お役立ち情報

症状・対策・予防など、熱中症の基礎知識を確認しよう

症状・対策・予防など、熱中症の基礎知識を確認しよう

はじめに

近年の日本の夏は厄介です。気温も湿度も異様に高く、常に熱中症の危険性と隣り合わせ。特に初夏は身体がまだ暑さに慣れていないため、若く健康な人でも突然倒れたりすることも! 熱中症でふらふらになる前に、その症状・対策・予防などをおさらいしておきましょう。

暑さはもちろん、高い湿度も熱中症を呼ぶ!

熱中症とは高温多湿(気温28℃以上、気温25℃以下でも湿度80%以上)な環境下で起こる体調不良の総称です。大量に汗をかいたり、体内に熱がこもったりして、身体機能のバランスが崩れてしまうと発症します。

炎天下で肉体労働やスポーツをしているときはもちろん、蒸し暑ければ室内で静かに過ごしていても、徐々に症状が進行するのが怖いところ。風通しの悪いキッチンで火を使い続けたり、熱帯夜に適度な水分補給をせずに眠ったりすることも、熱中症のリスクを高めるので要注意です。

特に体温調節がしにくい高齢者や乳幼児、運動不足で発汗機能が落ちている人、病気や疲労で身体が弱っている人などは、熱中症を起こしやすいので、より気をつける必要があります。

めまいや吐き気…こんな症状が出たら黄信号

熱中症は症状の重さによって、3つのカテゴリーに分類されています。初期症状としてめまいが起こりがちなのは、身体が体内にこもった熱を逃がそうと、皮膚の血管を広げるため。その結果、脳へ向かう血流が減ってしまい、めまいの症状が現れるのです。いずれにせよ、熱中症は重症化すると命に関わるので、夏場はこまめな水分補給と休息を欠かさないようにしましょう。

Ⅰ度(軽症:現場での応急処置で対応できる軽症)

症状/めまいや立ちくらみがある。筋肉の硬直やこむら返りがある。手足のしびれ。大量の発汗など

症状からみた診断/熱失神、熱けいれん

対処法/

・涼しい場所で休む→患者がふらついて転倒する危険性を踏まえ、付き添いの人が身体を支えて移動

・水分補給→塩分なども含んだ経口補水液を飲むのがベスト

・衣服を緩めて体を冷やす→首筋、腋の下、太腿の付け根など、太い血管が通っている場所を冷やすと効果的

Ⅱ度(中等症:病院への搬送が必要)

症状/激しい頭痛。吐き気と嘔吐。強い倦怠感や虚脱感など

症状から見た診断/熱疲労

対処法/

・「Ⅰ度」の対処法に加え、足を高くして休養

・一人にせず、必ず誰かがつきそうこと

・その後、自分で水分や塩分を摂れなければ、すぐに医療機関で受診

Ⅲ度(重症:入院して集中治療が必要)

症状/Ⅱ度の症状に加え、意識障害。運動障害。体の痙攣。呼びかけに対する返事がおかしい。まっすぐ歩けない。高体温など

症状から見た診断/熱射病

対処法/

・「Ⅱ度」の対処法に加え、体を冷やす際は氷なども使用

・同時に、すぐに救急車を要請

暑さ指数もチェックして熱中症をしっかりガード

条件次第で誰でも発症するだけに、熱中症は予防が大切です。4~9月に環境省が公表しているWBGT値は、国際的な暑さの指標。こちらは主に気温・湿度・輻射熱(照り返しなどのこと)の3要素から算出するもので、WBGT値が28℃を超えると熱中症の発生率が急増します。

算出における3要素の内訳は、気温10%、湿度70%、輻射熱20%。とりわけ湿度を重視していますが、これは蒸した環境下では汗が蒸発しにくく、熱中症が起こりやすいことを考えての措置です。実際、同じ気温でも湿度が高い方が熱中症患者は増えるので、陽射しや気温が控えめの日も油断せず、きちんと水分を補給してください。

ちなみにWBGT値は環境省の熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/)で確認できます。無料で場所ごとの情報メールも受け取れるので、配信の登録をしてみるのもいいでしょう。

また、日頃のちょっとした気遣いで熱中症を防ぐことができます。例えば飲み物を持ち歩くだけでも熱中症予防につながります。また、家の外壁が太陽の熱を直接受けないように、よしずなどを立てかけておくのも良いでしょう。

●室内を涼しく

扇風機やエアコンを上手に使って、室温を適度に下げましょう。節電も大切ですが、ガマンはしないように。

●衣服を工夫

麻や綿などの通気性の良い生地を選んだり、吸水性や速乾性に優れた素材を使った下着を選ぶことも効果的です。

●日差しを避けよう

帽子をかぶったり、日傘をさして直射日光を避けましょう。

●冷却グッズを身につけよう

冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズを活用しましょう。

大量に汗をかいたときの塩分補給は必須ですが、もともと日本人は塩分過多気味。夏だからといって、日常的に塩辛いものを多く食べる必要はないので、ほどほどに。

おわりに

熱中症は身近で怖い病気です。「自分は大丈夫」と過信せず、予防に努めるのが鉄則。同時に日頃から栄養バランスに気を配り、適度な運動習慣を持つなどして、暑さに負けない身体をつくっておきましょう。

関連記事はこちら

・熱中症を予防したい
・愛犬が熱中症?!特に気をつけたい4つのタイプのワンちゃんのとは?
・屋内でも夜間でも!日常に潜む熱中症のリスクにご用心

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ