お役立ち情報

意外と気になる冬の体臭

意外と気になる冬の体臭

はじめに

冬の間は、あまり汗をかくことがありません。しかし、そんな冬こそニオイの元となる汗対策が必要です。冬は、室内外の気温差が激しく寒い外部から急に暖かい屋内に入り汗をかくことが多いのです。油断していると「からだや衣類が臭い」なんてことにならないよう、冬の体臭ケアについて考えてみましょう。

冬の汗は夏より臭う!?

分泌直後の汗や皮脂には、実はほとんどニオイがありません。体臭とはこの汗や皮脂に、垢や皮膚の常在菌などが入り混じることで発生します。

さらに、冬は汗をかく機会が大幅に減り、夏に比べて汗腺の機能が落ちているため、サラサラの澄んだ汗ではなく、細菌のエサとなる成分を多く含んだネバネバの汗をかきやすくなります。しかも厚着ゆえに汗の始末がしづらく、またニオイも服の中にこもりがちです。

こうしたことから「冬の汗は夏より臭う」といわれています。

ちなみに体のニオイの原因は部位や体調などによって異なります。代表的なものを把握しておき、体臭ケアに役立てましょう。

【足裏】
通常の汗を出す汗腺・エクリン腺が集中。厚い角質は常在菌のエサに。靴や靴下で常に覆われているため蒸れやすい。

【腋の下】
タンパク質などを含んだ特殊な汗を出す汗腺・アポクリン腺が集中。ツンとした独特のニオイが発生しやすい。

【頭皮】
エクリン腺のほか、皮脂腺が集中。フケは常在菌のエサに。髪は周辺のニオイを吸着・凝縮しやすい。

【首筋・耳裏】
エクリン腺による汗が出やすく、加齢臭が発生しやすい。

【体調由来のニオイ】
便秘では便臭が、脂漏性皮膚炎では脂っぽい皮膚臭が、腎臓病や全身疲労ではアンモニア臭がにじんだりするなど、ニオイの裏に体調不良や疾患が潜んでいることもあり。

“清潔”を保って体臭をコントロール

季節を問わず、毎日きちんと入浴することは体臭ケアの基本です。特に前述のニオイの出やすい部位は、たっぷりの泡でやさしくていねいに洗い上げましょう。殺菌効果のあるボディソープやシャンプーを選ぶのも有効です。

また、頭皮は皮脂のほか、スタイリング剤やヘアクリームなどでも汚れがち。シャンプー前に洗浄効果を高めるプレシャンプーを使う、シャンプーブラシで毛穴の詰まりをケアするなど、きちんと汚れを落とすことが大切です。

加えて毎日じっくり湯船に浸かることも、汗腺を鍛えて上質の汗をかく助けになります。

外出前の制汗剤は、夏のように広範囲にスプレーする必要はないでしょう。直塗りタイプを腋の下に塗る程度でOKです。男性でも腋毛を短くしておくと、ニオイの元となる常在菌の繁殖を抑えられます。

一方、衣類の処置についてですが、冬物のコートやセーターなどは、シーズン終了まではなかなか洗濯の機会はないものです。当然、汗や皮脂、食べ物などのニオイが染み込みがちなので、帰宅したら衣類用の消臭スプレーなどを散布し乾燥するまで陰干しにするといいでしょう。さらに肌着やシャツの洗濯には、防臭効果のある洗剤や柔軟剤を使うのも手です。

ただし、香りの強いものは香害につながったり、体臭と入り混じってより不快なニオイに変わったりするので、無香料か微香性のものがオススメです。また、冬の靴の中は通気性が悪い状態になりやすいため夏より汗をかきやすく、ニオイの元になります。靴の中にデオドラントの中敷を忍ばせるのも効果的です。

また、外から屋内に入ったらなるべく汗をかかないよう、直ぐにコートなど上着を脱いで体温調節を心がけてください。

生活習慣を見直して体臭を防ごう

冬は体温維持の側面からも、こってりした高カロリーのメニューを求めがちです。とはいえ、動物性タンパク質や脂肪などは、摂りすぎると体臭の元になってしまいます。肉やチーズ、揚げ物などはなるべく控えめにしてください。

逆に積極的に摂りたいものは、抗酸化作用のあるビタミンCやE、カロテン、ポリフェノールなど。食事の際はトマト、パプリカ、ホウレンソウ、ニンジンといった色とりどりの野菜を添えましょう。腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌も、体臭ケアには欠かせません。

また、定期的に有酸素運動を行うことも大切です。運動不足は却って疲れやすくなり、ちょっと動いただけで質の悪い粘つく汗が出てきます。汗腺機能を高め、さわやかな良い汗をかくためにも、日頃からウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などを楽しんでみてください。

おわりに

人間の鼻はすぐにニオイに慣れてしまうため、自分ではなかなか体臭に気づきません。体臭をセルフチェックするには、脱いだ服をビニール袋に詰めて匂いを遮断して入浴し、嗅覚をリセットした状態で服のニオイを確かめてみるといいでしょう。そのうえで身だしなみを整え、上手に体臭を抑えたいものです。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ