twitterでシェアする Facebookでシェアする
twitterでシェアする Facebookでシェアする
37万個突破 敏感肌にも使える!最強UV 界面活性剤0%

ディアパーフェクト プレミアムUV エッセンスミルク EXの商品画像

ディアパーフェクト プレミアムUV エッセンスジェル EXの商品画像

※1 紫外線防御効果の指標表示(SPF/PA)において国内最高レベルの日やけ止めであること

肌にやさしい使い心地 無添加処方肌にやさしい使い心地 無添加処方

ミルクタイプ 9つの無添加

界面活性剤
紫外線吸収剤

ジェルタイプ 8つの無添加

界面活性剤

▽▼ミルク・ジェル共通の無添加処方▼▽

プロピレングリコール
小麦由来タンパク
パラベン(防腐剤)
アルコール(エチルアルコール)
鉱物油着色料香料

ディアパーフェクトは界面活性剤0%

界面活性剤とは

ディアパーフェクトの魅力

エッセンスミルク

ヒアルロン酸(保湿)配合※2

ディアパーフェクト プレミアムUV エッセンスミルク EXの商品画像

【※2】加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na(保湿)【※3】当社比【※4】保湿成分【※5】サッカロミセス溶解質エキス【※6】リンゴ果実培養細胞エキス

エッセンスジェル

プラセンタエキス(保湿)配合

ディアパーフェクト プレミアムUV エッセンスジェル EXの商品画像

【※7】「フラバンジェノール」は登録商標です。フランスカイガンショウ樹皮エキス【※8】乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液【※9】3-O-エチルアスコルビン酸

ココカラファイン
限定商品

ディアパーフェクト
プレミアムUV
エッセンスミルク EX

ディアパーフェクト プレミアムUV エッセンスミルク EXの商品画像
  • ミルクタイプ
  • より肌にやさしい処方※10
  • ヒアルロン酸配合※11
  • 汗・水に強い
    ウォータープルーフタイプ
  • 専用クレンジング不要

【※10】当社従来品と比較【※11】加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na(保湿)

2,035(税込

購入はこちら

ディアパーフェクト
プレミアムUV
エッセンスジェル EX

ディアパーフェクト プレミアムUV エッセンスジェル EXの商品画像
  • ジェルタイプ
  • プラセンタエキス(保湿)配合
  • 汗・水に強い
    ウォータープルーフタイプ
  • 専用クレンジング不要

2,035(税込

購入はこちら

意外と知らない!?
日やけ止めについて

Q&A
  • Q

    紫外線は夏だけじゃないの!?

    A

    紫外線が多いのは真夏だけと思われがちですが、実は紫外線は一年中降り注いでいます。その照射量は4月頃から増加し、7月にピークに達しています。

  • Q

    そもそも紫外線って何?
    紫外線にも種類ってあるの?

    A

    肌に届く紫外線には、UV-AとUV-Bがあります。
    紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類あり、このうち肌に届くのは、UV-AとUV-Bです。
    それぞれ波長が違うため、肌に与えるダメージが異なります。

    イメージ画像

    じわじわダメージのUV-A

    UV-A(紫外線A波)は肌に届く紫外線の9割を占め、UV-B(紫外線B波)よりも肌奥深くまで届くのが特徴です。炎症が起きにくく気がつきにくいですが、真皮にじわじわとダメージを与えるため、繰り返し浴びてるうちに、肌のハリや弾力を低下させて、肌のたるみなどを招きます。

    ヒリヒリ炎症のUV-B

    エネルギーが強いため、多量に浴びると真っ赤な日やけやヒリヒリとした炎症を起こします。肌表面にダメージを与え、シミやソバカス、乾燥などの原因に。屋外に出かけるときは注意が必要です。

  • Q

    SPFとPAは何を示しているの?

    A

    UV-BとUV-Aをどのくらい防ぐ効果があるかを示しています。

    SPF50+ PA++++

    SPF

    UV-Bを防ぐ効果の目安となる数値です。
    10~50+までの数値があり、数値が高いほど肌の炎症を防ぐ効果が高いといえます。
    屋外に出かけるときは、特にSPFが高い日やけ止めを使用しましょう。

    PA

    UV-Aを防ぐ効果の目安で、現在は+~++++の4段階で表されます。
    +が多いほど、肌の黒化やシワ、たるみなどを防ぐ効果が高いといえます。

  • Q

    何歳から使えますか?

    A

    乳幼児期を過ぎたお子様の肌は、大人の肌とほぼ同じと考えられていますのでご使用が可能です。ただし念のため、ご使用の際は腕など変化が目につきやすい部分でお試しいただいてから使うことをおすすめします。使用後は洗浄料などを使ってきちんと落としてください。

  • Q

    とりあえず塗っていれば大丈夫だよね?

    A

    日やけ止めは正しく塗らないと効果を発揮しません。

    イメージ画像

    日やけ止めを塗る際は、顔だけでなく、首や耳の後ろのお肌のすみずみまで塗るようにしましょう。また、屋内や車内も紫外線が届くといわれていますので、油断せずに日焼け対策をしましょう。使うシーンやお肌のタイプ、感触などから、ご自身に合った日やけ止めを選びましょう。