処方せんの受付について

処方せんの受付について 処方せんの受付について

処方せんの受付について

ココカラファインの薬局は全国の医療機関で発行された処方せんをどの店舗でも受け付けることができます。
このページでは、ココカラファイン薬局で処方せんを受け付けてからお渡しまでの手順をご案内します。

処方せんの受付手順

手順1

最寄りのココカラファイン薬局を探す

店舗によって営業時間が異なりますので、事前にご確認ください。

ココカラファイン薬局を探す

手順2

処方せんを受付に提出

営業時間中に処方せんを受付に提出いただくと、薬剤師が内容を確認してお薬をお渡しする準備を行います。

スマートフォンのアイコン
スマートフォンのアイコン

アプリから処方せんを送る場合

  1. 処方せんを撮影する

    アプリ内にある【処方せん送信】ボタンから、画面の指示に従って受け取りたい店舗を選択し、処方せんを撮影して送信します。 画像で詳しく確認したい方はこちら

  2. お薬ができたら通知

    お薬をお渡しする準備が整いましたら、スマートフォンの画面上にお知らせが表示されます。

  3. 薬局にお薬を取りに行く

    処方せん原本を忘れずにお持ちください。ご本人でない場合でもお渡しできます。
    受付にアプリで送信した旨をお伝えいただけますとスムーズに受け取れます。
    お薬の受け取りは処方せん発行日含めて4日以内です。 詳しくはこちら

お薬手帳アプリによる
処方せん事前送信ができます。

ココカラファインお薬手帳アプリは処方せんをアプリを通じてご来局することなく処方せんを送れます。
さらにお薬ができたらスマートフォンに連絡が行きますので、ご都合の良いタイミングで来局でき、待合室での待ち時間を減らします。

お薬手帳アプリのイメージ画像
FAXのアイコン
FAXのアイコン

FAXから処方せんを送る場合

  1. 処方せんをFAXする

    受け取りたい店舗へ処方せんをFAXしてください。
    初めてFAXされる場合は、送信した後、一度薬局にお電話いただけますとスムーズです。

    店舗のFAX番号は「お店を探す」ページの各店舗情報よりご確認いただけます。(図1参照)
    営業時間や定休日は店舗によってことなりますので、ご注意ください。

    図1
  2. 薬局にお薬を取りに行く

    処方せん原本を忘れずにお持ちください。ご本人でない場合でもお渡しできます。
    受付にFAX送信した旨をお伝えいただけますとスムーズに受け取れます。
    お薬の受け取りは処方せん発行日含めて4日以内です。詳しくはこちら

手順3

店頭にてお会計

ココカラファイン薬局では現金以外にも各種クレジットカード、バーコード決済に対応しております。

お支払い方法について詳しくはこちら

薬局にお持ちいただくもの

処方せん原本、健康保険証等(※1)、お薬手帳(※2)をお持ちください。

※1健康保険証の他、必要に応じて医療証や受給者証を確認させて頂く場合がございます。 ※2薬剤師が薬の飲み合わせやアレルギー等を確認しますので、お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。お薬手帳のメリットについて

薬局にお持ちいただくものイラスト 薬局にお持ちいただくものイラスト

処方せん受付時の注意点

処方せんの有効期限について

処方せんをもらったら、有効期限内でお早めに薬局にお持ちください。

処方せんの有効期限は「発行された日を含めて4日間」です。(日曜祝日含む)
下の図にもあるように木曜日に交付された処方せんの有効期限は日曜日までで、月曜日以降は無効となり薬局でお薬をお渡しすることはできません。

有効期限についての表

厚生労働省からの通達もあり、薬局から医療機関に処方せん延長の依頼をすることは認められておりません。

時間外料金について

夜間・休日等の時間外料金について

保険薬局の制度により、「平日の19時~翌朝8時」・「土曜の13時~翌朝8時」・「休日(日祝日、12/29~1/3)」には下記の時間外料金が発生します。

処方せん原本を薬局で受け付けた時間帯が対象となります。
FAXやアプリ等で処方せんを送信した時間ではありませんので、ご注意ください。

時間外料金
(保険証の負担割合に依ります。)
  • ・3割負担の場合:120円
  • ・2割負担の場合:80円
  • ・1割負担の場合:40円
(※負担割合が0割の場合は費用発生なし)

お薬手帳のメリット

お薬手帳を活用すると、こんな良い事があります

  1. 薬剤師が「飲み合わせの悪い薬がないか」、「薬の重複がないか」について確認することで、安全な服用につながります。 市販薬や健康食品などを使用するときにも、お薬手帳に記帳しておきましょう。
  2. 外出先での急病や災害時などに、かかりつけの医療機関で診療が受けられない場合でも、医師や薬剤師に現在服用中のお薬や副作用・アレルギー歴などを知らせることができます。

紙のお薬手帳のほか、持ち運びに便利なお薬手帳アプリも。

従来の紙のお薬手帳のほか、ココカラファインのお薬手帳アプリもご利用できます。
毎日持ち歩くスマートフォンにお薬手帳の情報を入れておくことで、手帳を忘れることなく、医療機関や薬局で確認することができます。 お薬手帳アプリについて

お薬手帳とお薬手帳アプリのイラスト
お薬手帳アプリについて
お薬手帳とお薬手帳アプリのイラスト
お薬手帳アプリについて

処方せんお役立ち情報

ジェネリック医薬品に変更するメリット

先発医薬品の特許が切れた後に発売される医薬品が「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」です。 先発医薬品と有効成分が同じですが開発費用が大幅に削減されているため、お薬の価格が抑えられています。

メリット1

医療費が安く

開発費用が抑えられている分、お薬の値段が安く設定されているので患者様の医療費も安くなります。

メリット2

飲みやすい工夫

錠剤を小さくしたり、苦みを抑えたり先発医薬品に比べて飲みやすい工夫をしているものもあります。

メリット3

効き目は同等

法律で定められた基準で製造し、有効性・安全性が先発医薬品と同等であると確認され承認された医薬品です。

薬局での残薬管理

お薬のイメージ画像 お薬のイメージ画像

「残薬」とは薬を飲み忘れたり、飲み切る前に病院を受診し処方日数に重複が発生したために余ってしまった薬のことです。
残薬は日本の医療費の約2割を占めていると言われており、医療費増加の要因になっていると考えられています。

ココカラファイングループの薬局で行っていること

  1. 飲み残しなどで余っている薬を全て薬局へご持参ください。
  2. お薬の状態や有効期限を確認し使用可能なお薬を整理いたします。
  3. 残ってしまった理由をお聞かせください。 どれを飲んだかわからなくなってしまう、錠剤が大きくて飲みにくい、昼食後は飲み忘れがち、など
  4. 薬剤師より処方医へ連絡し、処方日数や処方内容の提案をいたします。 このように余ってしまったお薬(残薬)を有効活用することで、医療費を抑制することができます。
お店のイラスト

一包化

一包化のイラスト 一包化のイラスト

処方された複数のお薬を飲むタイミング毎に一つにまとめて(パックして)ご用意する方法です。
一つにまとめることで誤って服用してしまうことを防げます。種類が多くて大変、飲み忘れてしまう、などお困りのことがございましたらご相談ください。

薬をまとめるには医師の指示が必要です。薬局から医師に連絡します。一包化には費用が発生する場合がございます。

地域連携薬局

地域連携薬局のイメージ 地域連携薬局のイメージ

患者さまの外来受診時だけでなく、在宅医療への対応や入退院時を含め、他の医療提供施設との服薬情報の一元的・継続的な 情報連携に対応できる薬局です。
そのために、医師をはじめとした医療関係者との連携体制を構築し、病院・施設・自宅といった療養の場を繋ぎ 患者さまの服薬情報等の情報共有を行いながら質の高い薬物治療をサポートします。

ページトップへ