ココカラファインのお役立ち情報

【皮ふトラブル】悪いムシから身を守るための10箇条

皮ふトラブルにさようなら!悪いムシ(など)から身を守るための10箇条

この記事は2019年4月に掲載したものです。
記事内で紹介している商品は記事掲載時点のものであり、現在取り扱っていない場合がございます。

虫の動きが活発になる春夏。お肌の健康を守るためには、虫などのトラブルの原因を避け、速やかな治療をすることが大切です。肌魅せの季節はすぐそこ。今すぐ対策を始めましょう。

その1 君子危うきに近寄らず
その2 肌の露出は控えるべし
その3 虫よけも活用すべし
その4 情報を収集すべし
  • 1回1錠で効果が12時間持続する
    「飲むかゆみ止め」

    アレルギー性のかゆみに。「かゆくて夜中に目を覚ます」「外用剤を塗ってもかゆみがぶり返す」時などに便利な、飲むかゆみ止め治療薬です。

    ムヒAZ錠

    池田模範堂
    ムヒAZ錠
    <12錠>
    【第2類医薬品】

その5 患部をかく
べからず
  • 頭皮のかゆみ
    トラブルに

    かゆみを止めるだけでなく、かゆみの元となる「炎症」をしっかり鎮め、かゆみが起こりにくい正常な頭皮状態に改善します。しみないタイプのムヒHDmも。

    ムヒHD ムヒHDm

    池田模範堂
    ●ムヒHD
    ●ムヒHDm
    <各30ml>
    【指定第2類医薬品】

  • 汗をかくたびかゆくなる
    「汗かぶれ」に

    汗などによるかゆみ・赤み・湿疹に。炎症を鎮めるだけでなく、肌への汗の浸入を防ぐことで「汗をかく→かゆくなる→かき壊す」の汗かぶれループを断ち切ります。

    アセムヒEX

    池田模範堂
    アセムヒEX
    <15g>
    【指定第2類医薬品】

その6 かゆいときは冷やすべし

なぜ、かいちゃいけないの?

かくとかゆみが治まるような気がしますが、それは一時的なもの。かく刺激により原因物質ヒスタミンの分泌を促し、かゆみが広がってしまいます。皮ふが傷つき、炎症を起こしてしまうことも。我慢できない時は氷水などで冷やしましょう。かゆみが緩和されます。

その7 保湿を怠るべからず

春夏の皮ふトラブル

春夏は、虫刺されや植物かぶれなどのトラブルが増えてきます。汗や紫外線もかゆみの原因に。トラブルが発生したら、薬で症状を押えつつ、原因を取り除く生活を心がけましょう。なお、肌のバリア機能や回復力を高めてくれるので、毎日の保湿もお忘れなく!

その8 良い虫の厚意には甘えるべし
その9 見えない部分もきちんとケアするべし
その10 虫という名の菌も退治すべし
  • 水虫治療しながら、
    足のニオイもケアできる水虫治療薬

    有効成分テルビナフィン塩酸塩配合。患部にとどまり、水虫菌を殺菌します。べたつかない「クリーム」、角質をやわらかくしながら殺菌する「ディープ10クリーム」、患部に密着する「液」、爪まわりを治療する「きわケアジェル」、サラサラな使い心地の「スプレー」など用途で使い分けられる5種類。

    メンソレータム エクシブW メンソレータム エクシブW

    ロート製薬
    メンソレータム エクシブW
    ●クリーム<15g>
    ●ディープ10クリーム<35g>
    ●液<14ml>
    ●きわケアジェル<15g>
    ●スプレー<60g>
    【指定第2類医薬品】

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ