お役立ち情報

その症状、本当に風邪ですか? 日常に潜むRSウイルス感染症の脅威

その症状、本当に風邪ですか? 日常に潜むRSウイルス感染症の脅威

はじめに

小さいお子様を持つご家庭にとって、注意すべき感染症の一つであるRSウイルス感染症。例年は冬にピークを迎えていましたが、最近では初夏から患者数が増加する傾向にあり、認知度が上がりつつあるようです。

何やら重々しい病名ですが、RSウイルス感染症とはどのような感染症なのでしょうか。

また、感染を広げないための予防方法や対策も知っておきましょう。

RSウイルス感染症は風邪によく似ている!

RSウイルス感染症は、RSウイルスの感染による急性の呼吸器疾患です。

その症状は『発熱』『鼻水』『咳』などで風邪の諸症状によく似ており、すでに一度感染している年長者ではRSウイルス感染症であることに気付かないことも多いようです。

感染してもほとんどは軽度な症状で済みますが、重症化すると細気管支炎、肺炎にもつながる可能性があるため注意が必要です。

重症化の中心は初めて感染した1歳未満の乳児ですから、お子様がまだ小さいうちはご家族はただの風邪だと油断せずに注意深く体調の変化を観察し、重症化のサインを見逃さないようにすることが大切です。

重症化のサインとは?

RSウイルスの潜伏期間は2~8日。多くの場合は4~6日で『発熱』『鼻水』『咳』などの症状を発症し、通常であれば数日で快方に向かいます。しかし、その後に咳がひどくなり、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴(ぜんめい)を伴う呼吸困難が起こりはじめると、重症化の恐れがあります。

RSウイルス感染症には特効薬・ワクチンはありませんので、患者はひたすら安静にし、『咳を抑える』『熱を下げる』といった症状を和らげる治療を受けることしかできません。対処が遅くなると細気管支炎や肺炎となり入院を余儀なくされることもあります。重症化し、つらい状態を長引かせないためにも、喘鳴などの兆候がでたらできるだけ早く病院を受診しましょう。

保育園復帰のタイミングは?

お子様の症状が落ち着くまで外出は控えるべきですが、むずかしいのは保育園などへの復帰のタイミングです。RSウイルス感染症は、インフルエンザやおたふく風邪などとは異なり、学校保健安全法で「○日間は欠席すること」と定められているわけではありません。登園再開は主治医の指示に従うことになりますが、最低でも1週間は自宅で療養すると考えておいた方がいいかもしれません。

また、保育園によっては医師による「登園許可証」の提出が必要になるので、事前に確認しておきましょう。

ちなみにRSウイルス感染症は、指定届出機関にて定点観測したほうがよい感染症(5類感染症)のひとつ。お住いの地域での流行の程度は各自治体がHPでも公表していますので気になる方は検索してください。

(参考:東京都感染症情報センター http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/rs-virus/rs-virus/

感染経路・感染力は?

RSウイルスは結核のように空気感染はしませんが、非常に感染力の強いウイルスです。感染経路は飛沫感染や接触感染。感染者の咳やくしゃみの飛沫を吸い込んだり、ウイルスが付着した手指や物品に触れたりすることで感染します。

家族間での感染例がとても多いため、咳や鼻水などRSウイルス感染症様の症状がある年長者は乳児と接触を避け、避けられない場合にはマスクを着用して接することを心がけましょう。食器の使い回しも厳禁です。

また、大人からお子様、お子様からお子様への感染だけでなく、お子様から大人へも感染します。

手洗い、うがいはもちろんのこと、ドアノブ、手すり、各種のスイッチ、机、椅子、おもちゃなどは、こまめにアルコールや塩素系の消毒剤で拭くことで対策しましょう。

■RSウイルスに有効な消毒剤■

【おもちゃなどの消毒に】

・ピューラックス600mL[第2類医薬品](次亜塩素酸ナトリウム系)


【手指の洗浄に】

・明治ハンドウォッシュ100mL[第3類医薬品](ポビドンヨード系)


【手指の消毒に】

・ハンドラボ手指消毒ハンドジェルVS携帯用

おわりに

症状が風邪と似ているだけに、見分けがつきにくく発覚が遅くなることがあるRSウイルス感染症。重症化のリスクはそこまで高くはないですが、症状や重症化の兆候を前もって知っておくことが、大切な家族をその脅威から守ることにつながります。

いざというときに困らないよう、乳児期に気を付けるべき感染症の一つとして覚えておくとよいでしょう。

2019年8月22日更新

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ