お役立ち情報

目の日焼けは肌の日焼け?紫外線が引起こすさまざまな目の病気

はじめに

涼しい日は肌寒いくらいですが天気がいいと夏日にもなるこの季節、いかがお過ごしでしたでしょうか?
ジリジリと肌を焼くような日差しの日もありました。多くの方が紫外線対策(日焼け対策)をしていると思います。でもちょっと待ってください。紫外線に晒されてるのは肌だけでしょうか?そう、目です。目もばっちり紫外線を受けています。目の日焼け対策、していますか?

紫外線の目への影響

強い紫外線を目に浴びたり、そんなに強くなくても長時間浴びるとどのようなことが起こるのでしょうか?

雪眼炎(せつがんえん)

強い紫外線を目に受けると、角膜が傷つきます。その結果、チカチカしたり痛くなったり、ゴロゴロと異物感を覚えます。 いわゆる「雪目」ですね。強い紫外線を受けることで発生するので、溶接の光でも同じような状態になります。こちらは「電気性眼炎」といいます。

白内障

角膜の下には目のレンズの役目を果たす水晶体があります。この水晶体が白濁するのが白内障ですが、水晶体が長い年月をかけて紫外線のダメージを受け続けると白内障の原因となります。

翼状片(よくじょうへん)

眼球の白い部分、白目の部分が増殖してくる一種の腫瘍です。良性のものなのでこの増殖した白目そのものは特に問題がないのですが、血管を伴って黒目の方に進んでくるので見た目が気になります。
見た目が気になる程度であれば放置してもいいのですが、このまま増殖が進行してしまうと瞳を圧迫することになります。圧迫されることで瞳に歪みが生じ、その結果乱視になってしまいます。ここまでくると放置というわけにもいきません。
さらに増殖が進行すると瞳の上にかぶさってきてしまいます。こうなると乱視どころではなく見えなくなってくるので治療が必要ですね。
治療は手術による除去ですが、これはそれほど難しいというものではないそうです。ただ、再発の可能性はあります。

目が日焼けすると肌も黒くなる?

目に紫外線を受けると、肌が日焼けを始めるというものです。
え?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
せっかく日焼け止めを塗って対策をしてもこれでは困りますよね。なぜそんなことになるのでしょうか。
目は光を受けて、その映像を脳に送っていますが、当然紫外線もキャッチして情報として脳に送っています。その情報を受けた脳は、脳下垂体という場所からインテルメジンというホルモンを分泌します。
このインテルメジンがメラニン細胞を活性化させ、メラニン色素を作らせます。メラニン色素を作り出すことで紫外線のダメージが皮膚の奥深くに届かないように防御しているのですが、このメラニン色素がシミなどの原因になってしまうので悩ましいところです。

目の日焼け対策

目への紫外線、なんとか防ぎたいところですね。しかし目には肌のように日焼け止めを塗ることができません。
もっとも有効なのはサングラスや大きな帽子で物理的に紫外線を防ぐことです。これは是非実施しましょう。
他にはUVカット機能付きのコンタクトレンズなどがあります。しかしこれは補助的なものと考えておいた方がよさそうです。
実は目薬にも日焼け対策用の目薬というものがあります。当然ですが紫外線をカットするものではなく、紫外線によって受けたダメージ(やけど)を回復させるものです。

・サンテメディカルガードEX 12mL [第2類医薬品]

メーカーサイトはこちら>>

ココカラファイン.ネット商品ページ(サンテメディカルガードEX 12mL)>>

・バイシンUV

メーカーサイトはこちら>>

ココカラファイン.ネット商品ページ(バイシンUV)>>

これらの目薬は、紫外線のダメージに有効な硫酸亜鉛水和物という成分を含んでいますので、外出後に使用することで瞳のケアになりますね。

血管収縮剤も配合されていますので、毎日継続して使用するのは控えてください。

おわりに

目に紫外線を受けることで本当に肌が黒くなってしまうのかは断言できません。 しかし、目に紫外線が入ることを防ぐのはとても意義のあることと思います。 女性の方は特に肌が焼けるのも気になると思いますが、白内障など目の疾患のリスクが高まってしまうのは困りますからね。 夏でも冬でも、海でも山でもゲレンデでも、紫外線が強いときはサングラスなどでしっかり防ぎましょう。

目と肌の関係は本当?

さて、話が戻ってしまうのですが目に紫外線を受けると肌が黒くなるというのは本当でしょうか?
この現象を発見・検証した大阪大学井上教授の論文(※)が2003年に出ています。
実験結果を見る限りでは目が紫外線を受けることで肌が焼けるということになるのですが、この実験は動物で行われていますので、ヒトに対しては、あくまで仮説ということになります。 紫外線に対する反応はヒトでも人種差がありますし、これを考えるとラットの反応というのは参考情報程度に考えておくのがいいのかもしれません。
○全て英文ですが、ラットを使用した実験結果を抜粋して訳しておりますので、ご興味のある方は、是非ご覧下さい。

引用元:大阪大学 井上教授研究論文

  • 井上教授研究論文:日本語説明(抜粋)

    ラットに麻酔をかけ、アルミホイルで全身を包んで余計な紫外線が当たらないようにして実験しています。

    ラットA…アルミホイルで包まず、紫外線も照射しない
    ラットB…アルミホイルで包み、耳の部分に穴をあけ可視光線(紫外線ではない)を照射
    ラットC…アルミホイルで包み、目の部分に穴をあけ可視光線(紫外線ではない)を照射
    ラットD…アルミホイルで包み、耳の部分に穴をあけ紫外線を照射
    ラットE…アルミホイルで包み、背中の部分に穴をあけ紫外線を照射
    ラットF…アルミホイルで包み、目の部分に穴をあけ紫外線を照射

    5日間照射したあとで、耳の皮膚のメラニンの変化を探ります。

    A…変化なし
    B…変化なし
    C…変化なし
    D…耳の皮膚にメラニンの増加あり
    E…背中に照射したにもかかわらず、耳の皮膚のメラニンに増加あり
    F…目に照射しただけにも関わらず、背中に照射したときよりも耳の皮膚のメラニンの増加あり

    この実験で、
    1.紫外線によって日焼けが起き、他の光線では起きないこと
    2.皮膚に紫外線があたると日焼けを起こすこと
    3.皮膚に紫外線があたった場合、当たっていないところにも日焼けを起こすこと
    4.目に紫外線を受けた場合、皮膚に日焼けを起こすこと これらの事実が分かります。

    次に、脳下垂体を切除したラットを用いて実験を行います。

    ラットG…下垂体切除なし、紫外線照射なし
    ラットH…下垂体切除なし、目に紫外線照射
    ラットI…下垂体切除なし、耳に紫外線照射
    ラットJ…下垂体切除、紫外線照射なし
    ラットK…下垂体切除、目に紫外線照射
    ラットL…下垂体切除、耳に紫外線照射

    先ほどの実験と同様、5日間照射して耳のメラニンの変化を見ます。

    G…変化なし
    H…耳の皮膚にメラニンの増加あり
    I…耳の皮膚にメラニンの増加あり
    J…変化なし
    K…変化なし(!!)
    L…耳の皮膚にメラニンの増加あり

    この実験で、
    1.下垂体を切除しても紫外線照射がなければメラニンは増えない
    2.下垂体を切除すると目に紫外線を照射しても皮膚のメラニンは増えない
    3.下垂体を切除しても皮膚に紫外線を受けた場合の皮膚のメラニンは下垂体とは関係なく増える

    これらの実験を総括すると、
    1.目に紫外線を当てることは皮膚のメラニン増加に関係する
    2.目に紫外線を当てて皮膚のメラニンが増加するには下垂体が必要である こららより
    3.目に対する紫外線の刺激によって下垂体からメラニン色素を作るホルモンが分泌されている という結論を導くことができます。

2019年5月10日更新

Facebookでシェアする twitterでシェアする
ページトップへ