お役立ち情報

成分から学ぶ!自分に合った頭痛薬

はじめに

いつどんなシーンであっても頭痛は嫌なものです。
程度の差はあれ安静にすることで治まることも多い頭痛ですが、少しでも早くすっきりしたいときに重宝するのが頭痛薬です。

お店には多くの頭痛薬が並んでおり、自分で手にとって気軽に買うことができる反面、頭痛薬を安易に使ってはいけない持病をお持ちの方や副作用について知らないまま使っていらっしゃる方も少なくないでしょう。

痛みを止める成分単独のものもあれば、頭痛に対して補助的に働く成分を一緒に配合して効果を高めているものもあり、このようなタイプの頭痛薬は持病との相性や眠気などの副作用について注意すべき点が増えます。

しんどいときに薬が助けてくれるなら上手に利用したいもの。とはいえ余計な成分が入っているものは選びたくありませんよね。 今の自分にとって必要十分な成分のものを選び、低いリスクで大きな効果を得られるのが賢い使い方といえるでしょう。

一般用医薬品の頭痛薬で配合が許可されている各成分の特徴や副作用、補助的に配合される成分をまとめてみました。 ご自分に最適な頭痛薬を見つける際に参考にしていただければと思います。

一般用医薬品(市販薬)に配合されている解熱鎮痛成分の特徴と注意事項

アスピリン(アセチルサリチル酸)

特徴:
最古の頭痛薬
解熱・鎮痛作用に優れるが胃粘膜への負担も大きい
ごく少量投与すると抗血小板作用(血液が固まりにくくなる作用)を発揮するため、少用量のアスピリンは「血液さらさらの薬」として使用されている

注意事項:
胃と十二指腸への負担が大きいため胃潰瘍・十二指腸潰瘍の人や治療中の人は使用できない
過去に胃潰瘍・十二指腸潰瘍を経験した人は再発する可能性があるので連用には注意が必要
喘息患者、あるいは過去喘息だった人はアスピリン喘息を引き起こす可能性があるためなるべく避けたほうがよい
紫斑(あざ)ができやすいなど出血傾向のある人は服用を避け他の痛み止めを使うようにすること
過去に心臓病、腎臓病、肝臓病の診断を受けた人は要相談

主な製品:

バイエルアスピリン 10錠 [指定第2類医薬品]

イブプロフェン

特徴:
鎮痛、解熱、抗炎症作用すべてに効果を発揮する万能型
アスピリンと比べると胃腸障害はかなり抑えられている
子宮平滑筋への移行性が良く、生理痛に対する効果が高い
抗血栓作用はあるが非常に弱い

注意事項:
アスピリンではないが喘息を引き起こす可能性があるので過去に鎮痛剤服用で喘息を起こしたことがある人は使用できない
喘息患者、過去に喘息だった人も喘息を惹起する可能性があるので注意が必要
医療機関で胃・十二指腸潰瘍、血液の病気、肝臓病、腎臓病、心臓病、高血圧の治療や投薬を受けている人は使用できない
1回200mgを超える製品はジドブジン(商品名:レトルビン)という抗がん剤と併用すると出血傾向が高まることが報告されており併用することはできない
出産予定12週以内の妊婦は使用することができない
薬物相互作用が多いため、服用中の医薬品がある人は服用時によく確認するか購入時に薬剤師等によく相談したほうが良い

主な製品:

リングルアイビーα200 36カプセル [指定第2類医薬品]

ロキソプロフェンナトリウム水和物

特徴:
鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用すべて優れているが、特に鎮痛作用が優れており様々な痛みの症状に幅広く使われている
服用から効果の発現までが比較的早い
肝臓で代謝を受けて効果を発揮するプロドラッグで、胃に入った段階では胃に対するダメージが小さい
第1類医薬品なので購入の際には薬剤師による確認・指導が必要

注意事項:
胃腸への負担は比較的軽いが、肝臓通過後に効果を発揮する際に胃へのダメージが発生する
医療機関で胃・十二指腸潰瘍、血液の病気、肝臓病、腎臓病、心臓病、高血圧の治療や投薬を受けている人は使用できない
医師から血液関連の異常を指摘されている人は使用することができない
出産予定12週以内の妊婦は使用することができない
併用することで腎機能障害を起こす血圧降下剤が多いので高血圧治療中の人は特に注意が必要

主な製品:

ロキソニンS 12錠 [第1類医薬品]

アルミノプロフェン

特徴:
痛みに関与する部分だけを選択的に抑えて胃への影響を大幅に減らす設計
膝や腰の関節液に長くとどまる傾向があり、関節痛に対して特に効果的
医療用医薬品として20年ほど使われていたが、他の薬との競争に敗れて医療用医薬品の市場からは撤退

注意事項:
眠気が出るため服用後は機械操作や自動車運転等が不可となっている
出産予定日12週以内の妊婦は使用することができない
医療用医薬品の市場からは撤退したが、重大な副作用などの問題があったわけではない

主な製品:

ルミフェン 12錠 [第1類医薬品]

アセトアミノフェン

特徴:
他の鎮痛剤成分とは系統が異なるが、作用は似ている
胃腸障害が少ない
抗血小板作用も非常に弱く、出血傾向の人にも使える
鎮痛効果と解熱効果はアスピリンと同程度だが、抗炎症作用は弱い
小児用の解熱剤としては最も安心して使用できる

注意事項:
肝臓で代謝される際に肝毒性のある物質を生むので長期間の連用や普段から肝臓に負担がかかっている人は注意が必要
他の痛み止めよりも喘息を起こしにくいとされているが可能性はゼロではないので注意が必要
解熱鎮痛効果を発揮する仕組みは完全には解明されていない

主な製品:

エテンザミド、サリチルアミド

特徴:
アスピリンに近い働きをするが胃腸障害はアスピリンよりも弱いとされている
頭痛薬として単独で使われることはほとんどなく、他の痛み止めと配合されて補助的に使用されることが多い

注意事項:
15歳未満の小児でも使える総合感冒薬などに配合されていることがあるが、インフルエンザなどのウイルス性疾患にかかっている場合は使用を控えることとされている。

主な製品:

ノーシン散剤 8包 [指定第2類医薬品]

イソプロピルアンチピリン

特徴:
現在では一般用医薬品唯一のピリン系解熱鎮痛剤
解熱・鎮痛作用を有するが、効果を発揮する詳細な仕組みは解明されていない部分がある

注意事項:
ピリン疹という特徴的なアレルギーが出ることがあるため、アレルギー体質の確認は必須
血液障害や腎障害といった重篤な副作用も出る可能性があるため、副作用歴等の確認が必要
血液障害や過敏症などの可能性はあるが実際の報告は少なく、日本では「安全」とされている

主な製品:

セデス・ハイ 40錠 [指定第2類医薬品]

解熱鎮痛成分を補助する目的で配合されている成分

頭痛薬には解熱鎮痛成分だけでなく、解熱鎮痛成分の効果をより高める、頭痛に補助的に働く成分が配合されている場合があります。これらの補助的な成分の役割や副作用も知っておくと、自分に必要な成分だけのものを選ぶことができます。

カフェイン類

特徴:
中枢興奮作用によって眠気等を抑えるほか、解熱鎮痛成分の作用を増強して頭痛薬としての効果を補助することが知られています。
しかしコーヒーなどの飲料を始めとした食品からのカフェイン摂取もあり、過剰に服用してしまう可能性があるので注意が必要です。
副作用としては中枢興奮作用による不眠や震え、胃酸分泌増加などの胃腸障害あります。
胃腸障害は解熱鎮痛成分ほどではありませんが、カフェイン配合の頭痛薬は胃にやさしいとは言えませんね。
また、カフェインは薬物相互作用が非常に多く、一緒に服用することでカフェインの効果が急激に強く出てしまうことがあります。

主な製品:

ノーシン錠 16錠 [指定第2類医薬品]

ブロモバレリル尿素

特徴:
催眠・鎮静作用を持つ成分で、頭痛薬には肩こりやストレスなどの頭痛を誘発する要因に効果を発揮することで痛み止めの成分を補助する役割があります。
催眠作用があることから当然眠気が出る成分で、服用後は自動車の運転や機械の操作は控えることとなっています。
また、ふらつきなどが出る可能性もあるため、この成分を含む頭痛薬を飲んだ後は安静にしているのが望ましいでしょう。

主な製品:

ナロン錠 48錠 [指定第2類医薬品]

アリルイソプロピルアセチル尿素

特徴:
前述のブロモバレリル尿素と同じ目的で配合されており、その効果や副作用もほぼ同じものです。
しかし体への蓄積性や中毒性が低いためブロモバレリル尿素よりも安全な成分とされているためほとんどの頭痛薬にはこちらの成分が配合されています。
また、これら催眠・鎮静作用を持つ成分はカフェイン類と一緒に配合されていることがほとんどです。

主な製品:

イブA錠EX 40錠 [指定第2類医薬品]

ケイヒ

特徴:
桂樹の樹皮を原料とする生薬で、健胃作用があることから頭痛薬に配合されていることがあります。
桂樹の樹皮はシナモンの原料でもあり、ケイヒを含んだ粉薬はシナモンの独特の香りがします。

主な製品:

ケロリン 64包 [指定第2類医薬品]

酸化マグネシウム

特徴:
胃酸を中和して胃の中をアルカリ側に傾けます。
胃酸過多などによる胃痛や、量を多くすることで緩下剤としても働きますが、ロキソプロフェンやイブプロフェンなどに少量加えて胃内を少しアルカリに傾けるだけで有効成分の吸収が早くなります。
この性質を利用して、痛みに早く効くようにする目的で頭痛薬に添加されます。

主な製品:

胃粘膜保護剤

特徴:
痛みを感じさせる成分と胃の粘膜を保護する成分が同じであるため、痛みを抑えれば胃の防御が弱くなって胃酸によって胃が傷んでしまいます。
この問題を簡単に解決するのが、痛み止めと一緒に粘膜を保護する薬を飲んでしまうことです。
胃粘膜保護成分はいくつかの種類がありますが、これらの成分を含んでいるものは「胃にやさしい」という旨のことがパッケージに記載されているものが多く見うけられるようになりました。
普段から胃の調子が悪くなりやすい人は痛み止めを飲むことを躊躇してしまうこともあるかもしれませんが、胃にやさしいことを謳っている製品を選ぶことで服用後の胃痛などが軽減されるでしょう。

主な製品:

おわりに

ちょっと専門用語や成分の名称などが多くなってしまい分かりにくかったかもしれません。 しかし頭痛薬といっても痛みを抑える成分が複数あり、さらに補助成分まで配合することで単独で使うよりも効果的になるように工夫されています。

しかし痛み止めだけでいい人にとってはカフェインや鎮静成分は「余計なもの」となってしまうこともあるので、頭痛薬を選ぶ際の参考になればと思います。

痛みの発生にはプロスタグランジンという物質が密接に関わっていますが、この物質は胃粘膜の保護にも関わっています。 痛み止めの成分はこのプロスタグランジンの生成を抑えることで鎮痛効果を発揮するため、同時に胃粘膜の防御も弱めてしまいます。

副作用として胃腸障害が出ないように様々な工夫がされていますが、胃腸障害を完全になくすことは難しいので頭痛薬を服用することで、程度の差はあれ必ず胃腸に影響が出るものと思っておきましょう。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ