ココカラファインのお役立ち情報

夏かぜかな?と思ったら…かぜぐすり特集

あれ? 夏かぜかな……と思ったら 頼りになるかぜぐすり特集!

ウイルスによって症状が違う「かぜ」。夏と冬では活発になるウイルスが違うので、冬に買ったお薬では症状に合わない場合もあります。「ひいたかな?」と思ったら、このページでお薬をチェック。早め早めの対処で楽しく元気に夏を過ごしましょう。

夏かぜの特徴は?

夏は高温多湿を好むウイルスが活発に活動します。代表的なものはアデノウイルス、コクサッキーA型・B型など。主な症状は頭痛、のどの痛みと発熱。全体的に高い熱が出る傾向があり、コクサッキーウイルスの場合は、さらに下痢や腹痛をともなうのが特徴です。子どもに多いヘルパンギーナや手足口病もこれらのウイルスが原因となる場合が多く、夏に流行がみられます。

夏かぜの治療法

かぜのウイルスを退治するには、自分の免疫によってウイルスを排除するしかありません。
薬で症状をやわらげつつ、水分と栄養を補給し、安静にして過ごしましょう。症状が重い場合は医療機関の受診をお早めに。

ストナは症状にあわせて選べるかぜ薬ですストナは症状にあわせて選べるかぜ薬です

薬の選び方

ウイルスを特定して退治することは難しいので、症状に合わせて選びましょう。常備薬としては、夏かぜの特徴に多い「のどの痛み」や「腫れ」を抑える薬を用意。治療や予防にうがい薬などを利用するのもオススメです。もちろん、本人の体質やかかるウイルスによっては鼻や目、胃腸に症状がでる場合もあるので、その都度、必要なものを選ぶことが大切です。

夏かぜの予防法は?

夏は高温多湿な気候に体力が奪われがち。その上、寝不足や食欲不振など、体の抵抗力が低下する原因がたくさんあります。まずは、規則正しい生活、十分な休息を心がけ、ウイルスに負けない、強いからだづくりを意識しましょう。

エアコンの使い過ぎにも注意

エアコンなどにより鼻やのどの粘膜が乾燥すると、ウイルスに感染しやすくなります。乾燥が気になるときはマスクや加湿器などで自衛しましょう。屋外と室内の温度差は自律神経のバランスを崩してしまい、これも抵抗力を弱める原因に。エアコンの温度設定を高めにして、外との温度差が少なくなるよう調整することをおすすめします。

まだまだある!こちらも夏かぜ対策にまだまだある!こちらも夏かぜ対策に

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ