ココカラファインのお役立ち情報

知っておきたい、熱中症対策

楽しく夏を過ごすために 知っておきたい熱中症対策

気象庁によると、今年の夏はいつもより気温が高く、暑い夏になりそうです。しっかり熱中症対策をして、楽しく夏を過ごしましょう。

TOPICS 1

熱中症って何?

熱中症は、温度や湿度が高い環
境に体が適応できないことでお
こるさまざまな症状の総称です。
屋外はもちろん室内でも発生するおそれあり。
暑くてジメジメした日は特に注意が必要です。

熱中症って何?

こんな症状に注意

❶ ほてり、めまい、立ちくらみ

体温が急に上がり、めまい、立ちくらみ、顔がほてる……などの症状が出てきます。下の記事で紹介する応急手当を参考に涼しいところで休みましょう。意識がもうろうとする、高熱が出るような場合には迷わず医療機関へ!

ほてり、めまい、立ちくらみ

❷ だるい、頭痛、吐き気

体に力が入らずだるいと感じる人や、頭痛、吐き気などを感じる人もいます。無理せず涼しいところで休み、水分や塩分を補給しましょう。

だるい、頭痛、吐き気

❸ 手足のしびれ

手足がしびれる、手足の筋肉がつる、筋肉がぴくぴくとけいれんする…などの症状が出ることも。このような場合、血液中の塩分濃度が下がっている可能性があります。経口補水液やスポーツドリンクなどで、水分と塩分を補給しましょう。

手足のしびれ

❹ 発汗異常

気温や湿度が高すぎて発汗による体温調節がうまくできなくなることがあります。汗が異常に出る、逆に全く汗が出ない…などの場合には、熱中症を疑いましょう。

発汗異常

予防のコツ

予防のコツ
  • こまめに水を飲む
  • 室温が28度を超えないようにエアコンや扇風機を活用する
  • 体を締めつけない涼しい服装にする
  • 適度な休憩をとる
  • 日よけ対策も忘れずに

TOPICS 2

こんな症状が出たらすぐに医療機関へ

・40度以上の高熱が出る
・声をかけても反応しない
・まっすぐ歩けない
・体がガクガクと震える
・水がうまく飲めない

こんな症状が出たらすぐに医療機関へ

熱中症の応急手当

熱中症により毎年4万人以上が救急搬送され、1000人近くの方が亡くなる年もあります。予防が大切なのはもちろん、症状がでたら早めに応急手当をして、重度になる前に対処してください。
水を口から飲めない場合や、症状の改善が見られない場合は、医療機関の受診を検討しましょう。なお、意識障害やけいれんなどがある場合は、すぐに救急車を呼んでください。命にかかわる場合があります。

熱中症の応急手当

予防に!手当に!ココカラファインおすすめ 熱中症対策アイテム予防に!手当に!ココカラファインおすすめ 熱中症対策アイテム

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ