お役立ち情報

ノロウイルス感染症になったらどうすればいい?ノロウイルスの診断と治療

ノロウイルス感染症になったらどうすればいい?ノロウイルスの診断と治療

はじめに

ノロウイルス感染症は、主に冬場に流行するウイルス性の感染症です。

ノロウイルス感染症にかかった時の症状や正しい対処法を知って、いざという時は適切に対応する様にしましょう。

冬場に多発するノロウイルス感染症とは

ノロウイルス感染症とはどんな病気なのでしょうか。基本の情報をまとめました。

ノロウイルス感染症とは?

主に冬場に流行するウイルス性感染症で、急性胃腸炎を引き起こします。流行のピークは10月から4月頃ですが、年間を通じて発生しています。

ノロウイルス感染症で重篤な状態になることはありませんが、まれにお年寄りや幼児は吐いたものをのどに詰まらせることがあります。窒息しないよう気をつけて下さい。

ノロウイルスの特徴

ノロウイルスには長期免疫ができないために、子どもから大人まで何度でも罹患してしまうという特徴があります。

ノロウイルスは非常に感染力が強く、熱や乾燥にも強いという特徴があります。そのため、学校や老人施設といった集団生活をする場では集団発生しやすく、十分な警戒が必要です。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスは、基本的にウイルスが口から入る経口感染ですが、主に大きく4つに分けられます。

① 食中毒:ノロウイルスのついた食品(牡蠣などの二枚貝に含まれている場合がある)を生でもしくは十分に加熱しないで食べた場合。

② 接触感染(2次感染):ノロウイルスに感染した人の糞便や嘔吐物に触れたり、感染者の手指を介してウイルスが口から入った場合。
ノロウイルスの付着した調理者の手指や使用している調理器具などを介した食品を加熱せずに食べた場合。

③ 飛沫感染(2次感染):患者の便や嘔吐物が飛び散った飛沫が口に入った場合。

④ 塵埃感染:患者の糞便・嘔吐物の処理が不十分で、これらが乾燥してほこりとなって空気中を漂い、
それが口から入った場合。

ノロウイルスは感染力が非常に強いため、2次感染予防に十分注意しないと集団感染を引き起こす場合があり
ます。2次感染予防には細心の注意を払いましょう。

なお、ノロウイルスは嘔吐物や便に含まれており、唾液には含まれていないため、咳やくしゃみで感染することはありません。

これってノロウイルス?こんな症状が出たら要注意

ノロウイルスに感染した時にあらわれる症状は以下のようなものです。

● 突発的で激しい吐き気や嘔吐

● 腹痛

● 水様性の下痢(軽度。数回でおさまることが多い)

● 38℃前後の発熱(それほど高熱にはならない)

● 通常1〜2日で改善する

ロタウイルスとの違いは?

ロタウイルスは乳幼児を中心に多く発生し、一度罹患して免疫が出来たあとは発症しないか、まれに発症しても軽症で済むという傾向があります。また、ノロウイルスの下痢が数回で治まるのに対して、ロタウイルスは、下痢が続く期間が1週間程度と長く、激しい下痢症状と39℃以上の発熱という特徴があります。

何よりも、小さな子供中心に罹患するロタウイルスと違い、全ての世代に感染するのがノロウイルスであるということを覚えておきましょう。

ノロウイルスにかかってしまったら 対処法と予防法

ノロウイルスに感染してしまったらどうしたらよいのでしょう? 自己判断は難しい部分もあるため病院に行くのが確実ですが、病院に行けない場合は前章で挙げた症状を参考に、慎重に対処することをおすすめします。

ここでは、正しい治療法や対処法、また感染を拡大させないための感染予防についてもご紹介します。

ノロウイルスにかかってしまったら

特効薬はあるの?

ノロウイルスに対する治療薬はありません。従って抗ウイルス薬などの市販薬などもなく、基本は自宅療養となります。

ノロウイルスの対処法

治療薬がないノロウイルスは、主に対処療法となります。安静な環境で体内のウイルスをすみやかに体外に排出することで治癒を促します。下痢や吐き気がつらくても、下痢止めや吐き気止めの薬を飲んでしまうと、その分回復が遅れてしまいますので自己判断で服用しないようにしましょう。

療養中の注意点

抵抗力が弱っている時に嘔吐や下痢が続くため、脱水症状にならないように注意することが必要です。症状が落ち着いているタイミングをみはからって、少しずつ水分を補給するようにします。もしも脱水症状になってしまったら、すぐに医師の治療を受けるようにしましょう。

出席(出勤)停止について

重大な流行が起こった場合は学校長の判断により出席停止になる場合がありますが、学校保健安全法による生徒の出席停止は義務づけられていません。しかし、2次感染を防ぐためには、下痢が完全におさまってから登校することが望ましいでしょう。

大人においては集団感染を防ぐため、特に公共の施設で働く人や業務上食品を扱う人は、症状が回復するまでは休むほうがいいでしょう。

ノロウイルスの感染予防

二次感染を防ぐための嘔吐物・糞便の正しい処理方法

ノロウイルスは、感染者の嘔吐物や糞便に大量に含まれています。家族や職場などで感染者の嘔吐物を処理する際には、自分自身や周囲への感染を防ぐために細心の注意を払う必要があります。処理の流れは以下のとおりです。

① 処理者以外は別室に移動するか可能な限りその場を離れる

② 部屋の換気をする

③ 処理者はマスク・手袋・洋服に染み込まないビニール製の作業着やエプロン.靴カバーを着用する

④ 嘔吐物を新聞紙やペーパータオルを使ってすくい取り、新聞紙ごとビニール袋に入れるという作業を繰り返し、終わったらビニール袋を密封する

⑤ 処理が終わったら、塩素系漂白剤を0.1%程度に薄めた液で周囲の床・壁・家具類などを広く入念に拭きあげて除菌する

⑥ 処理者が身につけた手袋やエプロンを捨て、石けんで入念に手洗いし、うがいをする

⑦ 吐瀉物や糞便が洋服に付着した場合は、塩素系漂白剤を0.1%程度に薄めた液に30分〜1時間程度浸けて消毒や90度以上のお湯で2分ほど殺菌消毒をした後、他の洗濯物と分けて洗濯をする

※  エプロンや手袋など使い捨てのもを準備しておくとよいでしょう

ノロウイルス予防のために日頃からこころがけることは

① 食品から感染しないために、特に二枚貝などの食品を生で食べないようにする。85℃以上90秒以上加熱する。他の食品から感染しないように、調理器具の熱湯消毒も効果的です。

② 手洗い・うがいの徹底。ウイルスは便に含まれるので、共用のトイレを使った後などは特に念入りに。タオルの共用は避け、ペーパータオルなどを使用します

おわりに

症状が激しく、非常につらいノロウイルス感染症。適切な対処法とさらに感染を広げないための予防方法を正しく知っておくことは大切ですね。

手洗いやうがいは日ごろから習慣づけておくとよいでしょう。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ