ドラッグストア・調剤を運営するココカラファインのお役立ち情報サイトです。
ご利用ガイド ゲスト様

あなたのお悩みは?

救急箱を準備しておきたい

必要な時に、必要なものが入っていると助かるのが救急箱。一口に救急箱と言っても、その大きさも中身も、家族構成や持病や生活習慣などによって微妙に変わってくるものです。自分の家族・家庭にとって必要なものを選択し、家族の誰もが安心して使える救急箱を作りましょう。困った時に家にあると助かる医薬品や衛生材料などをピックアップしました。期限切れの可能性もある置き薬となるので使い切りやすい小包装のものを選び、結果的に捨てる可能性もあるので似た効果や内容でお安い医薬品もご紹介しております。また、すでに救急箱を備えている方も、この機会に医薬品の使用期限を確認してみてはいかがでしょうか。

救急箱

置き場所のスペースや内容量に応じてサイズが選べます。木製救急箱のセットには基本の衛生材料が入っていますが、医薬品は付属しません。まずは最適な救急箱を選びましょう。

かぜ薬

お子様のいるご家庭では子供から大人まで使えるマイルドなものを。大人だけのご家庭であれば大人専用の効果の高いものを用意しましょう。

解熱鎮痛剤

頭痛や歯痛など、突然の痛みに対応できる痛み止めを揃えました。この種類の薬ではロキソニンSが有名ですが、ロキソニンと同じ成分の他社製の錠剤も販売されています。第1類医薬品をお買い上げいただくには問診が必要です。ご面倒な方は指定第2類、第2類の痛みどめをご利用ください。

胃痛・総合胃腸薬

胃痛といっても人によって症状は様々です。多いのは胃酸過多による胃痛・胸焼けと、食べ過ぎ・飲みすぎによる消化不良でしょう。両方用意しておくのが得策です。

下痢止め・整腸剤

急な下痢のとき、下痢止めが置いてある場所が決まっていると心強いものです。一つ用意しておきましょう。

吐き気止め、アレルギー薬

実は一般用医薬品には明確な「吐き気止め」の薬はなく、胃の動きを助けたり感覚を鈍らせて吐き気を抑える程度の薬しかありません。急場しのぎにしかなりませんが、あると重宝すると思います。急なじんましんなども困ったものなので、時々じんましんが出る方はアレルギーの薬も常備しておいた方がいいかもしれません。

キズ薬、消毒薬

ケガをしがちな小さなお子さまや調理中のやけどなど、キズ薬や消毒薬も救急箱には必要です。いつも使うものではないけれど、あると安心なのがこの手の薬です。

かゆみ止め・化のう止め、シップ

消毒後にガーゼなどで処置をする際には化のう止めの軟膏などが必要になります。かゆみを伴うキズなどではかゆみ止めも配合されている必要があります。いずれも1本ずつ用意しておくと非常に有用です。筋肉痛や打撲などの場合はシップがあると便利です。テープタイプはかぶれることがあるため、誰でも使えるようにシップタイプをお勧めいたします。

包帯、ガーゼ

カット綿、眼帯、ハサミなど

ピンセット、体温計

あなたにオススメの記事

ページトップへ