ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

ハンドクリームを選びたい



気温が下がって乾燥が進むと気になってくる「かゆみ」や「赤み」「ひび割れ」などの手荒れ。

もともと手には皮脂を分泌する皮脂腺がほとんどなく、カラダの他の部分に比べると肌表面の角質層がダメージを受けやすい状態になっています。特に冬場は空気が乾燥している事に加え、皮膚の新陳代謝が低下しているため、さらにバリア機能が弱くなっています。また、水仕事や過剰な手洗いなどがバリア機能を奪う原因となることもあります。

ハンドクリームは皮脂分を補い手を保護したり、炎症やかゆみを抑えるものもありますので、適切に使うことで症状を予防・改善できます。しっかりとしたハンドケアをおこない、美しい手を目指しましょう。

高保湿ハンドクリーム

各種うるおい成分やビタミン類などを配合した高機能タイプのハンドクリームです。
どれも保湿力が強く、失われる水分をおさえながら外部の刺激から守ってくれます。
比較的かゆみや赤みがひどくなる前の普段のケアとしてご利用ください。

手の潤いケアだけではなく、爪までケアする商品も増えています。美しい手を目指して日々手指のお手入れをしましょう。

手湿疹(主婦湿疹)に

手湿疹は手荒れがさらに進行し、乾燥やかゆみ、赤みがひどくなった状態をいいます。
乾燥している場合はかゆみ止めや炎症を抑える成分が入っている保湿力の高いクリームを使用します。発疹や水ぶくれの症状が出ている場合は、ステロイド剤の塗り薬を使用して一気に治療します。

ハンドクリームに入っているステロイドは安全性の高いものですが、長期での連用はあまりおすすめできません。症状が長く続くようであれば病院へ行きましょう。
かゆみが強い場合は内服のかゆみ止めを飲むのも手です。

ひび・あかぎれ・しもやけ

乾燥が進み、肌表面の溝から亀裂が入った状態のうち、軽いものを「ひび」と呼び、かゆみを伴います。症状が悪化し、血がにじんできている状態を「あかぎれ」と言い、場合によっては強い痛みを感じます。どちらも患部を保護・保湿しながら、炎症を抑えるクリームを使用しましょう。症状によってはステロイドの塗り薬も使えます。

また、寒さなどによって血液の循環が滞り、手指などの末梢部分がうっ血し炎症やかゆみなどをおこした状態を「しもやけ」といいます。手の水分を保ち、冷やさないようにして、マッサージなどで血行の改善をおこないましょう。

手荒れ改善『4つ』のコツ!


  • 手荒れが気になる方は、洗剤や薬剤を使う時「手袋」は必須。ゴムが苦手な場合は、少しサイズを大きめにして綿手袋をした上からさらに手袋をするか、ゴム製でないものを選びましょう。

    また、界面活性剤などが少ない、肌に優しい洗剤を使うと、手は負担がかかりにくくなります。
    →優しい洗剤特集へ


  • 水仕事の際や手洗いの際、熱いお湯を使うと手の油分がさらに多く失われてしまいます。極力30度前後の水かぬるま湯を使用しましよう。

    水仕事を終えたらできるだけ手に水滴を残しておくことがないように拭いて、手の皮膚が乾燥する前、若干湿り気が残っているうちにハンドクリームを使用しましょう。


  • 必要以上に手を洗ってしまうと、手の油分が失われます。手洗い石けんも手指に優しいものがありますのでそういった物を使用しましょう。

    手指の除菌用アルコールは手から油分を奪ってしまうので使いすぎには注意しましょう。手洗い後はハンドクリームを忘れずに。


  • 夜はハンドクリームをしっかり塗り込み、綿の手袋をして就寝中のハンドケアをしましょう。マッサージをしながら塗り込むと、血流が良くなり効果もUPします。ハンドクリームの前に化粧水をつけるのもおすすめです。

    重ね塗りする場合は、治療系クリームを塗った上に保湿系クリームを重ね塗りしましょう。

その他のハンドケア商品

あなたにオススメの記事

ページトップへ