衣替え時季に上手に活用ココが知りたい!防虫剤Q&A

衣替え時季に上手に活用ココが知りたい!防虫剤Q&A

お気に入りの衣類を長持ちさせるための防虫剤、正しく使っていますか?タンスやクローゼット空間にしっかりと防虫効果を広げられる使い方を紹介します。衣替えの時季に向けて準備を始めましょう!

種類が違う防虫剤、どう違うの?

使用場所や用途によって
成分や量が違います。
広さに合った製品を選びましょう

防虫剤は、使える場所や含まれる薬剤が違います。薬剤の成分や量によって、防虫効果が変わってくるので、パッケージに載っている用途や使用量はよく読んで購入しましょう。引き出しや衣装ケースのような狭い空間用の防虫剤は、クローゼットで使っても防虫効果が全体に広がりません。洋服ダンスやクローゼット用も同様で、ウォークインクローゼットのような広い空間では、成分が行きわたらず、大切な衣類を守ることができません。

クローゼットの気になるニオイ、
防虫剤で解決できる?

ニオイの原因はカビやホコリ。
除湿剤・防虫剤で解決!

服についた汚れや、クローゼットの隅のホコリやカビなどがあのイヤなニオイの原因です。ついつい詰め込みがちなクローゼットは特に注意したいものです。まずは、詰め込みすぎないこと。汚れを払い、陰干しをしてからしまうことを習慣にしましょう。特に汗を多くかく夏から初秋にかけての衣類は、洗濯後、しっかり乾燥させて収納します。ニオイ対策にはクローゼット用の除湿剤や香り付きの防虫剤がおすすめです。さらに、大切な一着は、防虫効果や色あせ防止のある防虫カバーで個別に対応しましょう。

引き出しやクローゼットで
種類の違う防虫剤を併用してもOK?

種類の違う防虫剤を
同じ場所で使う際は要注意!

「ピレスロイド系」の薬剤は、ほかの防虫剤と併用しても問題ありませんが、それ以外の種類の違う防虫剤を併用する場合は、注意が必要です。「パラジクロルベンゼン」「ナフタリン」「しょうのう」などの薬剤を使っている場合は、併用することで薬剤が溶け出し、衣類に付着して汚してしまうこともあるからです。また、圧縮袋に入れて引き出しに収納している場合でも虫食いは起こる可能性があるので、圧縮パック用などの脱酸素剤で防虫をします。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ