ココカラファインのお役立ち情報

黄金時間を把握して、体の内側からひきよせケア!

黄金時間を把握して内側からひきよせる!

この記事は2018年9月に掲載したものです。
記事内で紹介している商品は記事掲載時点のものであり、現在取り扱っていない場合がございます。

秋のひきよせケア 体の内側編

夏を終えてふと鏡をみたら、なんだか元気がない。日やけのシミ・ソバカスだけでなく、吹き出物や肌荒れも目立つかも……なんてこと、ありませんか?実はそれ、夏のダメージでカラダがバテてしまっているのかもしれません。タイミングよく必要なモノを摂取して、体の内側からケア。本来持つ元気なお肌(の方向)に“ひきよせ” ていきましょう!

肌トラブルは「内側からも来る」

「夏を過ごした後の肌トラブル」というと、日やけやそれに伴う乾燥に目が行きがちですが、実は室内と屋外の気温差によって自律神経のバランスが崩れたり、暑さで胃腸が弱り栄養不足に陥ったり、冷えた部屋で過ごした結果血流が悪くなったり……と、トラブルのもとはさまざま。ストレスから肌荒れや吹き出物が生じる場合もあります。
内側からトラブルがやってくるのなら、内側からお肌をベストコンディションに引き寄せることも可能です。規則正しい生活、バランスの良い食事で体の調子を整えつつ、美肌成分なども取り入れてみましょう。

ゴールデンタイムを把握する

栄養や美容成分を体内に取り込むことで、肌の回復を助け、調子を整えてくれることを期待できます。
たとえば、ビタミンCは体内にとどまる時間が短いので数時間おきに摂取すると、血中濃度を高く保つことができ、効果が高まるようです。タンパク質は就寝前に摂ると吸収がよくなり、体の修復や筋肉増強に役立つといわれています。これは寝ている間に成長ホルモンの動きが活発になるからです。
時間帯やタイミングを考えると、より効率よく栄養成分のチカラを借りられそうですね!

★医薬品や栄養ドリンクは用法用量を守って

医薬品やサプリメント類を利用する場合は、用法用量を守ってください。また、2種類以上のアイテムを取り入れる場合も注意が必要です。例えばかぜをひいたときに栄養ドリンクを飲む方は、かぜ薬との影響を考えて数時間あけたほうが良いといわれています。それぞれ単体では体に良いものなのですが、同時に摂ることで特定の成分だけ過剰摂取になってしまう可能性があるからです。
体に良いとされるものは、ついついあれもこれも取り入れたくなってしまいますが、同時に飲んでいいのか、どのタイミングがベストなのか……など、薬剤師や登録販売者に相談する癖をつけておきたいですね。

時間栄養学

「時間栄養学」という考えをご存知ですか?人には体内リズムがあり、これをリセットするのが朝食。朝の光を浴び、朝食に炭水化物(糖分)とタンパク質(アミノ酸)を摂ることにより、体が1日のリズムを取り戻し、シャキッと能動的に動けるようになるというのです。肝臓は朝活発に働くので、朝食にタンパク質やビタミンをしっかりとることも推奨されています。美容の前にまず健康。毎朝体内リズムをリセットして、美しい体の土台をつくりましょう。

この秋ぜひチェックしたい ひきよせケアアイテムこの秋ぜひチェックしたい ひきよせケアアイテム

しっとり肌に近づきたい!

イキイキとしたい!

美しい白肌に引き寄せたい!

ツルツル美肌になりたい!

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ