ココカラファインのお役立ち情報

糖尿病を予防するための血糖対策

糖尿病を予防するための血統対策

糖尿病というと、中高年の病気という印象がありますが、近年では食生活の欧米化などにより、子どもの患者数も増加しています。11月14日の「世界糖尿病デー」を機に、家族で糖尿病を予防するための血糖対策始めませんか?

Hatena

糖尿病ってどんな病気?
食事で摂取した糖質はブドウ糖になり、「インスリン」というホルモンがこのブドウ糖をエネルギーに変換するのを助けます。このインスリンが不足したり働きが悪くなることで、血液中のブドウ糖が多くなり(高血糖)戻らなくなるのが「糖尿病」です。

合併症が怖い糖尿病

厚生労働省が行っている国民健康・栄養調査によると、2016年の糖尿病有病者は約1000万人と推定されています。そして、糖尿病の可能性が否定できない「糖尿病予備軍」も、同じく約1000万人に及ぶと言われています。
糖尿病は自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに合併症を引き起こすことのある怖い病気です。網膜症、腎症、神経障害の「三大合併症」のほか、心筋梗塞や脳卒中、歯周病などさまざまな病気のリスクを高めることがわかっています。
糖尿病の発症には、過食や肥満、運動不足、ストレスといった生活習慣の乱れが大きく関わっています。定期的な血糖値の管理とともに、食事や運動など生活習慣を見直すことで、糖尿病とそれに伴う合併症を予防しましょう。

改善しよう食生活!解消しよう運動不足!

肥満により内臓脂肪が増えると、インスリンの働きが悪くなって血糖値が上がります。適正体重を維持するために、食生活を改善し、適度な運動を習慣にしましょう。

肥満度(BMI値)の計算式

体重÷身長(m)÷身長(m)=肥満度

BMIが25以上になると肥満です!

日本人は欧米人に比べてインスリンの分泌能力が低いため、それほど太っていなくても糖尿病になりやすいというデータがあります。適正体重の維持は、糖尿病予防にとって、とても重要なことです。

  • 食事はゆっくり腹八分目

    食事は多品目をバランスよく摂取し、腹八分目を心がけましょう。よく噛んで食べることで糖質の吸収スピードが遅くなり、少量で満腹感を得ることができます。

  • 適度な運動を習慣に

    運動は、血糖値を低下させ、インスリンの働きをよくします。エスカレーターは使わず階段を使うなど、日常生活にも運動を取り入れ、継続することが大切です。

飲酒、ストレスにも注意

アルコールの過剰摂取はインスリンの働きに悪影響をおよぼします。また、ストレスも血糖値を上げて糖尿病を発症しやすくすると言われています。過度の飲酒、ストレスにも注意が必要です。

まず野菜食べる順番意識して

野菜やキノコは糖質の吸収をゆるやかにするので、食後の血糖値の急上昇を防ぎます。食事は、野菜、魚や脂肪の少ない肉、ご飯の順に摂ると、血糖値をコントロールしやすくなります。

タバコやめ糖尿病のリスク下げ

喫煙には、交感神経を刺激して血糖を上昇させ、体内のインスリンの働きを妨げるという2つの作用があります。喫煙本数が多いほど糖尿病になりやすいことがわかっています。

たいじゅうけい毎日乗って自己管理

糖尿病の原因になる肥満を防ぐために、体重測定を習慣化しましょう。体重を毎日チェックすることで、食事や運動といった生活習慣改善の意識も働くようになります。

かはんしん鍛えて歩き脱肥満

下半身の筋トレと有酸素運動のウォーキングを組み合わせることで、効率良くカロリーを消費することができます。どちらもインスリンの効果を高める運動なので、習慣にしましょう。

すぐわかるココカラファインで血糖値

ココカラファインの店舗では、測定機を使った血液検査が受けられます。血糖値(500円 税込み)、HbA1c(1,000円 税込み)が10分程度で測定できますので、血糖値管理にご利用ください。

ココカラファインの検体測定はこちら

血糖値の急激な上昇を防ごう

Hatena

低GI食品とは?
GI(グリセミックインデックス)は、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す値です。GI値が低いほど、糖質の吸収が穏やかになり、血糖値の急激な上昇を防ぎます。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ