ココカラファインのお役立ち情報

飲みすぎ・二日酔いを防ぐための10箇条

年末年始!! 飲みすぎ・二日酔いを防ぐための10箇条

年末年始の飲み会ラッシュ。ついついハメを外して翌日に後悔してしまうこともあるのではないでしょうか。お助けアイテムも活用してお酒と上手に付き合っていきましょう。

その1 酒は楽しく飲むべしその1 酒は楽しく飲むべし

その2 人に無理に勧めるべからずその2 人に無理に勧めるべからず

その3 自分の酒量をわきまえるべしその3 自分の酒量をわきまえるべし

その4 食事も一緒に楽しむべしその4 食事も一緒に楽しむべし

その5 たっぷりの水を飲み忘れるべからずその5 たっぷりの水を飲み忘れるべからず

二日酔い予防には水と食事が有効です。胃に食べ物があるとアルコールの吸収が遅くなり、悪酔いを防げます。お酒と一緒に水を飲むと、水分が代謝をよくしてアルコールの分解を助けてくれます。ぜひ実行しましょう。

その6 サポートアイテムを活用すべしその6 サポートアイテムを活用すべし

その7 「あと一杯」は止めておくが吉その7 「あと一杯」は止めておくが吉

その8 いざという時は助けを呼ぶべしその8 いざという時は助けを呼ぶべし

年を重ねるとアルコール分解処理能力が低下するほか、体内水分比率が下がることで血中アルコール濃度が高くなり、酔いやすくなります。「昔はもっと飲めた」などと言わず、酒量を調整してスマートに飲みたいものですね。

その9 翌日は無理することなかれその9 翌日は無理することなかれ

その10 二日酔いに効くツボも押さえておくべしその10 二日酔いに効くツボも押さえておくべし

手のひらの中央から少し下の押すと鈍い痛みを感じる部分。ここが健理三針区(けんりさんしんく)です。このツボを親指でゆっくりと押してください。肝臓の働きをよくし、アルコールの分解を促してくれるそうですよ。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ