お役立ち情報

インフルエンザを理解して正しく対処しよう!

インフルエンザを理解して正しく対処しよう!

はじめに

毎年冬期を中心に猛威をふるうインフルエンザ。つらい症状はさることながら、高齢者や小児、慢性の病気を持つ方は特に重症化のリスクが高く十分な注意が必要です。インフルエンザとはどのようなものなのか、今一度確認してトップシーズンに備えましょう。

インフルエンザの特徴と風邪との違いについて知ろう!

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することによっておこる急性の呼吸器感染症です。インフルエンザにはどのような特徴があるのか、風邪との見分け方のポイントなどを学んでいきましょう。

インフルエンザには型がある

インフルエンザウイルスには、A、B、Cの3つの型があります。このうち、季節性インフルエンザとして流行して広がるのはA型かB型です。

A型インフルエンザはさらに140種類以上の型があり、変異や進化を繰り返しています。こうして新しく生まれた型が新型インフルエンザと呼ばれています。通常のインフルエンザは一度かかると免疫ができますが、新型インフルエンザに対してはまだ免疫を持たないため、急速に拡大・蔓延するおそれがあり、注意が必要です。

一般的にB型はA型に比べて発熱などの症状が出にくく、胃腸の症状がメインとなる傾向があることから、インフルエンザと気付かない場合もあります。

毎年の予防接種で使われるワクチンはその年流行するであろう型を予測し、その型にあったワクチンを作っています。

近年国内で流行している主な型は、AH3亜型(香港型)、AH1pdm09(2009年に流行した新型インフルエンザ)、B型山形系統と呼ばれる型です。

感染経路と潜伏期間を知ろう!

インフルエンザの主な感染経路は、感染者の咳やくしゃみの飛沫が鼻・口から入ることによる「飛沫感染」、空気中のウイルスを含んだ空気を吸い込んで感染する「空気感染」、ウイルスのついた手やものから感染する「接触感染」です。

感染後、発症までの潜伏期間は1〜5日間です。

インフルエンザと風邪の違いとは?

風邪もインフルエンザもウイルス性の疾患という点では同じですが、原因となるウイルスが違うため、その症状も異なります。

風邪は鼻水・のどの痛み・咳といった症状が中心で全身症状はあまり見られません。

それに対してインフルエンザは倦怠感・関節痛・筋肉痛・頭痛・食欲不振といった全身症状が強く出ること、38℃以上の発熱が急激に起こることが特徴です。

「全身症状」と「38℃以上の急激な発熱」

この2つの違いを抑えておきましょう。

インフルエンザにかかってしまったら…

インフルエンザかもしれないと思ったら、まずは何をすればいいのでしょうか? どのように対処するかがその後の明暗を分けます。治療と対処法について学んでいきましょう。

インフルエンザの治療

一般的に医療機関での治療にはインフルエンザウイルスの増殖を抑える“抗インフルエンザ薬“と呼ばれるお薬が使われます。抗インフルエンザ薬は、発症後48時間以内に服用することで効果を最大限に発揮するといわれているため、インフルエンザの疑いがある場合には早めに医療機関を受診することが大切です。

熱が出ているからと言って市販の風邪薬や解熱剤を安易に使うと、治りや発覚が遅くなったり、副作用を引き起こす可能性があります。自己判断で使うのは絶対にやめましょう。

自宅での対処法

医療機関にてインフルエンザと診断された場合は、安静と十分な睡眠・水分補給を意識することが重要です。

外出はできる限り避け、マスク着用や手洗いを心がけて感染が拡大しないように気をつけましょう。

出席停止期間について

インフルエンザは、学校保健安全法という法律に基づいて出席停止期間が定められています

以下2つの条件を両方とも満たすまでは登校が認められません。

①発症後5日間経過すること

②熱が下がってから2日(幼児は3日)経過すること。

インフルエンザによる出席停止は、基本的には欠席扱いになりません。無理をせず、体をしっかり回復させてから登校させましょう。

学校ごとに決められた提出書類がある場合が多いので、学校と医療機関それぞれに確認して手続きするようにしましょう。

おわりに

普通の風邪とは違って症状も重く、感染力も高いインフルエンザ。もしかしてインフルエンザかも!?となってから慌てないためにも、正しい情報をもとにしっかりと対策を立てておくことが大切ですね。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ