お役立ち情報

旬の野菜でつくろう♪簡単!和え物『さやいんげんの白和え』

旬の野菜でつくろう♪簡単!和え物『さやいんげんの白和え』

はじめに

初夏の5、6月頃から旬を迎える「さやいんげん」。スーパーでは年中見かけることも多いですが、夏の野菜です。
和え物をはじめ、サラダや炒め物、煮物や付け合せにと、大活躍のさやいんげん。
今回は、すり胡麻を最後に加えて香りを残した、白和えをご紹介します。

旬の野菜でつくろう♪簡単!和え物『さやいんげんの白和え』

調理時間15分 ※豆腐の水切りの時間は除く
カロリー(1人分)94kcal・脂質4.2g・塩分0.6g

材料(2人分)

・さやいんげん・・・・・・・8本(80g)
※へたを取り、3㎝ほどの斜め切りにする。

・にんじん・・・・・・・・・1/4本(40g)
※3㎝ほどの細切りにする。

・木綿豆腐・・・・・・・・・1/3丁(150g)
※重しをして、15分程度水切りをする。

・すりごま(白)・・・・・・大さじ1/2(3g)

【調味料】

・しょうゆ・・・・・・・・・小さじ1/2(3g)

・砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1(3g)

・味噌・・・・・・・・・・・小さじ1(6g)

作り方

1.鍋にお湯を沸騰させ、さやいんげん、にんじんをさっと茹でる。(約2分)
ミキサー(またはすり鉢)に木綿豆腐、【調味料】を入れ、滑らかになるまでよく混ぜる。

2.ボウルに1を入れ、よく和える。最後にすりごま(白)を加えて混ぜる。

3.器に2を盛り付ける。(お好みで、すりごまをかけてもOK)

おわりに

初夏が旬のさやいんげんを使った、簡単和え物です。

さやいんげんは緑黄色野菜でβカロテンが豊富。β-カロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。その変換される前の段階の物質を「プロビタミン」といい、βカロテンは「プロビタミンA」とも呼ばれています。
また、カロテン類には体内の活性酸素を減らす抗酸化作用があるといわれています。
日差しが強くなる初夏のこの時期、積極的に摂りたい栄養素のひとつです。

※緑黄色野菜とは、「原則として可食部100g当たりカロテン(カロチン)含量が600マイクログラム(μg)以上の野菜」のこと。

お湯で茹でずに、電子レンジで野菜を加熱すれば、火を使わずに簡単に作ることができます。
今回は旬のさやいんげんを使いましたが、他の緑黄色野菜でも代用できますので、お好みの野菜で試してみて下さい。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ