ココカラファインのお役立ち情報

痛い巻き爪を治して足爪美人になろう

痛い巻き爪を治して足爪美人になろう
この記事は2018年4月に掲載したものです。
記事内で紹介している商品は記事掲載時点のものであり、現在取り扱っていない場合がございます。

はじめに

日本人女性の10人に1人が「巻き爪」または「巻き爪予備軍」だといわれています。
症状が悪化する前に、適切なケアを行って、きれいで快適な足爪を手に入れましょう。

こんな症状がある人は気をつけて

・爪が伸びると指先が痛みを感じる

・痛いというほどではないけれど指先に違和感がある

・爪の両端または片側が食い込んで痛い


歩くと

地面からの力を受けて爪が平らになる  


歩かないと

爪の丸くなろうとする力によって爪が巻いてくる

巻き爪の原因と対処法

巻き爪とは、爪の端が湾曲した状態のことです。進行すると、爪が皮ふに食い込み、痛みが発生します。痛みを避けようとして、姿勢や歩き方が悪くなり、ひざ痛や関節痛、腰痛を引き起こしてしまうことも。症状が軽いうちに早く治すことが大切ですね。

巻き爪になる原因は、大きく3つあります。

湾曲を止める力が足りない

爪には本来、丸くなろうとする性質があります。足の指をつかって歩くと、地面からの力と、爪が丸くなろうとする力が釣り合い、爪が平らになります。ところが、歩く時間が短かったり、足の指をきちんとつかえていなかったりすると、爪が丸くなろうとする力のほうが強くなり、巻き爪になってしまうのです。足の指をつかって歩くことを意識し、歩く時間を増やすといいですよ。

爪への圧迫

小さすぎる靴や先の細い靴をはいていると、爪を圧迫し、巻き爪になることがあります。また、ハイヒールや大きすぎる靴は、歩くと足が靴の中で前方へずれてしまい、爪に負担がかかります。自分の足にあった靴を選びましょう。

間違った爪きり

爪を短く切りすぎると、露出した皮ふが盛り上がり、皮ふに当たった爪が丸まりやすくなるといわれています。また爪は、甘皮から離れた先端ほど丸まる力が強いため、深爪すると巻き爪になりやすいという説も。下記の「正しい爪の切り方」を参考にしてください。


正しい爪の切り方

【爪の長さ】指と同じか、指より1mm長い
【爪の形】四角く、両角はなだらか

間違った爪の切り方

両端を切りすぎている(深爪)

全体を切りすぎている(深爪)

白い部分が残っているが、切りすぎ(深爪)

巻き爪ブロック

自宅で、自分で、簡単にできる本格巻き爪矯正具

ファインハーツ
巻き爪ブロック ノーマル
フルセット、Lセット、Mセット、Sセット

※ハードをお求めの方は、店舗をご利用ください。

痛い巻き爪さよーなら

痛い巻き爪さよーなら

特殊バネのパワーが痛みを短時間で緩和し、巻き爪を徐々に矯正します。一度装着したら3~4ヶ月そのままでOK。一般医療機器の認可を得ているので安心です。
※バネのみ。カバーは1~2週間で交換してください

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ