お役立ち情報

用途でチョイス!防水・撥水スプレーのオススメはこれ!

用途でチョイス!防水・撥水スプレーのオススメはこれ!

はじめに

身近な生活用品に吹きつけると、モノの耐水性を高められる防水・撥水スプレー。これから梅雨に向かうことを考えても、1本持っていると便利ですよね。
市販のスプレーはフッ素系とシリコン系に大別され、皮革用、衣類・布用、金属用など用途によって成分が異なります。また「撥水」は水を弾くことで、「防水」は中に水を通さないこと。よって、防水スプレーと撥水スプレーでは役割がちょっと違います。
ここではそれぞれの特徴を踏まえつつ、オススメ商品を見ていきましょう。

革製品もどんと来い!フッ素系はオールマイティ

フッ素系のスプレーは、用途が幅広いのが魅力です。散布後も適度な透湿性を保つので、乾くとひび割れてしまう本革にも使って大丈夫。さらに各種の繊維や金属など、さまざまな素材に対応する商品がそろっています。

持続性こそさほど長くないものの、シミになりにくく、油などの汚れまで弾く点も見逃せません。服や靴、バッグといった日用品にスプレーしておけば、お手入れがぐっと楽になりますよ。

ただし、フッ素系だからといって油断せず、用途は必ずチェックしてください。例えば独特の風合いを持つムートンやエナメル、スエード素材には、専用のスプレーが用意されています。注意書きをよく読んで、適合する商品を選びましょう。

傘やレインコートなどにはシリコン系

シリコン系のスプレーの特色は、吹き付けたモノの表面を成分の膜でしっかりと覆うこと。だからこそ、高い防水・撥水効果が期待できるのです。

その分、服に使うと蒸れやすくなりますが、フッ素系より安価なうえ効果も長持ちするので、傘やレインコートなどにひと吹きしておくといいでしょう。特に縫い目に沿ってていねいにスプレーすれば、水の浸透を高確率で防ぐことができます。

ただし、同じレインコートでも、透湿性を持つゴアテックス系の素材に使うのは厳禁です。せっかくの透湿性が失われてしまうので、ゴアテックスには専用のスプレーを使ってください。

オススメの撥水・防水スプレーはコチラから>>
防水スプレー 420mL


スコッチガード 衣類・布製品用 170mL
レインガード 大 180mL

外壁やクルマなどにも

撥水・防水スプレーは服や靴などの身の回りの品だけでなく家の内外、車にも重宝します。 防水スプレーはじめつく場所の外壁にスプレーすれば、カビやコケの発生を抑えられますし、急な雨漏りの応急処置に使うという手もあります。また、撥水スプレーで洗面台や便器などに吹きつけて、日々の汚れをガードするのもいいでしょう。

さらに愛車のケアにも大活躍。ボディを保護するのはもちろん、ウィンドウガラスなどの撥水性を高めておけば、雨の日の事故防止にもつながります。

それぞれ専用の撥水・防水スプレーがありますので、用途や素材に合わせてお選びください。

おわりに

衣料品から建物まで、さまざまなモノに使える防水・撥水スプレー。手軽さが最大のポイントですが、扱いには注意も必要です。まず、スプレーを吸い込むと中毒を起こす危険性があるので、使用の際はベランダなどの屋外に移動したり、換気をしっかり行いましょう。
万が一、気分が悪くなったら作業を中止し、場合によっては受診することが大切です。また、多くのスプレーには可燃性の成分が含まれています。火気の近くでは決して使用しないでください。

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ