ココカラファインのお役立ち情報

服選び&クローゼットの収納術

服選び&クローゼットの収納術
この記事は2018年4月に掲載したものです。
記事内で紹介している商品は記事掲載時点のものであり、現在取り扱っていない場合がございます。

はじめに

ステキな服を着ている人は、キレイなだけでなく知性まで感じさせます。
コーディネート&収納上手になって、毎日の気分をアップさせませんか。


お話を伺ったのは

クローゼットオーガナイザー 林 智子 さん

ファッション業界での経験を生かし、個人のクローゼットの片づけと、スタイリングのサービスを提供。

洋服選びのお悩み

洋服選びのお悩み①

服の枚数はあるのに「着ていく服がない!」のはどうして?

服は着回しのことを考えて、シンプル&ベーシックな定番服をそろえましょう。リボンがついた主役級ブラウスは「かっこいいコーディネート」には使えませんが、シンプルなブラウスなら合わせるものや着こなしによって「かわいい」にも「かっこいい」にもなります。
また「会社に着て行く服はあるのに、週末遊びに行くための服がない」などシーンによって服が足りなくなってしまう方は、ライフスタイルと服の割合があっていないのかもしれません。1週間のうち5日間会社に行き、2日は家族と過ごすなら、服の割合も5:2にしましょう。

洋服選びのお悩み②

いつも同じようなコーディネートになってしまいます

定番服は、アクセサリーや靴、バッグなどの小物で変化をつけることができます。たとえばシンプルな白シャツと黒いパンツがあれば、ある日はスニーカーを合わせてカジュアルに、別の日は大ぶりのピアスとバングル、ハイヒールを合わせて大人っぽく。こんな風に小物をプラスすることでスタイリングを完成させると印象が大きく変わります。
ワードローブに定番服がそろってきたら、旬のアイテムを取り入れるのもいいでしょう。「8割ベーシック、2割トレンド」を目安に服をそろえるとオシャレがしやすくなります。

洋服選びのお悩み③

今年らしさを取り入れて若々しく見せたいけれど似合わないのではと心配

2018年の春はパステルカラーに注目。淡いピンクや水色、ラベンダーなど、春らしい色が人気となりそうです。着るだけで気持ちが上がりそうですね。ただし、流行の色をトップスに取り入れるのは失敗のもと。新しい色が自分に似合うとは限らないので、顔の近くに持ってくるのはリスキーです。それよりもボトムスに取り入れると「おしゃれ上級者」の印象に。視覚的にボリュームの少ないパンプスもねらい目です。
旬のアイテムは1シーズンで役目を果たしてもらうつもりで、出番が多くなりそうなものを購入するといいですよ。

クローゼット収納術&おすすめアイテム

クローゼットの中を「服を選びやすい、心地よい場所」にする

服はできるだけハンガーに掛けて収納することをおすすめします。クローゼットをあけたときに服を一覧でき、コーディネートがしやすくなります。また、毎日ステキな自分でいるために、着たいと思える「一軍の服」だけをそろえましょう。服選びがますます楽しくなりますよ。
香りつきの防虫アイテムを利用するのもいいですね。クローゼットを開けた瞬間、自分の好きな香りがふわり。気分が上がって、ステキなコーディネートができそうです。

防虫効果はそのまま。ボタニカルの香りできました。

防虫成分と植物由来香料を配合した香りつき防虫剤。ボタニカルの香りが収納空間内に広がるとともに、1年間衣類をしっかり虫から守ります。
※植物精油と植物を原料につくられた香料

エステー
かおり
ムシューダ
BOTANICAL
1年間有効
●クローゼット用
ラベンダー&ゼラニウム<3個入>

定番商品

防虫効果が1年間持続し、長期の衣類収納に最適

エステー
ムシューダ1年間有効
引き出し・衣装ケース用
<24個入>




オーガニックな防虫、ついにはじまる。

オーガニックスペアミントと天然精油が主成分の天然防虫剤です。天然成分100%のナチュラルな香りが広がります。

アース製薬
衣類防虫ケア
natuvo
引き出し・衣装ケース用<12個入>、クローゼット用<3個入>

事前に「ちょこっと準備」をしておくと後がラク

アクセサリーは、中身が見えるアクリルケースなどに収納すると選びやすくなります。朝のコーディネート時に迷ってしまう人は、テイストの合う組み合わせをあらかじめセットにしておいておくと時短に。シルバーの「かっこいい」系セット、パールの「キレイ」系セットなどとまとめておくと便利です。
また「出かける直前に虫食いに気づいた」「防虫剤の使用期限が切れていた」ということのないよう防虫対策アイテムを用意&チェックしておきましょう。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ